Home arrow バイブ 体験談 arrow 野外露出混浴セックス体験

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

野外露出混浴セックス体験

生クリームを乳首に付けて犬舐めのように美味しそうに乳首を舐めるスケベ男性がグミみたいな勃起乳首を舐め舐めする無料アダルト動画
出会い系で出会ったアイは、正真正銘の変態女だった。
ルックスは清楚な感じで、かわいらしいのに、野外露出が大好きなのだ。
セックスはしたいが、野外露出は危険性も高い。
俺はネットで調べた穴場の混浴温泉に、アイを連れて行った。
髪が濡れないようにアップにまとめて、白いバスタオルを巻いたアイはとても色っぽくて、野外露出好きの変態だとはとても思えない。
岩風呂の露天風呂には誰もいなくて、貸切状態だった。
バスタオルを岩風呂のふちにのせ、輝くような白い肌をお湯に沈めたアイは頬がほんのり桜色に染まって、美しい。
俺は誰も入ってこないうちに、アイのおまんことアナルに防水バイブを押し込んだ。
後ろから、くりくりと乳首をいじりながら、バイブの動きにカラダをよじらせているアイの耳にささやく。
「もうすぐ他のお客さんが来て、アイのこのいやらしい姿をみてくれるよ。」
アイはぞくぞくとカラダを震わせ、目をうるませた。
ガラっと戸が開く音がして、若い男性が二人、露天風呂に入ってきた。
にぎやかに話しながら、通路を歩いてきた二人は、俺とアイに気がついて、はっとなった。
「すみません・・・ご一緒してもいいですか?」
「かまいませんよ。」
俺がにこやかに答えると、ガタイのいい男性たちはお湯に浸かって、ちらちらとアイの方をうかがった。
アイは両手でおっぱいを隠している。
にごり湯なので、おまんことアナルに入れられたバイブは見えないが、お湯からあがることもできない。
「ご旅行ですか?」
色黒のマッチョな男がアイに話しかけた。
「そうなんですよ。」
バイブのうねりを我慢していて、声の出せないアイに変わって、俺が答える。
「カップルで温泉なんてうらやましいなあ。」
色白のマッチョな男が俺をうらやましそうに見る。
温泉がというよりも、アイとセックスできるのがうらやましいのだろう。
「彼女がこういうの、好きなんで、付き合わされているんです。」
といいながら、隠し持ったバイブのスイッチを強にする。
びくんと飛び上がったアイは、必死で声を抑えている。
「どうしました?大丈夫ですか?」
色黒の男は、アイに近づいて、心配そうに声をかける。
こくこくとうなずきながら、アイはあとずさった。
近づくのを止めた男は、アイの様子をうかがっている。
俺は後ろからアイに近づき、アナルのバイブを出し入れした。
「のぼせちゃったのかな?もうあがるかい?」
「く・・・だい・・・じょうぶ・・・。」
色白の男がおせっかいをやく。
「顔が真っ赤だ。湯あたりしないうちに、一度、あがった方がいいですよ。」
ふらふらしているアイを俺は後ろから支えて、立ち上がらせた。
二人の男の目の前に、バイブをくわえ込んだおまんこがさらけ出される。
おっぱいはなんとか両手でかくしているが、それも逆に、いやらしい感じだ。
男たちはアイのおまんこに釘付けになり、ごくりと生唾を飲み込んだ。
ぐいんぐいんとバイブがうねり、アイは羞恥と喜びで頬を染めた。
「この子は野外露出が大好きなんです。すぐに連れて行きますから。」
俺がアイを連れて行こうとすると、二人の男は引き止めた。
「せ、せっかくですから、もう少しみせてくださいよ。僕たちは何もしませんから。」
「そうですよ。あなたの許可なしには、彼女にはふれませんから。」
俺は内心、ニヤリとほくそえんだ。
「アイ、親切な方たちでよかったね。たっぷり、アイのいやらしいところ、みてもらおうね。」
アイがおっぱいをおおっていた手をよけさせると、すっかり大きくなった乳首とボリュームのあるおっぱいがあらわれた。
「アイちゃんのおっぱい、すごいね。」
色黒の男がうっとりとアイのおっぱいをみつめる。
「乳首をこんなに大きくして、いやらしい子だね。」
俺は耳元でささやきながら、乳首を指でぐりぐりといじった。
「あっ・・・。」
アイは悦びの声をもらす。
さらに、おまんこに咥えこまれたバイブをぐちゅぐちゅと出し入れした。
「ああ・・・あん・・・。」
俺にもたれて、感じまくっているアイの姿はいやらしく、俺はその場の空気がはりつめるのを感じた。
「すみません。ちょっと立っていただけますか?」
俺が色黒の男に頼むと、彼は素直に立ち上がった。
反り返ってお腹についたちんぽは、凶暴に勃起している。
「ほら、アイのいやらしい姿をみて、ちんぽを大きくしてくださったよ。お礼にフェラチオしなさい。」
俺はアイを色黒の男のところへ連れて行くと、男の前にしゃがませた。
アイはどす黒いちんぽを口の中に咥えこみ、じゅぶじゅぶとしゃぶりはじめた。
「ああ・・・アイちゃん、すごく気持ちがいいよ・・・。」
色黒の男はアイの頭に手をおいて、アイがフェラチオしている姿を凝視している。
「あなたもいかがですか?」
色白の男に声をかけると、男はいそいそと、色黒の男の隣に並んだ。
すっかり勃起したちんぽは白っぽく、細長い感じだ。
アイは二本のちんぽを交代でしゃぶりながら、手でしごいている。
男たちはあえぎ声をもらしながら、アイをみつめている。
俺はアイのおまんこからバイブを抜き、ちんぽを入れた。
「んん・・・ああ・・・。」
ゆっくりとおまんこに入れられていくちんぽを受け入れながら、見知らぬ男のちんぽをしゃぶっているアイはくぐもったあえぎ声をあげ、腰をゆらしている。
やがて、男たちがアイの顔に顔射し、アイのかわいい顔を精液まみれにすると、アイの膣の中は悦びできゅっとしまり、俺もアイの中に精液を吐き出した。


アキバ本舗バイブ 体験談のオリジナル無修正アニメから人気AV女優まで多彩なジャンルの人気アダルトサイト

 

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.