Home arrow 出会い系 体験談 arrow 強姦ごっこ体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

強姦ごっこ体験談

美乳おっぱいお姉さんの入浴シーンで長い手足にスベスベ美肌のモデル体型エッチお姉さんの入浴エロ動画
出会い系で出会ったアイはロリ顔のちびっ子だ。
もちろん、未成年ではないのだが、まず信じてもらえないくらい幼いルックスなので、ラブホ以外の場所へは恐ろしくていけないのだ。
そんなアイと好んでするセックスは、制服を着て強姦ごっこするというコスプレだ。
アイはどんな制服でも着こなしてしまうので、セーラー服の夏服バージョンやアニメに出てくる制服などのバリエーションも楽しめる。
スクール水着やブルマなども、よく似合ってしまう。
俺は先生だったり、同級生だったりして、アイを強姦するという設定だが、途中でアイが感じすぎて、なしくずしになってしまうというのがいつものパターンだ。
今日のアイは、ブレザーにリボン、プリーツスカートにハイソックスという制服姿で、電車に乗っていたら、間違いなく学生だと思われるだろう。
茶髪をツインテールにして、赤いリボンで結んでいるのもかわいらしい。
俺の方は担任の教師という設定で、地味なスーツ姿だ。
「先生、ご用ですか?」
生徒指導室に入ってきたアイをドアに押し付けて、無理矢理キスする。
「せ・・・いや・・・や・・・めて・・・。」
身をよじって逃れようとするアイを力づくで押さえて、可憐な唇に吸い付き、俺のよだれで汚染するのだ。
悲鳴を舌で封じ込め、白く輝く歯を舐めまくる。
アイの目の端には、こらえきれなくなった涙が浮かんでいる。
俺は首のところのリボンをはずして、床に投げ捨てた。
飾りがなくなって、急にさみしくなった白いブラウスに手をかけ、ボタンをひきちぎる。
ぶちぶちぶち・・・ボタンがとびちり、白い清楚なブラジャーと陶器のように透き通るすべすべの肌があらわになった。
俺はポケットからナイフを取り出し、柔肌を傷つけないように、ブラジャーを真ん中からぷつんと切った。
美乳をガードしていたブラジャーがはずれ、無防備になったおっぱいを両手でわしづかんで、もみもみと感触を楽しむ。
「先生・・・やめてください・・・。」
顔を赤くして、涙ぐみながら、訴えるアイの演技に、これが強姦ごっこだということを忘れてしまいそうになる。
「乳首を勃起させながら、やめてくださいっていわれてもな・・・。」
指で乳首をいじりながら、いやらしい笑いを浮かべると、
「そ、そんな・・・。」
アイは目を閉じて、言葉責めに耐える。
「おまんこも濡れ濡れなんじゃないのか?」
「そんなことありません・・・。」
「じゃあ、みせてみろ。」
プリーツスカートをまくりあげ、白いパンティのワレメの上の部分を指でこすこすとなぞる。
「湿ってるじゃないか。アイは淫乱だな。」
「ウソ!違います!」
「違わないさ。パンティを脱げばわかる。」
俺はパンティに両手をかけ、一気に足首まで下ろした。
「ああっ!」
片手でスカートをまくり、丸出しになったおまんこを指でなぞると、にじみ出ていた愛液が俺の指についてきた。
「ほらみてみろ。アイのおまんこから垂れ流されたいやらしい汁だ。」
濡れた指をアイに突きつけると、アイは目を閉じてイヤイヤと首を振る。
ぷっくりとした唇に、愛液がついた指をつけ、
「舐めてみろ。いやらしい味がするぞ。」
強引に指を口の中に入れ、舌に押し付ける。
口から指を出すと、アイのよだれで濡れていた。
その指を今度は下の口であるおまんこに、突き刺す。
じわじわと奥まで指を入れた後は、クリトリスを吸ったり、舐めたりして、まったりと愛撫する。
ちゅくちゅく・・・ぐちゅぐちゅ・・・。
「あっ・・・いや・・・やめて・・・先生ぇ・・・。」
アイは太ももを震わせながら、快楽に耐えているが、声は弱々しく、されるがままだ。
俺の肩につかまって、指が出し入れされるのに耐えていたアイは、
「もう・・・もう・・・だめぇ・・・。」
といって、しゃがみこんでしまった。
「なんだ、だらしがないなあ。」
アイを床に寝かせて、脚を大きく開き、正常位の体勢で、ちんぽをずぶりとおまんこに入れた。
「あっ・・・ダメです・・・抜いて・・・。」
アイは驚いたように、後ろにずり下がろうとするが、がっちりと脚をつかんで動けないようにして、ちんぽを奥へとすすめた。
「ん・・・いや・・・そんな・・・。」
根元までおまんこに入れ込むと、アイは動けなくなった。
ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・結合部からは、俺がちんぽを動かすたびに、いやらしい音が出る。
脚を押し広げて、おまんこの奥の奥までちんぽをぶつけると、アイの口からはすすり泣くようなあえぎ声が漏れ始めた。
「ああ・・・うん・・・あん・・・ああ・・・。」
こうなるとアイは、もう強姦ごっこどころではなく、ひたすら感じるだけになってしまう。
幼い顔を紅潮させて、だらしなく口を半開きにしてよだれをたらし、うっとりとあえいでいるアイはいやらしくて、かわいらしい。
ブレザー姿からのぞく白いおっぱいと乱れたプリーツスカート、ハイソックスも萌える。
ずっちゅ・・・ずっちゅ・・・とちんぽを動かしているうちに、アイがのけぞり、カラダをふるわせ始めた。
「あ・・・もうイく・・・イっちゃう・・・。」
ちんぽをしめつける膣の動きが収まってから、すっかり脱力したアイのカラダを好きなように犯しまくって、精液を吐き出した。
俺の制服好きはアイのおかげで、さらに重度になってしまったのだった。


出会い系 体験談で人気アダルトライブチャットを展開する過激なエロエロHチャットサイトのカリビアンコムガール
 

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.