Home arrow セックス体験談告白 arrow 童貞狩り熟女の官能小説

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

童貞狩り熟女の官能小説

張りのある見事な巨乳おっぱい揉み揉みする日焼けギャルの綺麗な若々しいプリンプリンな巨乳おっぱい乳首を吸いまくりアダルト動画
出会い系で出会ったアイは、俺の童貞を捨てさせてくれた恩人であり、若い子では満足できないカラダにされたという恨みもある。
アイみたいな熟女は熟れた肢体に、プロみたいなフェラチオのテクニック、やりたいことは何でもやらせてくれる大らかさ、包み込まれるような安心感と若い子にはない魅力がたくさんあるのだ。
そりゃあ、若い子には若い子のよさがあるが、落ちる寸前の甘くてジューシィな果実を味わってしまった後に、まだ青い果実を食べても、満足できないのがグルメというものだろう。
あまりの快楽に、自分勝手に射精してしまっても、やさしく微笑みながら、熟練の技術で、すぐに俺のちんぽを臨戦態勢に導いてくれる。
出産済みで避妊のリングをつけているから、中出しできるというのも、すばらしい魅力のひとつだ。
何度か若い子を試してみても、結局、アイのところに戻ってきてしまうが、アイは童貞が大好きらしく、なかなか会ってくれなくなってしまった。
仕方がないので、アイとの童貞喪失体験を思い出しながら、オナニーしたりするのであった。
アイとはじめて会ったときのことは、今でもはっきり覚えている。
期待していた以上に美しく、はちきれんばかりのグラマーなボディによだれがでそうだった。
二人でラブホテルにしけこんだときには、あまりの幸福にめまいがしそうだったものだ。
ねっとりとしたディープキスは俺をうっとりとさせ、早くも勃起していたちんぽをズボンの上からやさしくさすられただけで、射精してしまそうな危険を感じた。
アイは黒いブラジャーにパンティ、黒いガーターベルトに光沢のある黒い薄手のストッキングという姿で、俺の足元にひざまずいた。
「まずはフェラチオで、一回、射精しちゃいましょう?」
俺はいそいそとズボンと先走りでシミのできたパンツをぬぎ、そそりたったちんぽをだした。
「あ、あの・・・シャワー浴びてきましょうか?」
おしっこをした洗っていないちんぽをこんなきれいな人にしゃぶられるなんて、思ってもいなくて、あわてて立ち上がろうとしたら、ちんぽの根元を手で押さえられ、一気に口の中にふくまれた。
はじめての快感に背筋がぴんとなり、口が半開きになってしまった。
あたたかい口内につつまれたちんぽは、舌になぞられ、オナニーなんて比較にならないほどの快感がスパークしている。
手と唇でちゅぶちゅぶとしごかれ、舌を絡ませられているうちに、あっというまに、射精してしまった。
アイの口の中に、予告もしないで出してしまい、俺はおろおろと謝った。
「す、すみません・・・気持ちよくてつい・・・。」
アイはごくりとのどを鳴らすと、ぺろりと唇を舐めた。
「いいのよ。ごちそうさま。さすがに濃い精液ね。」
俺は精液を生まれてはじめて女の人に飲まれたという感動で、じーんとした。
下半身も快感でじーんとしびれていたが。
「ねえ、おまんこ、みたことある?」
アイにきかれて、俺はぶんぶんと首を左右にふった。
「じゃあ、みせてあげるわね。」
アイは自分でブラジャーとパンティを脱ぎ、ガーターベルトにストッキングのみといういやらしい姿になった。
俺は興奮して、ちんぽがゆるゆると起ちあがるのを感じた。
アイはベットに腰かけ、俺に向かって、M字開脚してみせた。
ぱっくりと大きく開いたおまんこは、濃いサーモンピンクで、貝を思わせた。
つやつやと光っているおまんこは小さな穴が開いているが、とても俺のちんぽが入るようには思えない。
俺は彼女のおまんこの前に座り込み、内ももに手を添えて、間近でじっとながめた。
ひくひくとうごめくおまんこは生き物のようで、ぷっちりとしたクリトリスは肉のボタンのようだ。
「舐めてもいいですか?」
彼女を見上げて、きいてみると、
「いいわよ。」
といって、両手でおまんこを広げてくれた。
俺はそっと唇をおまんこに近づけ、ぺろりぺろりと舐めあげた。
クリトリスや膣口、アナルまで、ていねいに舐めていると、俺のよだれとあふれてくる愛液がシーツまで伝って、水浸しになった。
「そう・・・気持ちいいわ・・・。」
夢中になって舐めまくっていると、アイのあえぎ声がもれてきて、ますます真剣に舐めてしまう。
「んん・・・あ・・・あふ・・・。」
小刻みに舐めたり、力をこめて舐めたりしていると、アイが、
「指を入れて、動かしてちょうだい。」
といってきた。
俺は人差し指をおまんこにあててみたが、どこに入れていいのかわからない。
アイは俺の手をとり、膣口から膣の中に俺の指を押し込んでいった。
「あ・・・ゴツくて・・・太い指・・・いい・・・。」
アイのうっとりした顔と指を包むあたたかくてキツい膣内の感触に、俺はすっかり興奮してしまった。
「ゆっくりと出し入れしながら、クリトリスもさわって?」
俺は言われたとおりに、クリトリスを指でいじりながら、膣に入れた指を出し入れした。
「あっ・・・いいわ・・・気持ちいい・・・。」
しばらく、指でおまんこを愛撫した後、ベットに横たわったアイに正常位で、ちんぽを挿入した。
といっても、アイの手に導かれて、誘導されるままに、ちんぽを膣口から奥に押し入れたのだが。
根元までずっぷりとおまんこに入れ終わると、満足感と達成感とようやく男になったんだという感激で泣きそうになった。
少しずつ、腰をふり、おまんこの中の感触を味わうと、気持ちよさがどんどん高まってきて、射精したくなってくる。
途中で動きを止めながら、なんとかがんばっていたが、アイのおまんこの気持ちよさに負けて、射精してしまった。
アイにいわれるままに、入れっぱなしにしていると、おまんこのひくつきでちんぽが再び勃起し、精液と愛液でぐちゅぐちゅいわせながら、出し入れしているうちに、アイも俺と一緒にイってくれた。
これが俺の幸せな童貞喪失体験だ。


EXショットのセックス体験談告白してくれる素人アダルトライブチャットの女性器見せるエッチムービー

 

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.