Home arrow セックスの体験談 arrow 野外露出で中出し体験告白

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

野外露出で中出し体験告白

爆乳おっぱいギャルの色白の極めの細かい美肌女性のムッチリ爆乳綺麗なピンク色乳輪おっぱいモンスターガール
出会い系で出会ったアイが新しい水着を着たいというので、海水浴に行った。
ビキニの水着は露出度が高く、男たちがじっと凝視しては、うらやましそうな目で俺をみる。
アイは顔もかわいいが、おっぱいも大きく、おしりもぷりんぷりんだ。
やせすぎてモデルみたいにガリガリっていうのよりも、アイみたいにぽちゃぽちゃと抱き心地がいい方が男好きする。
にしても、今日のビキニはちょっとした衝撃でぽろんとおっぱいが飛び出てしまいそうなグラビアアイドル並みの小ささだ。
もちろん、ハイレグのかろうじておまんこを覆っている下のささやかな三角の布地も、M字開脚したら、大事なおまんこがみえてしまいそうだ。
まずは、熱い砂にビニールシートを敷いて、アイのカラダにサンオイルを塗る。
ビキニのひもをほどいた背中にたっぷりとサンオイルをたらし、ぐちゅぐちゅと両手で広げる。
「あはは・・・くすぐったいよぉ・・・。」
アイの二の腕や脚まで、念入りに塗りたくり、他の男が寄ってこないように、すぐ側で見張る。
実際、ビキニをおっぱいの下にしいた色っぽい姿にうっとりとみとれながら通りかかる男たちは、明らかに連れである俺の姿をみると、悔しそうに舌打ちしながら去っていく。
俺もだんだん、ムラムラと股間がゆるく勃起しはじめるのを感じた。
「なあ、どうせなら、全身、ムラなく焼きたいだろ?」
アイの耳元でぼそぼそとささやくと、アイは素直に、
「うん。水着の跡をつけないで焼きたい。」
と頷いた。
俺はアイのビキニのひもを結ぶと、二人で手をつないで人気のない方へと歩いていった。
ずいぶん歩いたところの岩場のかげが死角になっているのを発見すると、そこにビニールシートを敷いて、ハダカになったアイにサンオイルを塗る。
今度は周囲に遠慮がないので、背中からおっぱいに手をすべらせたり、おしりをなでまわしたり、えっちないたずらをたくさんしてやった。
「あんまりいやらしい水着を着てくるから、さっきからちんぽが大きくなっちゃって大変だよ。」
俺は海パンから、勃起したちんぽを出してみせた。
アイはうつぶせに寝そべったまま、手を伸ばして、俺のちんぽにさわってくれる。
潮風と太陽が気持ちいい海辺で性器を露出するのは、思った以上に爽快だった。
しゅっしゅっとちんぽをしごかれると、甘い快感がじわっと広がっていく。
「ねえ、前屈するときみたいに、脚を大きく開いて、顔の前に座ってよ。」
俺は海パンを脱いで全裸になり、アイにいわれたとおりに、大きく脚を開いて、アイの目の前に座った。
アイはカラダを焼きながら、俺のちんぽをぴちゃぴちゃとしゃぶってくれる。
両手でちんぽをなでまわしながら、口でしごかれると、すぐに射精してしまいそうだ。
ちんぽがかちかちになって、どくどくと脈打つと、アイは口をはなして、手だけでまったりとちんぽをしごいた。
口での強烈な刺激がなくなった分、急激に上昇していた射精感は収まってきたが、手のゆるやかな刺激で、ほどよい気持ちよさは持続している。
野外露出フェラチオに夢中になっている俺の顔を面白そうにみつめているアイは、思い出したようにちんぽをちゅぷっと口に含んだり、二、三回口でしごいたり、じらすような刺激しか与えてくれない。
俺はだんだんじれてきて、
「ちゃんとフェラチオして、もうイかせてくれよ。」
とねだった。
「じゃあ、本気でフェラチオしちゃうよ。射精したくなっても、止めてあげないからね。」
アイはじゅぶっとちんぽを勢いよく咥えると、奥までずぶっと飲み込んだ。
れろれろと舌をスクリューのように絡ませて、ゆっくりと口から出す。
それに、手の動きが添えられると、射精のことしか考えられなくなるくらい気持ちがいい。
「あ・・・もう出そう・・・。」
ちんぽを口の奥まで咥えて小刻みにしごいてくれるアイの好意に甘えて、そのまま口内射精した。
あたたかい口の中に、精子を発射すると、そのまま飲んでくれるのが嬉しい。
「なんか・・・濃いね・・・。」
精子とよだれまみれのちんぽをティッシュで拭いたり、冷たいお茶で一息入れて休んだ後、アイを立ち上がらせて、おっぱい側にもサンオイルを塗りたくった。
おっぱいをもみもみして、すりこむようにオイルをなじませる。
ウエスト、おなか、太もも、足首から足の甲まで塗って、バスタオルで手をぬぐう。
全身サンオイルでテカテカになったアイは、なんだかいやらしさ三割増しという感じだ。
俺は太陽に向かってアイを立たせたまま、広めに開いた足元にひざまずいて、指でおまんこのワレメをなぞった。
野外露出フェラチオで興奮したのか、全裸で野外にいるスリルが影響を与えたのか、おまんこは愛液があふれだしていて、すぐにもちんぽが入りそうだ。
俺はワレメをなぞっていた指をちょっとずつおまんこの奥に侵入させていき、根元まで入れて、指先をぐるぐると回した。
「は・・・あ・・・。」
アイは俺の頭に両手でつかまりながら、感じている。
「滑ると危ないからさ、よつんばいになりなよ。」
普段なら獣のようで屈辱的なよつんばいを嫌うアイも、素直に岩場にヒザと手をついて、犬のような姿になる。
俺はぎんぎんにたち上がったちんぽの根元を手で支え、おしりをつかんで、一気におまんこに入れていった。
「あん・・・あっ・・・太くて硬いちんぽが・・・おまんこに入ってくる・・・。」
アイはカラダをのけぞらせて、ちんぽがまんこに入る衝撃を受け入れる。
俺が腰をアイのおしりにうちつけると、波の音に混じって、ぱんぱんというセックス独特の音が辺りに響いて、野性的な感じがした。
野外露出セックスは開放感と自由な感じがとても気持ちよく、アイのおまんこの奥に射精して、岩場に流れ出る白い精液をみながら、また夏が終わる前に来ようと思った。


天然むすめセックスの体験談をしてくれるオッパイぽろりしまくり素人娘たちの淫乱アダルトサイト

 

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.