Home arrow セックスの体験談 arrow 人妻中出し3Pの官能小説

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

人妻中出し3Pの官能小説

脇フェチも必見の脇と美乳おっぱいを晒すスケベな巨乳おっぱい横乳の綺麗な美乳ショットで薄い乳輪・乳首を弄られるアダルトHムービー
出会い系で出会ったアイとは、セフレとしてたびたびセックスする関係だった。
人妻のアイは子供を産んでないせいか、引き締まったプロポーションとしまりのいいキツいおまんこで、整った顔といい、たわわなおっぱいといい、無料で味わえるのが奇跡のような上玉だった。
ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを考えると、風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。
待ち合わせ場所で待っていると、アイの運転するシルバーのベンツが止まった。
いつものように助手席に乗り込むと、後ろの席にアイとはタイプの違う清楚な感じのショートカットのお姉さんが乗っていた。
スポーツ選手かジムのインストラクターといった雰囲気のその女性は、俺をみるとにっこりと微笑んだ。
「今日は3Pしましょ?」
アイはさらりというと、つややかな唇を舌でぺろりと舐めた。
「彼女はユカさん。ステキなおっぱいと感度のいいおまんこをもってるわ。」
「よ、よろしく・・・。」
確かに、ユカのおっぱいのボリュームは、シャツごしでもかなりのものだとわかる。
「あなた、すごくいいちんぽをもってるんですってね。期待してるわ。」
アイもユカさんも、上品そうなきれいな顔で、いやらしいことを平気で口にする。
俺はホテルに着くのが待ちきれなくなった。
「ちょっと味見する?」
アイにいわれて、俺は後部座席に移動した。
ユカに抱きしめられて、濃厚なキスをする。
にゅるにゅると舌が口の中をまさぐり、俺はアイとは違ったキスの感触を楽しんだ。
ユカの手がジーンズの上から、俺のちんぽをなぞり、すでに勃起しかけていたちんぽをさらに大きくする。
「ねえ、フェラチオさせて?」
俺はちんぽを取り出し、ユカにフェラチオしてもらった。
ユカのフェラチオは繊細で丹念だ。
やわらかくあたたかい舌があますところなく、ちんぽを舐めまわし、カリや裏筋、根元までていねいになぞられる。
唇でちゅっとキスをしては、れろっと舌で舐められるのも気持ちがいい。
玉袋を舐められているうちに、ラブホテルに到着し、俺たちはいそいそと部屋に入った。
いっせいに服を脱ぎ、三人とも全裸になる。
アイのスタイルのよさはもはや見慣れたものだが、ユカの肢体もまた、俺が抱いていいものかとためらってしまうくらいの完成度の高さだった。
つんと上を向いている形のいい美乳はボリュームもかなりのものだ。
きゅっと引き締まったウエストに、長い脚。
俺がユカにみとれていると、後ろからアイが抱き付いてきた。
やわらかなおっぱいが背中に押し当てられ、すっかり勃起しているちんぽがアイの手の中に包まれる。
「ほら、ユカ、ちんぽ咥えてもいいわよ。」
ユカがひざまずき、アイの手で根元を支えられた俺のちんぽを口の中に咥え込む。
熱い口内にすっぽりと覆われた俺のちんぽは、びくんと快感に震えた。
ちゅぶちゅぶとゆっくり出し入れされると、今日、たくさん出すために、オナニーを控えていた俺のちんぽが精液の放出を求めて脈打つ。
「ユカが嬉しそうに、あなたのちんぽ、しゃぶっているわよ。」
耳元でささやかれると、くすぐったさと気持ちよさがじわっと広がる。
俺のちんぽを咥えこんでいるユカの表情は、うっとりとしていて上気している頬がいやらしい。
アイは俺の背中に、勃起した乳首をなすりつけながら、俺の小さな乳首をこりこりと指でいじった。
俺は手を後ろに回し、アイのおまんこをまさぐった。
なにもしていないのに、すでにぬれぬれのおまんこは俺のちんぽを待ちわびているらしい。
「私からいただいていいのかしら?」
やっとちんぽから口をはなしたユカが、口のはしからよだれをたらしながらつぶやく。
「あら。交互に入れてもらいましょ。」
アイとユカがベットに手をついて、お尻をつきだし、俺は変わりばんこにちんぽを挿入しては抜き、違うおまんこに入れた。
ずぶぶっとちんぽがおまんこに差し込まれると、のけぞったカラダから悦びの声があがり、ちんぽが抜かれるときには、ひきとめようとするおまんこがちんぽに絡みつく。
隣であがる嬌声にじらされたおまんこは、ちんぽが入ってくると、悦びで精一杯の歓待をしてくれる。
はじめて味わうユカのおまんこもすばらしかったが、何度も味わっていたはずのアイのおまんこも普段に増して、具合がよかった。
俺は何度も襲ってくる射精感を耐え、ずぼずぼとおまんこの最奥を責めた。
「うん・・・ああ・・・もうイくぅ・・・。」
ユカがおまんこを今まで以上に引き締め、ケイレンして、脱力した後、ちんぽを抜いて、アイのおまんこに入れた。
ユカのおまんこのしめつけの衝撃から立ち直るために、少しじっとしていると、アイが自分で腰を振って、俺のちんぽから快楽を引き出す。
「あ・・・太くて硬いちんぽ・・・いいの・・・。」
ぐちゅぐちゅっと結合部からはいやらしい音が響き、きゅっきゅっと断続したしめつけを続けるアイのおまんこは俺のちんぽを射精へと導く。
「イく・・・。」
アイの絶頂と同時に、俺のちんぽも限界を迎え、白くて濃い精液をたっぷりとアイのおまんこに吐き出した。
その後、何度もアイとユカに精液を吐き出した俺は、はじめて玉切れというものを経験したのだった。


オリエンタルムービーの総合アダルトサイトのセックスの体験談エッチなローター攻めの淫乱ファックムービー
 

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.