Home arrow 出会い系 体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

出会い系 体験談
レディース官能小説


私が出会い系を使うようになったのは、浮気した主人への仕返しっていうのがきっかけ。
仕事で疲れてるからとかいって、私とはすっかりごぶさただったくせに、自分だけちゃっかり浮気してるのを知って、悔しくなっちゃったわけ。
ま、家族になっちゃうと、セックスしたいって思えなくなるのもわからなくはないけど・・・そんなのお互い様だし、主人ばっかりずるいって思っちゃったのよね。
私だってまだまだ若いんだし、性欲だってあって当たり前でしょ。
若い男の子とラブホテルで向き合ったときには、しばらく忘れていた女としてのときめきを感じて、わくわくしちゃった。
はじめて浮気した男の子はサトルくんっていう子だったんだけど、童貞かと思っちゃうくらい女慣れしてなくて、その初々しい感じがたまらなくぞくぞくしたの。
まだシャワーも浴びてないのに、強引にベットに押し倒されて、のしかかられるなんて、主人とじゃありえないもの。
唇がくっつきそうな至近距離から、こわいくらい真剣な顔で、
「キスしていいですか?」
ってきいてくるサトルくんがかわいくて、私から思いっきりディープキスしちゃった。
にゅるっにゅるっていう感じで舌を絡めていると、サトルくんの息が荒くなってきて、服の上からもどかしそうに私のおっぱいをまさぐるの。
シャツのボタンをちぎられるとマズいから、私は自分で服を脱いでいった。
サトルくんはさらに興奮しちゃったみたいで、ストッキングに包まれた太ももをたどって、スカートの中に手をつっこもうとしたけど、強引にされるとスカートがしわになっちゃうから、私はサトルくんの手をそっと押さえた。
「ちゃんと脱ぐから、あなたも脱いで裸になって。」
私はベットからすべりおりると、一枚ずつていねいに服を脱いで、いすにかけていった。
私のストリップを食い入るようにみながら、乱暴に自分の服を脱ぎ捨てていたサトルくんは、私がブラジャーをはずして、おっぱいをむきだしにすると、パンツを一枚残したかっこうで抱きついてきた。
白いパンティに黒いストッキングだけしか身に着けていないかっこうが刺激的すぎたみたい。
私のおっぱいを両手でもみながら、おしりにすりつけてくるサトルくんの股間はあきらかに勃起していて、私は自分がまだまだ女性としての魅力を保っていると確認して、自尊心を満足させた。
興奮したサトルくんが後ろから押し倒したので、私はバランスをくずし、ベットに両手をついて、おしりを突き出したようなかっこうになってしまった。
「ちょ・・・危ないわよ・・・。」
後ろを向いて注意しようと思ったら、凶暴な獣と化したサトルくんの両手がウエストにあったストッキングのゴムの部分をつかみ、がばーっと足首のところまで下げた。
ストッキングを足元に落としたまま、完全に脱いでいない状態で、私は後ろからパンティごしにおまんこを指でなぞられて、思わずのけぞってしまった。
「んっ・・・こんなかっこうイヤ・・・。」
足首にあるストッキングが足をゆるく拘束していて、身動きがとりにくい感じがたまらなく興奮する。
実は私って、意外とMだったのかも。
サトルくんはしゃがみこんで、私の脚の間に顔をつっこんだ。
パンティの上から鼻でこするように、おまんこのワレメをぐりぐりされると、思わずあえぎ声がもれてしまう。
「あっ・・・やだ・・・そんな・・・。」
サトルくんはまるで犬のように鼻をふんふんと鳴らしながら、おまんこのワレメでできたパンティの溝を何度も指で往復した。
パンティと脚の境界線を舌でぺろぺろ舐められて、じれったさと恥ずかしさで体が熱くなる。
きっともうおまんこから愛液がたくさん出てるのが、パンティの湿り気でも匂いでも、サトルくんにバレちゃってる。
内もものパンティラインのあたりを熱心に舐めていたサトルくんが、パンティに両手をかけたので、やっと脱がせてもらえるんだとほっとしてしまった。
ずるずるとゆっくりパンティを下げられて、ストッキングと同じように足首で放置される。
サトルくんはぬれぬれになったおまんこを指で左右に開いて、じっとみていたかと思うと、ふうっと息を吹きかけた。
「ひゃっ・・・やめて・・・。」
ぞくぞくっとした快感が背筋をぞわっとさせた。
ちゅくっといういやらしい音をさせながら、サトルくんの舌が私のおまんこを舐めはじめた。
こんなにていねいなクンニをされたのはいつ以来だろう。
しかも、洗っていないおしっこ臭いおまんこをひだひだを舌でかき分けるように熱心に舐められるなんて・・・。
私はサトルくんの舌が敏感な部分をえぐるたびに、悲鳴のような悦びの声をあげつづけた。
「あんっ・・・ああんっ・・・そこ・・・気持ちいい・・・。」
あんなにウブそうにみえたサトルくんは、私の気持ちいいところを的確に舌で刺激してくる。
そして、舌が与えてくれる快楽が物足りなくなってきた頃、いきなりずぶっと指が挿入された。
私のおまんこの中に入った中指はじゅくっじゅくっと愛液をかき出すような動きを繰り返している。
中指の先がおまんこの奥のいいところに当たるたびに、ちょっとずつ絶頂に追いやられていくのに、さらに、反対の手でクリトリスをこすられて、もう少しでイきそうっていうところで止められた。
「やだぁ・・・もうちょっとだったのに・・・。」
おまんこの奥のいいところだけをすばやい指先の動きで刺激され、クリトリスをやわやわとなでられて、すぐにまたイきそうになる。
ああ、もうイくっていうところで、また手が止まってしまった。
「お願い・・・もうイかせて・・・。」
うずいた体をどうにかしたくて、私は今日会ったばかりの自分よりかなり年下の男の子に、なりふりかまわずおねだりしてしまった。
サトルくんはじれったくなるほどゆっくりとした動きで、先走りのシミのできたパンツを脱いで、反り返ったちんぽにコンドームをつけ、待ちきれなくてひくひくしている私のおまんこに一気に奥まで突き刺した。
「あふぅんっ!」
満足のあまり、今まで出したこともなかったようなはしたない声が出てしまう。
おまんこの中に挿入してからも、私がイきそうになるとちんぽの動きを止められ、気がついたときには、
「もっとぉ・・・もっと、おちんぽ奥までちょうだい・・・。」
なんていいながら、自分で腰をふっていた。
我慢させられた分、イけたときには真っ白になるくらい強烈な快感で、私はセックスの気持ちよさを夫以外の若い男の子に教わってしまったのだった。


オリエンタルムービー出会い系 体験談の総合アダルト無修正エロサイトの過激な淫乱セックスムービー
 
人妻カーセックス中出し体験談

美人顔の美少女パンチラを見せる白パンティー好きにはたまらないいろんな角度からワレメパンツが見えるセクシーなパンチラショット
出会い系を使ったのは、実家に帰って、あまりにもヒマすぎたせいだった。
ダメモトっていうか、ヒマつぶし感覚でいたのがよかったのか、アイという人妻をゲットできた。
待ち合わせ場所にいたアイをみて、俺は目を疑った。
マジで?
あの人妻だなんて信じられないくらい若くて、イケイケなミニスカ、キャミの痴漢待ちってくらい露出しちゃってるのがアイなわけ?
立ち読みしているアイの体を周りの男達がちらちらと視姦しているのがわかる。
俺はダッシュで、アイの元に駆けつけ、愛車に連れてきた。
男達の羨望のまなざしが心地いい。
アイはキレイというよりかわいい系で、ぽってりとした唇がなんともエロい。
白くもちもちしてそうな太ももに、はちきれんばかりの巨乳。
やわらかそうな二の腕。
くっきりと浮かんでいる鎖骨。
どれをとっても、すばらしい人妻だった。
「サトルくんって、童顔だねえ。学生さんみたい。」
顔に似合わず、ハスキーな声でアイは笑った。
時間がないから、即ラブホテルに直行。
したまではよかったが、アイに出会っただけで運を使い果たしてしまったのか、ラブホテルはどこも満室。
人気のない山道で停車した俺は、絶望のため息をついた。
せっかくこんないい女とヤれるはずだったのに・・・。
「ねえ、もう我慢できないから、ここでしちゃおうか?」
アイはシートベルトをはずして、俺の方に体をのりだした。
つやつやと唇が光っていて、巨乳の谷間がみえていて、せりあがっているミニスカがもうギリギリだ。
俺はごくりとつばをのみこんだ。
カーセックスは初体験で、正直、上手くやれる自信なんてない。
でも、こんな据え膳を逃すわけにはいかない。
俺はアイのきゃしゃな体を抱きしめて、唇を奪った。
すぐにアイの舌が俺の口の中に入ってくる。
乱暴なぐらい口の中を舌でかき回されて、不覚にも俺は気持ちよくなってしまった。
なんとかアイの舌に自分の舌を絡めるが、とても敵いそうにない。
唇を離したときには、俺だけ息があがってしまっていた。
「ふふ。もうこんなに元気になってる。」
アイはジーンズの上から俺のちんぽをさすった。
ラブホテルを探しているときから勃起し続けている俺のちんぽは、ようやく刺激を与えられて、ますます硬くなってしまっている。
アイの手でベルトをはずされて、俺はいそいそとちんぽを出した。
自分でもびっくりするくらい先走りでぬるぬるしたちんぽは、むわっとしたニオイがしている。
アイは洗っていないちんぽを躊躇なく、咥えた。
思わず、仰け反ってしまうくらい根元まで一気に呑みこまれて、アイの口の中にすっぽりとちんぽを包みこまれる。
横からフェラチオされるなんてはじめてだったから、今まで感じたことのない不思議な感覚だった。
ひねられるように、ゆっくりと亀頭の方に舌と唇が上がっていく。
まるで吸い出されるように、唇が亀頭の先っちょにキスをした。
すぐにまた根元まで口の中に咥えこまれる。
細い指が裏筋をこちょこちょとくすぐるように動いている。
口の中で舌は、亀頭やカリ首をちろちろと舐めていて、もうなんていうか、プロ並みのフェラチオテクニックだ。
俺は一気に射精まで追い込まれそうになり、
「もう出そう・・・ヤバい・・・。」
とつぶやいた。
その瞬間、フェラチオはぴたりと止まってしまって、俺のちんぽは口から出されてしまった。
はあはあと荒い息を吐いている俺のひざに、アイがまたがってきて、腰を浮かせた。
あっという間に、俺のちんぽはアイのおまんこに呑み込まれてしまった。
「まさか・・・ノーパン?」
あんなミニスカでノーパンだったなんて、信じられない。
ミニスカでノーパンだったせいか、フェラチオで興奮したのか、アイのおまんこはぐちゅぐちゅで、俺のちんぽをするりと咥えこんでいる。
「サトルくんのちんぽ・・・すごいイイよ・・・。」
俺の耳元で、ハスキーなアイの声がささやく。
俺はアイのキャミの肩ひもを下ろして、ブラジャーもずらした。
くびれたウエストにキャミとブラジャーがひっかかり、巨乳がむき出しになる。
勃起した乳首を交互にしゃぶりながら、俺はちんぽを動かした。
窮屈で動きづらい感じがまた逆に、すごく興奮する。
「あんっ!すごい・・・イイ・・・。」
アイは口の端からよだれをたらして、あえぎまくっている。
俺はアイの足を肩にのせ、深く貫いた状態で、何度も最奥を突きまくった。
ぶしゅっと精液がおまんこに弾け飛び、俺は中出しの快感にしびれながらも、ピストン運動を続けた。
「ああ・・・中出しされちゃった・・・おまんこに精液が・・・。」
恍惚の表情を浮かべたアイは、俺にしがみついたまま、ぐったりしている。
車の中にはいやらしいニオイが充満していて、シートにもしみこんでしまいそうだった。
ティッシュで中出しした精液を拭いながら、ゆっくりと抜いたけど、ぽたぽたと精液がしたたって、俺のジーンズを汚した。
それから、俺とアイは、俺が帰省するたびに、セックスするようになった。
当然、ラブホテルでもセックスしているが、最初のカーセックスのときほど興奮できない。
カーセックスも試してみたけど、最初のときほどよくない。
仕方がないので、今度は野外露出プレイでも試してみようと思っている。


出会い系 体験談ハメ撮りオリジナル無修正AVビデオの人気アダルトサイト天然娘

 
バスルームまったりセックス体験談
リモコン電動バイブを女性器おまんこに入れてリモートコントロールでバイブ刺激する松島ななこ似AV女優の綺麗お姉さんの女性器責めエッチプレイ
出会い系で出会った少女のように若いアイとラブホテルに行くのが最近の俺の楽しみだ。
アイは小柄できゃしゃな体つきをしていて、俺の娘といっても誰も疑問に思わないくらい若い。
素直でかわいらしいアイは、本当に理想の娘って感じで、女の子に恵まれなかった俺は、こんな娘がいたらなあと、うっとりしてしまう。
多少高いものでもおねだりされれば、ほいほい買ってしまいそうなのに、アイのおねだりはいつもかわいいものばかりだ。
一緒にお風呂に入ってほしいとか、髪の毛を洗ってほしいとか。
どうもアイは俺に父親を重ねているらしい。
俺は小さな娘を甘やかすように、アイをかわいがっていた。
ま、普通、小さな娘とはセックスしたりしないが。
今日もラブホテルの大きなバスタブに、アイと一緒に浸かる。
入浴剤で泡立ったお湯はアイのささやかな微乳を隠しているが、みえそうでみえないもどかしさが俺を逆に興奮させる。
つるつるですべすべのアイの白い肌。
成熟しきっていないアイの若い肢体。
社会的には成人しているのに、発育が遅れた感じなのは性経験が未熟だからだろう。
アイは処女ではなかったが、数回しかセックス経験がなかった。
俺に出会うまでは、セックスは痛いだけのものだと思っていたらしい。
まだ開発されていない体を少しずつ俺好みになじませていくのは、贅沢な悦びだった。
生まれてはじめてフェラチオする唇に、俺のちんぽを咥えさせ、小さな舌をつかわせた時は、喜びと興奮で体が震えた。
今も無邪気に俺に体を預けているアイの体も心も、全て俺のもの。
俺の手にすっぽりとおおわれる微乳も、すぐに勃起する桃色の乳首も、薄い陰毛に隠されたおまんこも、俺がじっくり開発して、快楽を教え込んだ。
俺の手が軽くアイの体をなでるだけで、アイのおまんこはこれから与えられる快感を期待して、愛液をもらしはじめる。
両手でアイの微乳とおまんこを弄んだ後、のぼせそうなので、バスタブに腰かけた。
アイは俺の脚の間に座って、俺のゆるく勃起したちんぽに顔を寄せる。
ちんぽの根元を両手で支え、小さな唇に俺のちんぽを咥えるアイは、とても嬉しそうで、俺の顔を上目づかいで窺っている。
俺が気持ちよさで眉をしかめると、ますます一生懸命フェラチオしてくれる。
いじらしいというか、いとおしいというか、それだけで胸がいっぱいになってしまう。
アイの小さな口には、俺のちんぽは収まりきらない。
必死で奥の方まで咥え込もうとするが、亀頭がのどの奥をついて涙目になっている。
俺はアイのアタマをぽんぽんとなでて、場所を入れ替えた。
「上手くフェラチオできなくて、ごめんなさい・・・。」
涙目のまま、しゅんとなっているアイは俺の手で足を開かれて、おまんこに直接シャワーをかけられると、あわてて足を閉じようとした。
「フェラチオ、ずいぶん上手になっていたよ。ほら、足を開いて。おまんこ、キレイに洗えないだろう?」
アイの小さなおまんこを指でなぞっていると、自分の指がひどく太くてごつごつしたものに感じられる。
膣口に中指の先をそっとあてがい、ゆっくりと奥まで入れると、狭いおまんこはもういっぱいいっぱいだ。
「自分でクリトリス、いじってごらん。」
俺はアイにクリトリスでのオナニーを教えた。
俺に会えないときには、一人でこっそりオナニーしているらしい。
最初はぎこちなかった指使いも、すっかり手馴れたように、自分のクリトリスを責めている。
「おまんこの奥から愛液があふれてきたよ。気持ちいいのかい?」
アイは潤んだ目で俺の顔をみつめながら、クリトリスをいじっている。
膣壁がきゅうんっと俺の中指をしめつけて、俺が指を動かすのを催促している。
愛液のすべりを借りて、中指を出し入れしつつ、俺はアイの足の指をしゃぶった。
「ああっ!やだ・・・汚いよ・・・ダメ・・・。」
俺にしゃぶられている自分の足の指を驚いた表情でみつめているアイにみせつけるように、いやらしく足の指をしゃぶってみせる。
アイはいやがりながらも、興奮しているらしく、愛液がぐちゅぐちゅにあふれだした。
「かわいいアイの体に汚いところなんてないさ。今度はおしりの穴を舐めてあげよう。」
バスルームの壁に手をつかせて、つるりとしたおしりを両手で開く。
「もっと足を開かないと、ちゃんと舐められないよ?」
「いや・・・恥ずかしい・・・。」
アイは恥ずかしがりながらも、俺の命令に従順に足を開く。
鮮やかなピンクのアナルも愛液があふれているおまんこも、丸見えになった。
アナルのしわの一本一本を伸ばすように、舌で舐める。
「やぁん・・・お願い・・・もう・・・。」
おまんこにあふれている愛液をアナルに移動させるように、おまんこからアナルまで何度も舐めあげた。
「あん・・・はあ・・・ああっ・・・。」
指でクリトリスを刺激しながら、クンニすると、アイは気持ちよさそうな声をあげはじめる。
愛液と唾液で十分に濡れたアナルに、中指を入れると、アイは体をのけぞらせて、悲鳴をあげた。
「ああっ!そんなところに指を入れちゃやだ・・・。」
反対の手の中指をおまんこに入れると、薄い肉の壁ごしに指の感触がよくわかる。
いずれこのかわいらしいアナルも開発して、アナルセックスもできるように仕込んでやろう。
俺はアイのアナルとおまんこから指を抜き、すっかりぬるくなったお風呂に浸かった。
「おまんこにちんぽを入れたかったら、自分で咥え込みなさい。」
勃起したちんぽを手で支えながら促すと、アイは素直に俺の脚の上にまたがり、おまんこにちんぽを挿入した。
まだ挿入時には痛みがあるようで、苦しそうな表情を浮かべているが、ゆっくりと出し入れしているうちに、気持ちよさそうな表情に変わる。
水中でのセックスは、刺激がゆるやかでいつもより長く楽しめそうだ。
俺はアイの体を抱きしめて、下からおまんこを突き上げながら、まったりとしたセックスを味わった。


くりーむれもん出会い系 体験談のハメドリ無修正セックスムービーの裏物エロサイト
 
乱交顔射三連発の初体験

可愛いギャル女性の乳房の形が右と左で若干違う貴重な巨乳おっぱい持ついろんな角度から女性の体を徹底検証
出会い系で出会った乱交パーティは衝撃の体験だった。
ある日、出会い系の書き込みを眺めていた俺は変わった書き込みをみつけた。
”都内乱交パーティ参加者募集。性病をもっておらず、自己の避妊対策がとれ、精力に自信のある方。事前面談あり。”
そんな怪しい書き込みにメールしてしまったのは、俺が乱交というものを一度経験してみたいという憧れをもっていたからだ。
恐ろしくたくさんのメールがくるだろうその書き込みから返事をもらえるとは思っていなかったから、返信が来たときには逆に驚いた。
ていねいに真剣な思いが伝わるように、がんばってメールを書いたのがよかったのかもしれない。
詳細をきくうちに、俺はその乱交パーティにぜひ参加したいと熱望するようになった。
誠意のある態度のメール交換で主催者の信頼を勝ち得た俺は面談を経て、とうとう乱交パーティへの参加を許された。
わくわくして前日はよく眠れなかったが、会場のマンションにつく頃には興奮でちんぽが半だちになってしまっていた。
会場には幅広い年代の男女が集まっていた。
若い子もいれば、中年というか、お腹の出たおじさんもいる。
ただ、女性の面談合格条件は男性以上に厳しいらしく、やりたくないと思うようなルックスの女性はいなかった。
年齢的にはいっているようにみえても、いわゆる熟女タイプでセレブっぽい高級感がある。
早くも俺は誰でもいいからやりたいという気持ちでいっぱいだった。
女性一人に対して、三人くらいの割合で男性がいて、最初に決めたグループから自由に移動できる。
パイプカットしていない男性はゴムの着用が義務付けられる。
床にいくつかのダブルベット用マットレスが敷いてあり、それぞれの側にティッシュとローションと大人のおもちゃの入ったかごとゴムとゴミ箱が用意されている。
俺が最初に配置されたグループの女性は、未成年かと思ってしまうほど、ロリっぽい女のコで、顔に似合わないくらい大きなおっぱいとものおじしない大胆なところが魅力だった。
お腹がでていて髪の毛が薄いお父さんのような男性のちんぽを積極的にしゃぶり、若い男におっぱいをもまれたり、俺におまんこを舐められたりして、嬌声をあげている。
乱交で興奮しているのか、おじさんのちんぽをフェラチオしているせいか、ロリ娘のおまんこは愛液があとからあとから流れ出し、内ももを伝っていく。
俺がクリトリスをしゃぶり、指でおまんこをぐちゅぐちゅやりだす頃には、早くもおじさんがロリ娘に顔射してしまって、しきりに謝っていた。
乳首をしゃぶっていた若い男がティッシュでロリ娘の顔についたおじさんの精液をふきとり、ついでに、濃厚なキスをする。
俺もロリ娘のおまんこに舌をべろべろにつかった濃厚なキスをした。
クンニともいうが。
上下の口を舌で舐めまわされて、ロリ娘のカラダには力が入らない。
顔射したおじさんは、ロリ娘の両手からはみでるおっぱいを後ろからもみしだいている。
「もう入れてもいい?」
とロリ娘にきくと、
「ゴムつけてね。」
といわれたので、いそいそとゴムをつけて、おまんこに俺のちんぽをぶちこんだ。
おじさんと若い男がちょっとうらやましそうに俺をみるのも、優越感を感じる。
ロリ娘のおまんこは俺のちんぽにぴったりとフィットし、ゴムごしでも十分に快感を得られた。
どうせ後に二人も続いているから、俺は自分にいいようにちんぽを動かし、ゴムの中に精液を吐き出した。
ずるずるとおまんこからまだしぼんでいないちんぽをだして、始末をしていると、ゴムをつけた若い男が俺の後に続いた。
俺よりずいぶん大きそうな若い男のちんぽは、俺が広げたおまんこにずぶずぶと吸い込まれていく。
若い男はうっとりした表情で、サルのように腰を振る。
後ろからちんぽを入れられ、乳首をぺろぺろとおじさんに舐められているロリ娘の口元に、ゴムをはずしたややだち状態の俺のちんぽを突き出す。
ロリ娘はゴム臭い俺のちんぽをれろれろと舐めてくれた。
若い男は遠慮なしにがんがん突き上げ、ロリ娘の口からはあえぎ声がもれる。
おまんこにちんぽを咥え込んで、フェラチオをする女性を生で見る機会なんてそうあるものではない。
俺はものすごく興奮し、再び、ちんぽが完全に勃起するのを感じた。
若い男がゴムごしに射精をした瞬間、ロリ娘もイったらしく、カラダをのけぞらせて、ぶるぶると震えた。
「すごい気持ちいい・・・。」
うっとりとロリ娘がつぶやくと、若い男は誇らしげに大きなちんぽをおまんこから抜いて、片付け始めた。
イったばかりのおまんこに、今度はおじさんのちんぽが侵入した。
パイプカットしているおじさんのちんぽは、ダイレクトにおまんこに入っている。
「あっ・・・いい・・・硬くて太いおちんぽ、気持ちいい・・・。」
おじさんにゆすられてあえいでいるロリ娘の口元に、完だち状態の俺のちんぽと射精したばかりなのに早くもぎんぎんになっている若い男のちんぽが並べられた。
ロリ娘は後ろからちんぽを出し入れされながら、あえぎ声のもれる口で俺と若い男のちんぽを交互にしゃぶり、咥えていない方のちんぽを手でしごいた。
俺は乱交ならではの光景に興奮し、おじさんが射精するのと前後して、ロリ娘の顔に顔射してしまった。
若い男の精液も顔射され、二人分の精子を顔からでかいおっぱいに飛び散らせたロリ娘は、おまんこからおじさんの精子のいない精液をあふれさせ、精液まみれになった。
俺はその後、この体験も乱交の序章にすぎなかったことを知るのだが、その話はまた次の機会に。


カリビアンコ出会い系 体験談で業界トップの人気AV女優おまんこ丸見えエッチサイト。

 
強姦ごっこ体験談

美乳おっぱいお姉さんの入浴シーンで長い手足にスベスベ美肌のモデル体型エッチお姉さんの入浴エロ動画
出会い系で出会ったアイはロリ顔のちびっ子だ。
もちろん、未成年ではないのだが、まず信じてもらえないくらい幼いルックスなので、ラブホ以外の場所へは恐ろしくていけないのだ。
そんなアイと好んでするセックスは、制服を着て強姦ごっこするというコスプレだ。
アイはどんな制服でも着こなしてしまうので、セーラー服の夏服バージョンやアニメに出てくる制服などのバリエーションも楽しめる。
スクール水着やブルマなども、よく似合ってしまう。
俺は先生だったり、同級生だったりして、アイを強姦するという設定だが、途中でアイが感じすぎて、なしくずしになってしまうというのがいつものパターンだ。
今日のアイは、ブレザーにリボン、プリーツスカートにハイソックスという制服姿で、電車に乗っていたら、間違いなく学生だと思われるだろう。
茶髪をツインテールにして、赤いリボンで結んでいるのもかわいらしい。
俺の方は担任の教師という設定で、地味なスーツ姿だ。
「先生、ご用ですか?」
生徒指導室に入ってきたアイをドアに押し付けて、無理矢理キスする。
「せ・・・いや・・・や・・・めて・・・。」
身をよじって逃れようとするアイを力づくで押さえて、可憐な唇に吸い付き、俺のよだれで汚染するのだ。
悲鳴を舌で封じ込め、白く輝く歯を舐めまくる。
アイの目の端には、こらえきれなくなった涙が浮かんでいる。
俺は首のところのリボンをはずして、床に投げ捨てた。
飾りがなくなって、急にさみしくなった白いブラウスに手をかけ、ボタンをひきちぎる。
ぶちぶちぶち・・・ボタンがとびちり、白い清楚なブラジャーと陶器のように透き通るすべすべの肌があらわになった。
俺はポケットからナイフを取り出し、柔肌を傷つけないように、ブラジャーを真ん中からぷつんと切った。
美乳をガードしていたブラジャーがはずれ、無防備になったおっぱいを両手でわしづかんで、もみもみと感触を楽しむ。
「先生・・・やめてください・・・。」
顔を赤くして、涙ぐみながら、訴えるアイの演技に、これが強姦ごっこだということを忘れてしまいそうになる。
「乳首を勃起させながら、やめてくださいっていわれてもな・・・。」
指で乳首をいじりながら、いやらしい笑いを浮かべると、
「そ、そんな・・・。」
アイは目を閉じて、言葉責めに耐える。
「おまんこも濡れ濡れなんじゃないのか?」
「そんなことありません・・・。」
「じゃあ、みせてみろ。」
プリーツスカートをまくりあげ、白いパンティのワレメの上の部分を指でこすこすとなぞる。
「湿ってるじゃないか。アイは淫乱だな。」
「ウソ!違います!」
「違わないさ。パンティを脱げばわかる。」
俺はパンティに両手をかけ、一気に足首まで下ろした。
「ああっ!」
片手でスカートをまくり、丸出しになったおまんこを指でなぞると、にじみ出ていた愛液が俺の指についてきた。
「ほらみてみろ。アイのおまんこから垂れ流されたいやらしい汁だ。」
濡れた指をアイに突きつけると、アイは目を閉じてイヤイヤと首を振る。
ぷっくりとした唇に、愛液がついた指をつけ、
「舐めてみろ。いやらしい味がするぞ。」
強引に指を口の中に入れ、舌に押し付ける。
口から指を出すと、アイのよだれで濡れていた。
その指を今度は下の口であるおまんこに、突き刺す。
じわじわと奥まで指を入れた後は、クリトリスを吸ったり、舐めたりして、まったりと愛撫する。
ちゅくちゅく・・・ぐちゅぐちゅ・・・。
「あっ・・・いや・・・やめて・・・先生ぇ・・・。」
アイは太ももを震わせながら、快楽に耐えているが、声は弱々しく、されるがままだ。
俺の肩につかまって、指が出し入れされるのに耐えていたアイは、
「もう・・・もう・・・だめぇ・・・。」
といって、しゃがみこんでしまった。
「なんだ、だらしがないなあ。」
アイを床に寝かせて、脚を大きく開き、正常位の体勢で、ちんぽをずぶりとおまんこに入れた。
「あっ・・・ダメです・・・抜いて・・・。」
アイは驚いたように、後ろにずり下がろうとするが、がっちりと脚をつかんで動けないようにして、ちんぽを奥へとすすめた。
「ん・・・いや・・・そんな・・・。」
根元までおまんこに入れ込むと、アイは動けなくなった。
ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・結合部からは、俺がちんぽを動かすたびに、いやらしい音が出る。
脚を押し広げて、おまんこの奥の奥までちんぽをぶつけると、アイの口からはすすり泣くようなあえぎ声が漏れ始めた。
「ああ・・・うん・・・あん・・・ああ・・・。」
こうなるとアイは、もう強姦ごっこどころではなく、ひたすら感じるだけになってしまう。
幼い顔を紅潮させて、だらしなく口を半開きにしてよだれをたらし、うっとりとあえいでいるアイはいやらしくて、かわいらしい。
ブレザー姿からのぞく白いおっぱいと乱れたプリーツスカート、ハイソックスも萌える。
ずっちゅ・・・ずっちゅ・・・とちんぽを動かしているうちに、アイがのけぞり、カラダをふるわせ始めた。
「あ・・・もうイく・・・イっちゃう・・・。」
ちんぽをしめつける膣の動きが収まってから、すっかり脱力したアイのカラダを好きなように犯しまくって、精液を吐き出した。
俺の制服好きはアイのおかげで、さらに重度になってしまったのだった。


出会い系 体験談で人気アダルトライブチャットを展開する過激なエロエロHチャットサイトのカリビアンコムガール
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 6

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.