Home arrow SEX体験談 arrow 女性用の官能小説

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

女性用の官能小説


私が出会い系を使ってしまったのは、職場がおじさんばっかりで、自分もこのまま枯れていってしまうのかなあと不安になったからです。
たまにいっしょに遊びにいく学生時代の女友達たちは、毎回、楽しそうに彼氏や職場の独身男性の話で盛り上がります。
女性である楽しみをエンジョイしている彼女たちに比べて、私はひとり取り残されたような心境でした。
「今度、合コンしよう。いい男、紹介するよ。」
「若いうちに遊んでおかなくちゃ、結婚しちゃったら遊べないよ。」
彼女達はそういいますが、自分達のことで忙しくて、私のことなんかすぐに忘れてしまいます。
結局、自分でなんとかするしかないのです。
誰にも知られず、誰とも接点のない男性と知り合うには、出会い系は最適でした。
しかも、普段なら恥ずかしいようなことも、顔が見えないメールなら、簡単に打ちあけやすいのです。
個人情報は漏らさないように注意しながらも、私は人にはいえなかったようなかなり内面的なことまでサトルという男性と打ちあけあってしまいました。
自分のことをわかってもらえたような気になると、会ったこともないのに、すごく親しくなったような気がするものです。
私とサトルは会う前から、恋人同士になったように盛り上がり、やっと待ち合わせの日時が決まったときには、待ち遠しくてたまりませんでした。
でも、実際にサトルに会ったときには、想像していたよりもかなり普通の人で、ちょっとがっかりしました。
なんだかもっさりとした印象の男性で、メールでの繊細な文章からはかけはなれた感じだったのです。
それでも、メールでの約束通りにいっしょにラブホテルに行き、シャワーを浴びて、裸で抱き合うと、久しぶりの人のぬくもりにほっとしてしまいました。
「抱き合ってると、あたたかくてほっとするね。」
まるで私の頭の中を読まれたように言葉にされて、私は驚きました。
私をぎゅうっと抱きしめていた男らしい大きな手が髪をそっとなでたり、壊れ物にさわるようにやさしく肌にふれはじめると、じんわりとしたあたたかさが体中に広がっていって、私はずっと一人でさみしかったんだということに気づきました。
サトルの手と唇と舌がもっさりとした外見に似合わず、繊細にていねいに私の体をすみずみまで這い回ると、私のおまんこは気持ちよさとじれったさで切なくなってきて、早くふれてほしいと涙を流します。
サトルの舌は太ももからシーツに流れ落ちている愛液を舐めとるのに忙しく、サトルの手はウエストやおっぱい、おなかをなでまわすのに夢中で、おまんこにはかまってくれません。
手や足の指までしゃぶられ、舌で舐められているのに、おまんこにはノータッチという状態で放置され、もう限界です。
私はサトルのよだれで汚れている自分の指でおまんこを開いて、
「ここ・・・おまんこ舐めて・・・。」
とおねだりしてしまいました。
私の足首にキスをしていたサトルはちょっと驚いた顔をしましたが、すぐに私のおまんこを舌でぺろりぺろりと舐めてくれました。
ゆっくりとアナルからクリトリスまで舐め上げるように舌を使ったり、ちろちろと早く小刻みに舌を動かしたり、じっくりと大好物を味わうようにずっと舐め続けます。
クリトリスを細かくやさしく舐められ続けて、私は軽くイってしまいました。
一度イったクリトリスを続けて舐められていると、気持ちいいけどツラい感じになってきて、
「お願い・・・指、指でしてぇ・・・。」
とさらにはしたない要求をしてしまいます。
サトルはよだれと愛液でびちゃびちゃのクリトリスを指でこりこりといじり、
「これでいい?」
とききます。
敏感になっているクリトリスをさらに指でいじくられて、おまんこの奥がきゅんきゅんとなりますが、快感が強すぎて、おしりで後ろに逃げようとしてしまいます。
「ああ、もしかして、こうかな?」
サトルのごつごつした指が膣にぐいっと奥まで押し込まれて、身動きが取れなくなりました。
おまんこの中のクリトリスの裏の一番感じるところとクリトリスをダブルで攻撃されて、私は感じているのかツラいのかわけがわからないくらいの快感であえぎまくりました。
「やだぁ・・・もういやぁ・・・イイっ・・・。」
イってもイってもいいところを刺激され続けると、イきすぎてもういやっていう感じになって、何も考えられません。
「いやなのかイイのかどっちなのかな?」
「もうちょうだい・・・入れてほしいの・・・。」
指でおまんこに与えられる快感が強すぎて、私は助けを求めるように、ちんぽの挿入をせがみました。
「うーん。もう?まだアイさんの体、さわっていたかったんだけど・・・。」
挿入まで何時間かけるつもりなのでしょうか。
すでにあえぎ声がかれて、ハスキーボイスになりかかっている私は、必死でねだりました。
「お願い!もう待ちきれないの・・・あなたのおちんぽ入れて・・・。」
やっとサトルはちんぽにコンドームをつけて、ゆっくりとおまんこに挿入しました。
長時間の愛撫でじらされきっていたおまんこはちんぽに大喜びでまとわりつきます。
「キツ・・・けっこう指で拡げたつもりだったのに・・・足りなかったかな。痛くない?」
ややおまんこを押し拡げる感じで入ってくるちんぽは、まさにジャストフィットで、気持ちよくてたまりません。
「んん・・・気持ちいい・・・すごく・・・いい・・・。」
うっとりとしている私の唇に、ディープキスをしながら、ちょっぴりちんぽを引き抜いてはまた奥に押し込んでいるサトルは、ものすごく真剣な顔をしています。
「なじんできたみたいだから、ちょっと乱暴に動くよ。」
宣言通り、ちんぽを限界まで抜いては奥までずんっと突かれたり、ものすごく高速で動かれたりして、私の口からはあえぎ声しかでません。
「や・・・あ・・・んんっ・・・ああっ・・・。」
足を限界まで高く持ち上げられて、奥をこすられるようにちんぽを動かされて、私はイってしまいました。
私はもうおなかいっぱいなのに、サトルはなかなかイってくれず、サトルがイったときには、動けなくなるくらいダルくなってしまいました。
呆れるくらいこってりとしたサトルのセックスは、一週間もすると私の体をうずかせ、気がつくと私達はラブラブカップルになってしまっていたのでした。


SEX体験談の無修正ライブチャットでオマンコ丸見えアダルトチャットのカリビアンコムガール
 

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.