Home arrow 体験談 セクハラ

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

体験談 セクハラ
強姦プレイ3P二穴責め体験談

可愛いロリータ系の女の子が紐ビキニから乳輪チラ見せしての変態ストリップムービーを配信するオマンコ食い込みビキニの腰揺らし変態ダンス
出会い系で出会ったアイは、俺と親友のユウジを兄弟にしてくれたセフレだ。
何度か会って、至ってノーマルなセックスした後で、アイは強姦プレイで3Pしたいといいだした。
俺は親友のユウジを誘って、三人でラブホテルに行った。
ユウジははじめて会うアイのかわいさとエロいカラダに興奮を隠せないようだったが、
「アイはフェラチオうまいから、ちんぽしゃぶってもらえよ。」
と声をかけると、いそいそと服を全部脱ぎだした。
「いきなり、全部脱ぐのかよ!」
とつっこみながらも、おなかにつきそうに勃起したユウジのちんぽをみると、俺も興奮してきた。
二人でアイの服を全部脱がせてから、フェラチオさせようとすると、久々にみるらしい女のハダカにユウジがテンパって、アイに抱きついた。
「すげぇ・・・やわらけぇ~・・・おっぱいでっけぇ・・・。」
しっかりと抱きついたまま、おっぱいやおしりをもんで喜んでいるユウジは子供みたいだ。
「そんなに喜んでもらえると嬉しいけど・・・、そろそろ、おちんぽしゃぶらせて?」
アイが色っぽい声でささやくと、ユウジはこくこくとすごい勢いで首を振った。
仁王立ちしているユウジのちんぽの前にひざまずいたアイが、そっとちんぽを口に含む。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
ユウジは呆けたような表情で、アイに咥えられている自分のちんぽをみつめている。
俺はアイのおしりを持ち上げて、左右に開き、おまんこを舌で舐めはじめた。
すぐに太ももを濡らすくらいの大量の愛液があふれ出し、ちんぽをしゃぶっているアイの口から甘い声がもれる。
「ふ・・・あふ・・・ん・・・。」
アイのくぐもったあえぎ声に、ユウジのせっぱつまったような声が混じりあい、いやらしいハーモニーを奏でている。
俺はローションを取り出して、アイのアナルにたっぷりと塗りこみ、アナルとおまんこの二つの穴に同時に指をつっこんだ。
「あふぅん・・・。」
驚いたアイがカラダをびくんとのけぞらせたが、ちんぽを咥え込まれているユウジには、それもいい刺激になったらしい。
俺はおまんことアナルにつっこむ指の数をどんどん増やし、最後に中太のバイブをおまんことアナルに入れて、ぐちゅぐちゅと出し入れした。
「あっ・・・ああ・・・あん・・・。」
アイは気持ちよさに、フェラチオがおろそかになっている。
「ほら、ちゃんとしゃぶらないと、ユウジが射精できないよ?」
アイのおしりをぴしゃっと平手でぶつと、あわてて、念入りなフェラチオを再開する。
「アイちゃん・・・おしりにバイブ入れられてるの?」
荒い息づかいで、ユウジがアイにきく。
「おしりと・・・おまんこにバイブ入れてもらって・・・おちんぽ咥えているの・・・気持ちいいの・・・。」
おまんことアナルのバイブをゆっくりと出し入れされて、アイはうわごとのようにユウジに返事する。
「アイちゃんは淫乱なんだね・・・。」
「ユウジぃ、それじゃ、強姦プレイになんないよ?もっとえげつない言葉責めしないと。」
「そ、そっか。・・・ちんぽを口に咥えこみながら、おまんこと尻の穴にバイブ入れられてよがるなんて、淫乱にもほどがあるんじゃねぇ?」
ユウジは軽蔑したような口調でいいながら、乱暴にアイの頭をつかんだ。
「・・・違います・・・。」
アイのおまんことアナルはひくひくしながら、バイブを楽しんでいる。
「ああ、嬉しいみたいだぞ。いやらしい汁がぐちょぐちょにたれてきた。全くどうしようもない淫乱おまんこだ。」
「男のちんぽが咥えたくて、俺たちを誘ったんだろう。強姦されても文句はいえないよなぁ?」
ユウジはすっかりノリノリで、アイの頭を動かして、イマラチオさせている。
「オマエのいやらしい顔に、たっぷり濃い精子を顔射してやるよ。」
ユウジはアイの口からちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、ぶしゅっと精子をアイの顔にかけた。
白くてこってりとした精液が、ぽたぽたとアイの顔やおっぱいから床に滴り落ちる。
「あ・・・やだあ・・・ひどいよぉ・・・。」
アイがぐすぐすと鼻を鳴らすと、とたんにあわてたユウジがアイの前にしゃがみこんで、ティッシュでアイの顔についた精液をぬぐおうとする。
「ご、ごめん。悪ノリしすぎちゃった?」
おろおろとしているユウジに、アイはにこりと笑って、
「大丈夫よ。でも、精液を舐めてキレイにしてくれる?」
ユウジはアイの顔や首筋、おっぱいを犬のようにぺろぺろと舐めて、自分の精液を舐めとっている。
「強姦プレイじゃなかったのか?」
俺はアナルのバイブをさらに極太のものに変えながら、おまんこのバイブを乱暴に出し入れした。
「あ、あん・・・だってぇ、ユウジさん、カワイイんだもん。」
どうやら、アイには女王様気質もあったらしい。
「ユウジ、おまんことアナル、どっちに入れたい?」
ぐりぐりとアナルの極太バイブを回しながら、ユウジに声をかけると、ようやくアイに顔射した精液を舐め終わったユウジが、
「どっちもいいなあ。アナルセックスってしたことないし。」
と優柔不断ぶりを発揮した。
「俺もアナルは入れたことないから、二回ずつヤるか。オマエ、そんなに出るか?」
「溜まってるから大丈夫だよ。じゃあ、俺、先にアナルに入れていい?」
ユウジは俺がていねいに拡張したアイのアナルに、回復したちんぽを入れ始めた。
「んん・・いや・・・おしりはいやぁ・・・。」
アイの演技を真に受けて、動きを止めるユウジに、
「いいからヤれ!強姦プレイだろ。」
と声をかける。
「おまんこ、こんなにぐちゃぐちゃにしておいて、どこがイヤなんだよ。」
俺はおまんこに入れたままのバイブをぐいぐいと動かした。
「あ・・・おしりにおちんぽが入ってくる・・・。」
「すっげ、キツ・・・。」
ユウジが苦しそうなので、アイのクリトリスを舌で舐めて、力を抜かせた。
「ああ・・あん・・ふ・・・イイ・・・。」
「全部入った・・・すごい密着感・・・。」
満足そうなユウジが動き出す前に、俺もアイのおまんこのバイブを抜いて、ちんぽを入れる。
「皮一枚で、オマエのちんぽの感触わかるな。」
「ホントだ。ヘンな感じ・・・。」
おまんこもアナルもちんぽでいっぱいになったアイは、うつろな顔であえぎ声をもらしている。
俺がゆっくりちんぽを動かすと、ユウジが悲鳴をあげた。
「す、すげ・・・気持ちいい・・・。」
「オマエも動けよ。」
ユウジは恐る恐るアナルに食いつかれているちんぽを動かし始めた。
おまんことアナルを二穴責めされて、アイはすすり泣くようなあえぎ声をひっきりなしにあげながら、何度もイっている。
まずは俺がおまんこに精液を吐き出し、ややしばらくたって、ユウジが二回目の精液をアナルに吐き出した後、少し休憩して、俺がアナル、ユウジがおまんこに交代して、もう一回ずつ、アイの中に射精した。
この麗しい兄弟関係は、今も続いていて、やめるきっかけがつかめないでいる。


体験談 セクハラ満載の過激な素人動画の淫乱な投稿アダルト無修正動画サイトのドラムカン

 
アナルセックス初体験の体験談

美乳おっぱい弄りまくり綺麗なピンク色の乳輪おっぱいの痴女系ツンデレお姉さんが男2人に美乳おっぱいを弄られる淫乱3Pセックスムービー
出会い系で出会ったイトウさんは最高のアナルセックス教師だった。
アナルセックスを経験したいと思っていた私は、どうせならアナルセックス経験者に手取り足取り教わった方がいいと思って、出会い系の
書き込みをチェックしていた。
それで、アナルセックスについて書き込みをしていたイトウさんという男性に、メールを送ってみたのだ。
返信からは知性が感じられて、アナルセックスについても、ていねいにレクチャーしてくれた。
アナルセックスは避妊の必要がないので、中出しオッケーだと思っている人が多いが、精液によっておなかを壊したりするとか。
不衛生なままアナルに挿入すると、男性側が病気になる危険性もあるので、注意が必要だとか。
初心者とのアナルセックスは拡張を念入りにしないと痛みを伴うし、快楽にも個人差があって、回数を重ねて、じょじょに気持ちよくなっていく人もいれば合わない人もいるなど。
メールのやりとりで好感を持った私は、昼間の喫茶店でイトウさんに会ってみることにした。
現れた男性は高級そうな服を着たイギリス紳士みたいな印象の男性だった。
どこかの会社の重役か教授かお医者さんといった貫禄がある。
「これはこれはかわいらしいお嬢さんだ。」
イトウさんは顔をほころばせて、私を眺めている。
「アイさんが私を気に入ってくださったのなら、これからアナルセックスを試してみませんか?」
周囲にきこえないくらいの小声で、アナルセックスとささやかれると、どきどきしてしまう。
昼間からラブホテルに行くのには抵抗があったけど、好奇心には勝てなかった。
ラブホテルにつくと、イトウさんは浣腸器をとりだした。
お風呂にお湯を溜めながら、浣腸液を入れたボトルを溜まったお湯で温める。
イトウさんが人肌になった浣腸液を浣腸器に入れているのをみると、これからはじまるアナルセックスへの期待が高まっていく。
「それでは、服を脱いでください。」
私はいわれたとおりに服をすべて脱ぎ、はじめて会ったばかりのイトウさんに、生まれたままの姿をさらした。
「すばらしいプロポーションですね。」
イトウさんは美術品を鑑賞するような目で私のハダカをみたあと、ベットによつんばいになるようにいった。
「浣腸液を注入しますよ。」
アナルの中に、生あたたかい浣腸液が流れ込んでくる。
子供の頃に、座薬をさしたときよりも、はるかに大きな違和感を感じた。
浣腸器を空にしたイトウさんは、私のアナルにシリコン素材の栓をした。
ぐぎゅるるるる。
私のお腹がへんな音を立てる。
イトウさんは時計を見て、時間を計りながら、私の様子を観察している。
額に脂汗が浮いてきて、もうヤバいかもと思ったとき、私の手をひいて、トイレに連れて行ってくれた。
便座に座って、アナル栓を抜くと、ぶしゅるるるるとすさまじい勢いでウンコと浣腸液が飛び出す。
トイレとはいえ、イトウさんの前で脱糞するのは恥ずかしかったけど、それどころじゃないくらいお腹がたいへんなことになっていたのだ。
トイレットペーパーでお尻をふいたあと、お風呂にいって、アナルをシャワーでキレイに流してくれる。
アナルに指を入れられて、中を広げるようにして、念入りに洗われていると、なんだか奉仕されているみたいで気分がいい。
イトウさんは私のアナルにローションを入れて、拡張用のやや大きめのアナル栓をはめた。
そのまま、お湯の溜まった湯船につかり、カラダをあたためながら、アナルを拡張されて、のぼせる直前にお湯から出された。
またベットによつんばいになって、拡張用のアナル栓をぐりぐりと回しながら抜かれる。
ややゆるんだアナルにたっぷりとローションが流し込まれて、大きさの違うボールが次々に入れられた。
全部のボールを飲み込んだところで、スイッチが入れられ、アナルの中のボールたちが動き出す。
それははじめて感じる衝撃だった。
「おまんこからいやらしい汁があふれていますね。」
イトウさんはおまんこのワレメを指でなぞって、愛液で濡れた指を私にみせた。
「おまんこにもバイブを入れてあげましょうか?」
整った上品な顔でいやらしいことをいわれると、ぞくぞくしてしまう。
私はこくこくとうなずいた。
「この中太のいぼいぼバイブをおまんこに入れてあげますから、痛くないように舐めて濡らしなさい。」
口元にぼこぼことしたいぼのついた黒いバイブを突き出されて、私はぺろぺろと舐めた。
私がバイブをしゃぶっている顔を眺めていたイトウさんは、そっと私の口からバイブを抜いた。
すぐにワレメを押し広げて、おまんこにバイブが入れられる。
私の意識のすべてはアナルとおまんこに集中してしまった。
おまんこのバイブにスイッチが入れられると、背筋を快感の電流が駆け抜け、軽くイってしまうくらい気持ちよかった。
おまんこにバイブを入れて振動させたまま、アナルのボールを抜かれると、ちゅぽんとボールが肛門を出て行くたびに、排泄するときのようなじんわりとした快楽が広がる。
おまんこに入れたくらいの大きさのバイブをアナルに入れられ、両方のバイブを振動させながら、出し入れされると、ものすごく気持ちよくて、口からあえぎ声とよだれがあふれた。
「アイさんはアナルセックスの素質がありそうですね。最初からこんなに感じられるなんて、逸材かもしれません。」
ぐいぐいと私のおまんことアナルにバイブを押し入れながら、冷静な口調でイトウさんがいう。
アナルからバイブを抜かれて、さらに大きなごついバイブをそろそろと入れられる。
アナルにもバイブにもしたたるくらいにローションを塗られているので、痛くはない。
何度も出し入れされて、私のアナルが大きなごついバイブになれたところで、ゴムをつけたイトウさんのちんぽをみせられた。
「さあ、ついに、バックバージンを失うときがきましたよ。本当に入れていいんですね?」
「お願いします。」
私がイトウさんのちんぽをみつめながらいうと、アナルからバイブが抜かれ、硬くはりつめたイトウさんのちんぽがじわりじわりとアナルに挿入された。
ゆっくりと入ってくるイトウさんのちんぽはバイブよりも気持ちがよく、早くもっと奥まで入れてほしくて、
「もっと、もっと奥までちょうだい。」
と叫んでしまった。
「アイさんはアナルセックスのとりこになりそうですね。」
笑いながら奥までちんぽを入れたイトウさんは、ピストン運動を開始し、私はお腹の中まで動かされるような強烈な悦びを感じた。
もう自分があえいでいるのかすら、よくわからない。
頭の中が真っ白にはじけて、意識がなくなってしまっていた。
イトウさんとは、今でもアナルセックスを楽しんでいる。


体験談 セクハラ女性器専門おまんこ丸見え素人エロサイトのエッチな4610
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 6 - 7 of 7

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.