Home arrow バイブ 体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

バイブ 体験談
乱交中出し官能小説


出会い系で出会ったサトルは、かなりのイケメンでしかも年下だったの。
若いから、何回もおちんぽが元気になるし、テクニックもなかなかで、すごい満足しちゃった。
私って、ちょっとぽっちゃりしてるから、おっぱいは巨乳って感じだけど、あんまりかわいくはないんだよね。
でも、イケメンのサトルが、「アイちゃん、かわいいよ。」っていってくれると、とっても嬉しくなっちゃうんだ。
サトルは私と三回目に会った時に、
「アイちゃんのこと、友達に紹介したいから、合コンしようよ。」
っていってくれた。
飲んで騒いで、カラオケもできるってことで、多人数で入れるラブホテルでの合コン。
サトルの友達もかなりのイケメンだっていうから、なるべくかわいいコを誘ったんだ。
ギャル系でケバい感じだけどノリのいいユウちゃんと、ぶりっこ系だけどヤリマンってウワサのマリちゃん。
どっちも男ウケしそうな女の子だから、サトルの友達にも満足してもらえるはず。
サトルの友達は・・・イケメンじゃなかった。
やたらテンションの高いトオルとオタクって感じのタクヤ。
帰るわけにもいかなくて、とりあえず、乾杯。
そんなにキツいお酒じゃなかったのに、飲んでたらだんだん、エロい気分になってきちゃった。
体が熱い・・・なんか、すっごくヤりたい・・・。
ユウちゃんとマリちゃんも、とろんとした目で、足をもじもじさせてた。
テンションの高いトオルがマリちゃんの腰をぐいって引き寄せて、首筋を舐めた。
「マリちゃんって、おいしそー!」
首を舐められたマリちゃんは、嫌がるどころか、
「ひゃんっ!」
ってあえぎ声をあげた。
「俺もマリちゃん、ぺろぺろしたい!」
オタクのタクヤも反対側から、マリちゃんの首や耳をぺろぺろしはじめた。
「あんっ!はんっ!やだぁん。」
なんでこんなことになっちゃってんの?
動揺していたら、サトルが私に抱きついてきた。
「せっかくラブホテルにいるんだから、今日もヤっちゃおうか。」
もぞもぞと私の服の中に手を入れてきて、巨乳をもんでいるサトル。
二人がかりで脱がされて、半裸になっていくマリちゃんとサトルの愛撫にメロメロになってる私をみて、ユウちゃんは興奮しちゃってるみたい。
はあはあと息が荒くなってるし、顔も真っ赤になってる。
トオルがそんなユウちゃんに、後ろから抱きついた。
「ユウちゃん、興奮しちゃってるみたいだね。おまんこ濡らしちゃってるんじゃないの?」
「そんなことないもん。」
ユウちゃんは恥ずかしそうにしてるけど、抵抗はしてなくて。
トオルの手がユウちゃんのスカートをまくりあげて、パンティの中に入った。
「もうおまんこ、ぐちゅぐちゅじゃーん。ぬるぬるになってるよ。」
「あっ!や・・・いわないで・・・。」
ユウちゃんは後ろからトオルに抱きかかえられて、おまんこを指でいじられている。
マリちゃんもタクヤにすっかり裸にされて、ベットに連れ込まれた。
「今日は合コンじゃなくて、乱交パーティになりそうだね。」
サトルが私の耳元でささやいた。
乱交って、サトルも他の女の子としちゃうの?
とまどっている私の上にサトルが覆いかぶさってきて、おまんこにおちんぽが挿入された。
興奮しているのか、いつもより大きく硬く感じるサトルのおちんぽ。
乱交になっちゃうのなら、せめて、私のおまんこが一番、気持ちいいって思われたい。
私はいつもよりおまんこに力をこめて、おちんぽを何度もしめつけた。
アナルをしめるように力を入れると、おまんこもきゅうってしめることができるの。
「アイちゃん、いつもよりおまんこ、しまりがいいんじゃない?」
サトルが苦しそうにしながら、私のおまんこの奥におちんぽを打ち付けた。
周りからもセックスしている音やあえぎ声が聞こえている。
まさか乱交するなんて、思わなかったな。
サトルが私のおまんこの中に、中出しした。
いつもよりずっと早い射精・・・しかも、中出しなんて、したことなかったのに。
サトルは私のほほにちゅっとキスすると、私のおまんこからおちんぽを抜いた。
おまんこから中出しされたサトルの精液がどろりと流れ出て、床にしたたる。
サトルが私から体を離すと、トオルが代わりにおちんぽを挿入した。
トオルのおちんぽはすごく大きくて、サトルが中出しした精液がなければ、痛かったかもって思った。
「アイちゃん、巨乳だよねー。おまんこのしまりもいいし!」
トオルは私のおっぱいをわしづかみにして、乱暴にもみながら、おまんこをごしごしとおちんぽでこする。
くやしいけど、サトルのおちんぽよりも気持ちがいい。
「ねえ、サトルも中出ししてるし、俺も中出ししちゃっていい?」
トオルが苦しそうに息をきらしながら、きいてきたけど、
「やめて!お願い・・・中出しだけは!」
って叫んだ。
「ちぇ!わかったよ、中出しじゃなければいいんだろ。」
トオルは私のおまんこからおちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、私の巨乳に精液をぶっかけた。
「巨乳を精液でパックしたら、よりおっぱいが巨乳になるかもね。」
精液を広げるように、両手でおっぱいをもまれて、勃起していた乳首を強くつままれた。
まだ一度もイってなかったおまんこに、タクヤのおちんぽが一気に入れられて、私は叫びながらイっちゃったの。
「イくぅ・・・いや・・・ああん!」
「へえ、アイちゃんのおまんこ、中出し後とは思えないキツさだね。巨乳に精液がぶっかけられてんのもエロくていいし。」
タクヤは私のおまんこを乱暴に犯し続けた。
私は乱交の気持ちよさに溺れながら、友達になんていって謝ろうって考えてた。


バイブ 体験談の投稿アダルト画像や投稿エッチサイトの無修正アダルト画像が満載ドラムカン

 
女装陵辱プレイのセックス体験談


出会い系でアイと出会ってから、俺は自分に隠されていた恥ずかしい性癖を知ってしまった。
セックスの後の会話で、会社の忘年会で女装するハメになったことをグチったのがそのきっかけだった。
アイは妙にノリノリで、俺をびっくりするくらいいい女にしてみせると宣言した。
ラブホテルのアメニティのT字カミソリですね毛を剃られ、アイのパンティをはかされ、ストッキングのはき方をレクチャーされた。
光沢のある黒いストッキングに包まれた足だけ見ると、ちょっと太めの女の足にみえる。
アイは自分のブラジャーを俺につけさせて、あまったカップの部分に、ティッシュをしこたまつめた。
俺が着てきたちょっと丈の長いセーターを着ると、ギリギリな感じで股間が隠れて、首から下は色っぽい女のようにみえる。
アイは俺のほほに手を添えて、俺の唇に色つきのグロスを塗りたくった。
まつげもヘンな道具ではさまれて、眉毛もハサミで整えられる。
たったそれだけで、俺はボーイッシュな感じの女に変身してしまった。
ジーンズをはいても、つめものをしたブラジャーがおっぱいのフリをしているので、十分女にみえる。
アイは女装したままの俺を連れて、ラブホテルを出た。
アイのパンティは俺がはいているので、ノーパンだ。
ミニスカからさっきヤったばかりのおまんこがちらつくんじゃないかとどきどきしてしまう。
アイと歩いていると、俺を女だと思った男達がナンパしてきた。
俺は驚きながらも、奇妙な興奮を覚えていて、女装を解くために、別のラブホテルに入る頃にはパンティの下のちんぽがゆるく勃起してしまっていた。
アイは俺のジーンズを脱がすと、パンティの下で窮屈そうに勃起している俺のちんぽを強くさすった。
「サトルくん、女装して興奮しちゃったんだ。あたしもほら。」
アイの手に導かれて、ミニスカの下のノーパンのおまんこを指でなぞると、愛液でぬるぬるになっていた。
「ねえ、あたし、レズなのかなあ?女装してるサトルくんみてると、襲いたくなっちゃうの。」
俺はアイに押し倒された。
アイは俺にまたがり、セーターをたくしあげて、ブラジャーをずらした。
ささやかな飾りでしかない俺の乳首をぺろぺろと舐め始める。
「なんかくすぐったいよ・・・やめろって・・・。」
俺がもがくと、アイは残念そうに顔をあげて、指できつく乳首をつまんだ。
じんわりと広がる気持ちよさがあって、俺はびくんとなってしまった。
「あ、気持ちいいんだ。これはどう?」
アイは俺の乳首を咥えて、甘噛みした。
気持ちよかったが、乳首で感じるなんて、男らしくない気がして、もれそうになる声をこらえた。
噛まれた刺激で敏感になってしまった俺の乳首をアイは嬉しそうに責めている。
コイツ絶対Sだ・・・。
俺は唇を噛んであえぎ声をこらえながら、アイが俺の乳首に飽きるのをまった。
マジで陵辱されてるみてぇ・・・。
ちょっと自分が情けなくなって、涙が出そうになった。
「乳首しかいじってないのに、おちんぽがすごいことになってるよ。」
完勃ち状態のちんぽは先走りをたらして、アイのパンティを湿らせてしまっていた。
「あーあ、あたしのパンティ、ぐちょぐちょになっちゃった・・・。コレ、お気に入りの勝負パンティだったのにな。」
アイは俺から脱がせたパンティのニオイをかぎながら、がっかりした顔をしている。
「ごめん・・・そのなんていうか・・・。」
冷静に考えれば、先走りで汚れたくらい洗えばキレイになるはずだったが、俺は動揺していて、正気じゃなかった。
「言葉だけじゃなくて、誠意をみせてくれなくちゃ。はい、あーんして?」
意味がわからないまま、素直に口をあけると、自分の先走りで汚れたパンティを口の中につめこまれた。
「うふ。陵辱プレイの間、お口からパンティ出しちゃダメだよ。出したら、もっとひどい目にあわせちゃうから。」
アイはにっこりとしているが、目が笑ってない。
口の中から鼻を抜けて、パンティのニオイがあがってくる。
息苦しくてつらい。
でも、これよりひどい目っていうのがこわくて、口からパンティを出せない。
「さっきセックスしたばっかりなのに、こんなにがちがちに勃起しちゃって、サトルくんてば、女装好きの変態なんだからぁ♪」
アイはじらすようにちろちろと俺のちんぽに舌をはわせている。
いつものフェラチオの10倍はていねいだ。
ちんぽを口の中に咥えこまれて、じゅっぽじゅっぽとしゃぶられるが、根元をきつく指でつかまれていて射精できない。
射精の一歩手前の状態がありえないくらい続いて、俺は拷問のような快楽にくぐもった悲鳴をあげた。
「ごめんね。そんなに苦しかった?」
アイが俺の口からよだれでびちゃびちゃになったパンティを取り出してくれる。
「イきたいなら、『私を犯してください』っていって?」
アイはにこにこしながら、信じられないことをさらりといってくれる。
でももうイきたくてたまらなかった俺は、屈辱と羞恥を耐えながら、
「私を・・・犯してください・・・。」
とささやいてしまった。
「そんなちっちゃな声じゃ、きこえないよぉ。」
アイがディープキスしてきた。
よだれを口の中に流し込まれるようなねっとりとしたキスだった。
キスしながらも、アイの手は俺のちんぽをしごいている。
俺はやけになって、
「私を犯してくださいっ!」
と叫んだ。
嬉しそうなアイは愛液でとろとろになったおまんこに、俺のちんぽを咥え込み、騎乗位で腰を振りはじめた。
ヤバイくらい気持ちがいい。
気がついたら俺は、派手なあえぎ声を出してよがってしまっていた。
もちろん、女装陵辱プレイは一度では終わらず、俺は次第に普通のセックスでは満足できなくなってしまった。
今の俺にとって、アイに捨てられることが最大の恐怖になっている。


エッチな4610バイブ 体験談で女性器濡れまくりオマンコがうずきまくりのエッチサイト
 
ゴスロリ少女陵辱レイププレイ
綺麗な顔の美人お姉さんが自分の指で女性器弄りクリトリス刺激しての本物オナニーを展開する女優になれそうな美人女性の本気オナニー動画
出会い系で出会ったアイは、ゴスロリファッションが大好きな女の子だった。
ゴスロリファッションに身を包んだアイは、まるで動く人形みたいで、かわいいけど、あんまりセックスの対象って感じはしない。
俺は妹の遊びに付き合ってやる感覚で、アイとお子様デートを繰り返していた。
無表情で人みしりな感じのアイがたまに笑顔をみせたりすると、妙に嬉しくて野生動物を手懐けたような達成感があったし。
ドライブの後、いつもようにアイのうちまで送ろうとしたら、
「どうして、サトルは私になにもしないの?」
とアイがつぶやいた。
「なにかしてほしいの?」
ってきくと、
「うん。」
真剣な表情で答える。
俺は車をとめて、アイの手をにぎった。
冷たくて、小さなアイの手はちょっと震えていて、アイの緊張を伝えてくる。
ぐいっとアイの体を引き寄せて、唇を重ねるだけのキスをした。
ふんわりといい香りが俺をうっとりとさせて、初恋のときめきみたいなものを思い出した。
「ラブホテルに行く?」
ラブホテルに着くまで、なんかヘンに緊張した。
シャワーを浴びて、バスローブを着たアイは、かわいらしい少女のようで、恥ずかしそうにしているのがなんともたまらなかった。
もじもじしているアイの手を強引にひいて、ベットに押し倒して、覆いかぶさる。
痕がつかない程度に首筋に強めのキスをして、鎖骨を舌でなぞった。
「これ、脱がすぞ。」
バスローブに手をかけて、一気に開く。
ぎゅっと目を閉じて恥ずかしそうにしているアイは、緊張で体をこわばらせているが全く抵抗しない。
バスローブで隠されていた透き通るように白くて、きれいなアイの裸体が俺の目の前に現れた。
人形のように均整のとれた幼さの残る肢体は、きゃしゃな感じで力をいれると折れてしまいそうだ。
ちんまりとした微乳の上の桜色の乳首が、白い肌に映えている。
思った以上に細いウエストの下のおまんこには、毛が生えていないため、子供のようにもみえる。
自分で陰毛を剃ってパイパンにしてるわけでもないようなので、体質的に陰毛が生えないのだろう。
「なあ、今まで誰かとセックスしたことある?」
すべすべの肌の感触を愉しむように、体をなでまわしながらきくと、アイはびくびくと体を震わせながら、
「ないよ・・・。処女とするなんて重くてイヤ?」
「イヤじゃないけど、処女だとたぶん、かなり痛いぞ。」
俺は軽く乳首をつまみながら、アイの表情を観察した。
オナニーもしてなさそうだから、アイの体は完全に未開発の状態だ。
おっぱいは乳首も含めて、愛撫してもほとんど反応がない。
乳首をしゃぶってみても、くすぐったがるばかりで、あまり効果がなかった。
アイの足元に座って、おまんこをじっくりとほぐすことにする。
足を大きく開かせて、むき出しにしたおまんこはまだあまり濡れていない。
唇でついばむように、小陰唇や膣口を刺激して、舌で全体を舐めまわした。
「気持ちいい?くすぐったい?」
「なんか・・・ヘンな感じ・・・。」
アイの反応は舌がクリトリスに触れた瞬間に、変わった。
「あ・・・そこ・・・気持ちいい・・・かも・・・。」
れろれろと舌で舐めて十分に濡らしてから、指でやさしくクリトリスをこすると、アイのあえぎ声はだんだん大きくなってきた。
「あんっ・・・イイ・・・なんか・・・きちゃう・・・。」
アイは体を仰け反らせて、イったようだ。
はあはあと荒い息をしているアイが力を抜いている間に、自分でしゃぶってよだれをたっぷりつけた人差し指をアイのおまんこにゆっくりと挿入した。
狭い・・・指一本入れるのも、かなりキツい。
指先に抵抗感があったので、これが処女膜ってやつだろう。
指で破るのはもったいない気もするが、いきなりちんぽを挿入したら、痛すぎてセックス恐怖症になりかねない。
ぐっと指先に力をこめて、おまんこの奥まで指を押し込んだ。
じっくり指でおまんこを拡げて、なんとか指を三本入れられるようになったところで、クリトリスを舌で舐めた。
膣壁が指をきゅうきゅうとしめつけて、かなり感じているのが伝わってくる。
「さっきより、すごく気持ちいいよ・・・。」
おまんこから指を抜くと、赤い血がついていた。
亀頭を膣口にあてがうと、じわじわとおまんこに挿入する。
「や、やっぱり、イヤ・・・今日はやめよう?」
亀頭がおまんこに入った状態で、いまさらやめられるわけがない。
「・・・悪い。もうムリ。」
さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、アイが悲鳴をあげた。
「やだ・・・痛いよ・・・大き過ぎ・・・ムリだってば・・・。」
後ろに後ずさろうとするアイのウエストを押さえ込んで、強引にちんぽを入れ続ける。
陵辱するつもりなんてなかったのに、結果的に、陵辱になってしまった。
俺はおまんこにちんぽを入れかけてからやめられるほど、理性が強くない。
ぐすぐすと泣き声をあげているアイに、罪悪感を感じたものの、逆に、激しく興奮してしまった。
「痛い・・・おまんこ裂けちゃうよ・・・。」
アイの頬を涙が伝っていく。
ちんぽを根元まで入れた俺は、舌でアイの涙を舐めとった。
「ごめん・・・男は途中でやめられないんだよ。」
このまま陵辱で終わってしまっては、後味が悪いので、俺はちんぽを動かしたいのを必死でこらえた。
激しく動かしたい気持ちを我慢して、ゆっくりゆっくりちんぽを動かしたが、アイは痛がるばかりで、ちっとも気持ちよくならなかった。
あきらめておまんこからちんぽを抜き、手でしごいて、ティッシュに射精すると、俺は血を流しているアイのおまんこを眺めた。
もっと急がずに日にちをかけてアイの体を開発していれば、陵辱まがいの初体験をさせずにすんだのかもしれない。
その日でアイとの関係は終わってしまった。
俺は処女とのセックスはもうイヤだと思った。


バイブ 体験談コスプレ1000人斬りでスケベ女性たちのハメドリセックス映像満載アダルトサイト
 
野外露出混浴セックス体験

生クリームを乳首に付けて犬舐めのように美味しそうに乳首を舐めるスケベ男性がグミみたいな勃起乳首を舐め舐めする無料アダルト動画
出会い系で出会ったアイは、正真正銘の変態女だった。
ルックスは清楚な感じで、かわいらしいのに、野外露出が大好きなのだ。
セックスはしたいが、野外露出は危険性も高い。
俺はネットで調べた穴場の混浴温泉に、アイを連れて行った。
髪が濡れないようにアップにまとめて、白いバスタオルを巻いたアイはとても色っぽくて、野外露出好きの変態だとはとても思えない。
岩風呂の露天風呂には誰もいなくて、貸切状態だった。
バスタオルを岩風呂のふちにのせ、輝くような白い肌をお湯に沈めたアイは頬がほんのり桜色に染まって、美しい。
俺は誰も入ってこないうちに、アイのおまんことアナルに防水バイブを押し込んだ。
後ろから、くりくりと乳首をいじりながら、バイブの動きにカラダをよじらせているアイの耳にささやく。
「もうすぐ他のお客さんが来て、アイのこのいやらしい姿をみてくれるよ。」
アイはぞくぞくとカラダを震わせ、目をうるませた。
ガラっと戸が開く音がして、若い男性が二人、露天風呂に入ってきた。
にぎやかに話しながら、通路を歩いてきた二人は、俺とアイに気がついて、はっとなった。
「すみません・・・ご一緒してもいいですか?」
「かまいませんよ。」
俺がにこやかに答えると、ガタイのいい男性たちはお湯に浸かって、ちらちらとアイの方をうかがった。
アイは両手でおっぱいを隠している。
にごり湯なので、おまんことアナルに入れられたバイブは見えないが、お湯からあがることもできない。
「ご旅行ですか?」
色黒のマッチョな男がアイに話しかけた。
「そうなんですよ。」
バイブのうねりを我慢していて、声の出せないアイに変わって、俺が答える。
「カップルで温泉なんてうらやましいなあ。」
色白のマッチョな男が俺をうらやましそうに見る。
温泉がというよりも、アイとセックスできるのがうらやましいのだろう。
「彼女がこういうの、好きなんで、付き合わされているんです。」
といいながら、隠し持ったバイブのスイッチを強にする。
びくんと飛び上がったアイは、必死で声を抑えている。
「どうしました?大丈夫ですか?」
色黒の男は、アイに近づいて、心配そうに声をかける。
こくこくとうなずきながら、アイはあとずさった。
近づくのを止めた男は、アイの様子をうかがっている。
俺は後ろからアイに近づき、アナルのバイブを出し入れした。
「のぼせちゃったのかな?もうあがるかい?」
「く・・・だい・・・じょうぶ・・・。」
色白の男がおせっかいをやく。
「顔が真っ赤だ。湯あたりしないうちに、一度、あがった方がいいですよ。」
ふらふらしているアイを俺は後ろから支えて、立ち上がらせた。
二人の男の目の前に、バイブをくわえ込んだおまんこがさらけ出される。
おっぱいはなんとか両手でかくしているが、それも逆に、いやらしい感じだ。
男たちはアイのおまんこに釘付けになり、ごくりと生唾を飲み込んだ。
ぐいんぐいんとバイブがうねり、アイは羞恥と喜びで頬を染めた。
「この子は野外露出が大好きなんです。すぐに連れて行きますから。」
俺がアイを連れて行こうとすると、二人の男は引き止めた。
「せ、せっかくですから、もう少しみせてくださいよ。僕たちは何もしませんから。」
「そうですよ。あなたの許可なしには、彼女にはふれませんから。」
俺は内心、ニヤリとほくそえんだ。
「アイ、親切な方たちでよかったね。たっぷり、アイのいやらしいところ、みてもらおうね。」
アイがおっぱいをおおっていた手をよけさせると、すっかり大きくなった乳首とボリュームのあるおっぱいがあらわれた。
「アイちゃんのおっぱい、すごいね。」
色黒の男がうっとりとアイのおっぱいをみつめる。
「乳首をこんなに大きくして、いやらしい子だね。」
俺は耳元でささやきながら、乳首を指でぐりぐりといじった。
「あっ・・・。」
アイは悦びの声をもらす。
さらに、おまんこに咥えこまれたバイブをぐちゅぐちゅと出し入れした。
「ああ・・・あん・・・。」
俺にもたれて、感じまくっているアイの姿はいやらしく、俺はその場の空気がはりつめるのを感じた。
「すみません。ちょっと立っていただけますか?」
俺が色黒の男に頼むと、彼は素直に立ち上がった。
反り返ってお腹についたちんぽは、凶暴に勃起している。
「ほら、アイのいやらしい姿をみて、ちんぽを大きくしてくださったよ。お礼にフェラチオしなさい。」
俺はアイを色黒の男のところへ連れて行くと、男の前にしゃがませた。
アイはどす黒いちんぽを口の中に咥えこみ、じゅぶじゅぶとしゃぶりはじめた。
「ああ・・・アイちゃん、すごく気持ちがいいよ・・・。」
色黒の男はアイの頭に手をおいて、アイがフェラチオしている姿を凝視している。
「あなたもいかがですか?」
色白の男に声をかけると、男はいそいそと、色黒の男の隣に並んだ。
すっかり勃起したちんぽは白っぽく、細長い感じだ。
アイは二本のちんぽを交代でしゃぶりながら、手でしごいている。
男たちはあえぎ声をもらしながら、アイをみつめている。
俺はアイのおまんこからバイブを抜き、ちんぽを入れた。
「んん・・・ああ・・・。」
ゆっくりとおまんこに入れられていくちんぽを受け入れながら、見知らぬ男のちんぽをしゃぶっているアイはくぐもったあえぎ声をあげ、腰をゆらしている。
やがて、男たちがアイの顔に顔射し、アイのかわいい顔を精液まみれにすると、アイの膣の中は悦びできゅっとしまり、俺もアイの中に精液を吐き出した。


アキバ本舗バイブ 体験談のオリジナル無修正アニメから人気AV女優まで多彩なジャンルの人気アダルトサイト

 
強制オナニー中出し体験告白
セックス学園で全裸の女性徒と全裸のAV男優が繰り広げる変態企画エロビデオの裏側の流出アダルトビデオ制作現場の裏ムービー
出会い系で出会ったアイとは、彼女とはできないようなセックスをいつも楽しんでいる。
お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や嗜好に素直になれるのだ。
今日はアイにオナニーを強制してみた。
恥ずかしがるアイにローターとバイブを渡し、ベットに座って、壁によっかかっているアイをいすに座って眺める。
「いつもひとりえっちのときは、おもちゃを使わないんだけど。」
ハダカでベットに座っているアイは、何度も咥え込んだことのあるバイブを恥ずかしそうにみている。
「じゃ、いつもやる感じでオナニーしてみせてよ。よくみえるように足は大きく開いてね。」
アイはしぶしぶ両足を大きく開いて、俺におまんこがよくみえるようにした。
右手の人差し指で、クリトリスを小刻みにさわりはじめる。
俺をみないようにするためか、自分の世界に入るためか、目を堅く閉じて、小さく声をもらしながら、クリトリスをいじり続ける。
「ん・・・ん・・・んっ・・・。」
おまんこからは多少愛液があふれてきたみたいだが、非常に地味だ。
「はあ・・・もうイっちゃったよ。」
ため息をついて、目を開けて俺をみたアイは、もういいでしょという表情をしている。
「今度はバイブとローター使って、オナニーしてよ。俺がみててムラっときたら、ちんぽをつっこむからさ。」
アイはしぶしぶバイブをとりあげ、愛液で潤っているおまんこにバイブを入れ始めた。
「んん・・・あ・・・く・・・。」
少しずつ少しずつ奥へとバイブをすすめて、根元まで入れると、アイは自分でバイブのスイッチを入れた。
「ああん・・・んん・・・あっ・・・。」
強になってしまったバイブはぐねんぐねんと大きくおまんこの中でうねり、強烈すぎる快感を与えたようだ。
「は・・・はあ・・・。」
アイはバイブのスイッチを中にして、ローターに手を伸ばした。
スイッチを入れた状態で、振動するローターをクリトリスにあてがう。
「ああ・・・あん・・・気持ちいい・・・。」
おまんこからはさっきのオナニーとは比較にならないくらい愛液が流れていて、アイの表情もかなりいやらしいものになっている。
「んん・・・イきそう・・・。」
目をつぶってうっとりとしているアイは、二度目の小さな絶頂を迎えたようだ。
満足そうにため息をついているアイに近づき、咥え込んでいるバイブの根元をつかんで、ぐりぐりとまわす。
「あっ・・・だめぇ・・・ああっ。」
眉をよせて、切なげな嬌声をあげるアイは、かなりエロくて、いい感じだ。
俺は勃起したちんぽを取り出して、アイの顔の前に立った。
どす黒く、グロテスクなちんぽをアイの顔に近づけると、いつも興奮する。
「ほら、しゃぶれよ。そろそろちんぽ、入れてほしいだろ。」
アイは素直にフェラチオをはじめる。
俺はローターやバイブのスイッチをいたずらして、強や弱にして、アイの反応を楽しむ。
唇を限界まで大きく開いて、俺のちんぽをしゃぶり、のどの奥まで咥え込むアイのフェラチオは、付き合っている彼女が義務的にイヤイヤやってくれるフェラチオとは雲泥の差がある。
嬉しそうにちんぽをしゃぶっているアイは、フェラチオもセックスも大好きなようで、カラダの相性のいい俺たちはもうずいぶん長い間、お互いのカラダをむさぼってきた。
「もういいぞ。」
アイの手と口が名残惜しげに離れていく。
よだれで光っている俺のちんぽをバイブを引き抜いたアイのおまんこに力強く、ぶちこむ。
愛液があふれまくっているアイのおまんこはみるみる俺のちんぽを咥え込み、アイの口からも満足そうなあえぎ声があがった。
「ああ・・・すごい・・・大きい・・・。」
奥まで入ったちんぽは何度ヤっても、狭くて熱いアイのおまんこの気持ちよさを味わっている。
おまんこがぴくっとたまにケイレンするのも、ほどよい刺激だ。
「奥に当たって気持ちいいの・・・ちんぽ気持ちいい・・・。」
いやらしいことを露骨に口に出すように教育したかいがあって、アイはかわいい顔に似合わないようなはしたないことを恥ずかしがりながら、俺に伝える。
「おまんこがひくついてるぞ。」
「だってぇ、ちんぽが大きくて硬くて気持ちいいから・・・。」
はしたないことをいわせるとアイが興奮して、膣がよくしまるという効果もあって、俺はいつも言葉責めしたり、淫語を強制する。
「ねえ、もうちんぽ動かして・・・アイのおまんこ、ぐちゅぐちゅにしてぇ・・・。」
かわいい声でねだられると俺の腰は勝手に動き出す。
ずんずんと腰を打ち付けるたびに、アイは猫のような声をあげる。
「あん・・・あはん・・・ああっ。」
アイのあえぎ声は、感じ出すと、だんだん、すすり泣くような声に変わっていき、ひっきりなしに続くようになる。
「や・・・もうイく・・・。」
びくんとカラダをのけぞらせて、目をぎゅっと閉じているアイはオナニーで迎えた絶頂感の数倍の快感に堪えている。
俺のちんぽは喰いちぎられそうなくらいにしめつけられ、やがてゆっくりと開放される。
一度、絶頂を迎えた後のアイは、確変になったように、すぐにイくようになる。
俺が自分勝手にちんぽを動かしている間、何度も大小の絶頂を迎えたアイは、俺が精子を吐き出して、ちんぽをおまんこから抜き出す頃には、ぐったりとして、おまんこから流れ出る白い精子をぬぐうこともできないくらいに疲れきっているのだった。


ジャパビューティーバイブ 体験談おしっこしたくなって放尿お漏らしする美少女おまんこ丸見えエッチムービー
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 6

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.