Home arrow セックスの体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

セックスの体験談
コスプレロリ娘のエッチな告白

セクハラ学園エッチ動画で美巨乳おっぱい女子高生コスプレ学園物の乳首勃起エッチムービー
出会い系で出会ったアイとは、最高のセフレ関係を保っている。
特殊な性的嗜好を共有できるパートナーはなかなか見つけづらい。
出会い系でアイと出会えたことは、俺にとって、人生最大の幸運だった。
けっして大げさにいってるつもりはない。
俺の好みのコスプレをして、年齢が信じられないような幼い顔で、俺の欲望にこたえてくれるアイは、俺にとって三次元の天使だ。
二次元の天使たちもいとおしいけど、二次元の天使のコスプレをして、現実で快楽を与えてくれるアイは、かけがえのない俺の宝なのである。
しかも、演技派のアイは毎回、俺の用意するシナリオを忠実に再現してくれる。
今日のプレイは有名なギャルゲーの制服に身を包んだアイがムリヤリ体育教師の俺に犯されて、嫌がりつつも感じてしまうという設定だ。
ありえないくらいミニのセーラー服に着替えたアイは、はにかんだ表情で、「似合う?」ときく。
何を着ても、必ずこう聞くのだが、その時の恥ずかしそうな様子は何度見ても押し倒したくなるくらい萌える。
実際、何を着てもとても似合うし。
「すごくかわいいよ。」
俺がうっとりとアイをみると、嬉しそうに微笑む。
その微笑がまた・・・。
そんなわけで、俺たちは毎回のデートを俺の部屋でコスプレえっちをして、過ごしているのだ。
「それじゃ、はじめるよ。」
高校時代のダサいジャージを着た俺は、清純そうな制服姿のアイににじりよった。
演技ではなく、ジャージの下のちんぽはすでに、みてわかるくらいに勃起している。
「せ、先生、こんなところに呼び出して、何の御用なんですか?」
アイがおびえたような表情で俺を見つめ、震える声で質問する。
ちなみに、「こんなところ」とは、体育用具室という設定だ。
俺はいきなりアイを抱きしめた。
「こんな御用だ。」
アイは俺の腕から逃れようと、カラダをよじる。
「いや!やめてください!」
俺はがっちりとアイのカラダを抱きしめたまま、短いスカートをまくって、白いパンティの上からおしりをなでまわす。
「いやあ!先生、お願いやめて!」
カラダをのけぞらせて、悲鳴をあげるアイの演技は女優並だ。
無遠慮におしりをなでまわしていた俺の手はパンティをかきわけ、おまんこに指をのばす。
「やだぁ・・・やめて・・・。」
ぐすぐすと涙声で懇願するアイの演技力には、いつも感心させられる。
そして、興奮する。
俺の指はアイのおまんこの湿り気に届いた。
「口ではいやだっていいながら、濡れてるじゃないか。」
「違います・・・そんなことありません!」
首をふっていやいやをするアイのおまんこを指で何度もなぞり、愛液のしたたりをさらに増殖させる。
「ほら、もうあふれてるじゃないか。実は、淫乱だったんだな。」
からかうようにいうと、アイは真っ赤になってうつむき、
「ち、違うんです・・・あっ・・・。」
とあえぎ声をもらす。
俺は片手でアイの腰を支えたまま、おまんこから指をはなして、パンティを太ももまで下ろす。
片手でパンティを下ろすのは、けっこうめんどくさい。
だが、むきだしになったおしりとおまんこはもうなぶり放題だ。
腰を支えていた手でおしりをなでまわし、すでに愛液で濡れた指で、クリトリスをぐりぐりと刺激した。
「いや・・・あん・・・。」
アイは俺にしがみつき、目をつぶっている。
ワレメを指でゆっくりとなぞり、ぐにぐにと膣内に指を押し入れる。
「アイのおまんこは、俺の指をぐっぷりと咥え込んじまった。はなしてくれそうもないな。」
膣の中に根元まで差し込んだ指をまわすと、アイが悲鳴をあげる。
「や、やだぁ・・・あっ・・・うん・・・。」
俺は指を出し入れしながら、おしりをなでていた指で、クリトリスをつまんだ。
あふれてきた愛液で濡れていたクリトリスはつるつると俺の指から逃げるが、そのたびに、つまみなおす。
「はふ・・・ん・・・あん・・・。」
指を二本に増やし、おまんこがぐちゅぐちゅいいはじめたところで俺は指の動きをとめた。
のろのろと俺の顔を見上げたアイにむかって、にやにやしながら、
「続けてほしかったら、先生にキスするんだ。」
というと、うっすらと開いた唇が俺に近づいてきた。
アイは俺の首に両手を回して抱きついたかっこうで、ちゅっちゅっと唇を合わせてくる。
その唇の合わせ目に、強引に舌をねじ込み、きれいに並んだ白い歯を舐めまわし、やわらかな舌をムリヤリ絡める。
「ん・・・う・・・。」
俺はジャージのズボンとパンツを足首までおろし、アイの唇から口をはなした。
はあはあと息を荒くして、上気した顔でぼんやりと俺をみているアイに、お腹につきそうなくらい立ち上がったちんぽの根元をつかんでみせつける。
「お次は、俺のちんぽにキスしろ。舌もつかって、濃厚なやつをな。」
アイは素直にしゃがみこみ、俺のちんぽに唇をつけて、キスを繰り返す。
次に、ためらいがちに、舌でサオや亀頭を舐め、そのじれったい感じがたまらなくぞくぞくする。
「もういいぞ。ご褒美にお前のおまんこに俺のちんぽをいれてやる。」
俺はアイを立ち上がらせて、片足のヒザの裏に手を入れて持ち上げ、アイの唾液と先走りで濡れたちんぽをアイのおまんこに入れた。
狭いおまんこに飲み込まれていくちんぽは気持ちよさにふるえていて、すぐにも精を吐き出しそうだ。
なんとかアイのおまんこにちんぽを収め終わると、アイの反対の足も抱えあげて、駅弁スタイルになった。。
アイのカラダをゆすりながら、腰をうちつけ、アイのおまんこの中を味わう。
さすがに、負担の大きな体勢だったので、そっと床にアイを下ろして、思う様、腰を激しくうちつけた。
「あっ・・・センセ・・・すごい・・・気持ちいいですぅ・・・。」
制服姿で犯されているアイは本当にエロくて、俺は次こそ、カメラを用意しようと思った。
「もう・・・もう・・・アイ・・・イっちゃう・・・。」
アイの中がびくびくとふるえながらしまり、アイがイくのにつられて、俺のちんぽも白い精子を大量にアイのおまんこに吐き出した。


天然娘セックスの体験談が満載な素人むすめ達の過激アダルト無修正動画サイト

 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 6 - 6 of 6

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.