Home arrow SEX体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

SEX体験談
女性用の官能小説


私が出会い系を使ってしまったのは、職場がおじさんばっかりで、自分もこのまま枯れていってしまうのかなあと不安になったからです。
たまにいっしょに遊びにいく学生時代の女友達たちは、毎回、楽しそうに彼氏や職場の独身男性の話で盛り上がります。
女性である楽しみをエンジョイしている彼女たちに比べて、私はひとり取り残されたような心境でした。
「今度、合コンしよう。いい男、紹介するよ。」
「若いうちに遊んでおかなくちゃ、結婚しちゃったら遊べないよ。」
彼女達はそういいますが、自分達のことで忙しくて、私のことなんかすぐに忘れてしまいます。
結局、自分でなんとかするしかないのです。
誰にも知られず、誰とも接点のない男性と知り合うには、出会い系は最適でした。
しかも、普段なら恥ずかしいようなことも、顔が見えないメールなら、簡単に打ちあけやすいのです。
個人情報は漏らさないように注意しながらも、私は人にはいえなかったようなかなり内面的なことまでサトルという男性と打ちあけあってしまいました。
自分のことをわかってもらえたような気になると、会ったこともないのに、すごく親しくなったような気がするものです。
私とサトルは会う前から、恋人同士になったように盛り上がり、やっと待ち合わせの日時が決まったときには、待ち遠しくてたまりませんでした。
でも、実際にサトルに会ったときには、想像していたよりもかなり普通の人で、ちょっとがっかりしました。
なんだかもっさりとした印象の男性で、メールでの繊細な文章からはかけはなれた感じだったのです。
それでも、メールでの約束通りにいっしょにラブホテルに行き、シャワーを浴びて、裸で抱き合うと、久しぶりの人のぬくもりにほっとしてしまいました。
「抱き合ってると、あたたかくてほっとするね。」
まるで私の頭の中を読まれたように言葉にされて、私は驚きました。
私をぎゅうっと抱きしめていた男らしい大きな手が髪をそっとなでたり、壊れ物にさわるようにやさしく肌にふれはじめると、じんわりとしたあたたかさが体中に広がっていって、私はずっと一人でさみしかったんだということに気づきました。
サトルの手と唇と舌がもっさりとした外見に似合わず、繊細にていねいに私の体をすみずみまで這い回ると、私のおまんこは気持ちよさとじれったさで切なくなってきて、早くふれてほしいと涙を流します。
サトルの舌は太ももからシーツに流れ落ちている愛液を舐めとるのに忙しく、サトルの手はウエストやおっぱい、おなかをなでまわすのに夢中で、おまんこにはかまってくれません。
手や足の指までしゃぶられ、舌で舐められているのに、おまんこにはノータッチという状態で放置され、もう限界です。
私はサトルのよだれで汚れている自分の指でおまんこを開いて、
「ここ・・・おまんこ舐めて・・・。」
とおねだりしてしまいました。
私の足首にキスをしていたサトルはちょっと驚いた顔をしましたが、すぐに私のおまんこを舌でぺろりぺろりと舐めてくれました。
ゆっくりとアナルからクリトリスまで舐め上げるように舌を使ったり、ちろちろと早く小刻みに舌を動かしたり、じっくりと大好物を味わうようにずっと舐め続けます。
クリトリスを細かくやさしく舐められ続けて、私は軽くイってしまいました。
一度イったクリトリスを続けて舐められていると、気持ちいいけどツラい感じになってきて、
「お願い・・・指、指でしてぇ・・・。」
とさらにはしたない要求をしてしまいます。
サトルはよだれと愛液でびちゃびちゃのクリトリスを指でこりこりといじり、
「これでいい?」
とききます。
敏感になっているクリトリスをさらに指でいじくられて、おまんこの奥がきゅんきゅんとなりますが、快感が強すぎて、おしりで後ろに逃げようとしてしまいます。
「ああ、もしかして、こうかな?」
サトルのごつごつした指が膣にぐいっと奥まで押し込まれて、身動きが取れなくなりました。
おまんこの中のクリトリスの裏の一番感じるところとクリトリスをダブルで攻撃されて、私は感じているのかツラいのかわけがわからないくらいの快感であえぎまくりました。
「やだぁ・・・もういやぁ・・・イイっ・・・。」
イってもイってもいいところを刺激され続けると、イきすぎてもういやっていう感じになって、何も考えられません。
「いやなのかイイのかどっちなのかな?」
「もうちょうだい・・・入れてほしいの・・・。」
指でおまんこに与えられる快感が強すぎて、私は助けを求めるように、ちんぽの挿入をせがみました。
「うーん。もう?まだアイさんの体、さわっていたかったんだけど・・・。」
挿入まで何時間かけるつもりなのでしょうか。
すでにあえぎ声がかれて、ハスキーボイスになりかかっている私は、必死でねだりました。
「お願い!もう待ちきれないの・・・あなたのおちんぽ入れて・・・。」
やっとサトルはちんぽにコンドームをつけて、ゆっくりとおまんこに挿入しました。
長時間の愛撫でじらされきっていたおまんこはちんぽに大喜びでまとわりつきます。
「キツ・・・けっこう指で拡げたつもりだったのに・・・足りなかったかな。痛くない?」
ややおまんこを押し拡げる感じで入ってくるちんぽは、まさにジャストフィットで、気持ちよくてたまりません。
「んん・・・気持ちいい・・・すごく・・・いい・・・。」
うっとりとしている私の唇に、ディープキスをしながら、ちょっぴりちんぽを引き抜いてはまた奥に押し込んでいるサトルは、ものすごく真剣な顔をしています。
「なじんできたみたいだから、ちょっと乱暴に動くよ。」
宣言通り、ちんぽを限界まで抜いては奥までずんっと突かれたり、ものすごく高速で動かれたりして、私の口からはあえぎ声しかでません。
「や・・・あ・・・んんっ・・・ああっ・・・。」
足を限界まで高く持ち上げられて、奥をこすられるようにちんぽを動かされて、私はイってしまいました。
私はもうおなかいっぱいなのに、サトルはなかなかイってくれず、サトルがイったときには、動けなくなるくらいダルくなってしまいました。
呆れるくらいこってりとしたサトルのセックスは、一週間もすると私の体をうずかせ、気がつくと私達はラブラブカップルになってしまっていたのでした。


SEX体験談の無修正ライブチャットでオマンコ丸見えアダルトチャットのカリビアンコムガール
 
人妻熟女公開セックス体験談


出会い系で出会ったアイは人妻で、俺より年上の美熟女だった。
かなり年上のダンナさんとは、もう思い出せないくらい前にセックスしたきりで、ずっと空き家状態。
まさに食べ頃って感じの女盛りの肉体は、誰にも食べられないまま、たいへんもったいないことになっていた。
世の中にはヤりたくてたまらん男が大勢いるっていうのに、アイみたいに淫乱な人妻の性欲を誰も満たさないっていうのは、ホントに惜しいよねえ。
自分が浮気なんて考えられなかったアイは、ずーっと女としての自分を抑えこんでいたらしい。
でも、ダンナさんの浮気相手が自宅までのりこんできて、ぷちーんっと糸が切れちゃった。
そっからはもう、若い男と浮気しまくり。
俺と出会った頃には、すっかり淫乱のセックス好きになっちゃってたね。
美人で淫乱で、あとくされがない人妻。
太ってるわけじゃないけど、スレンダーでもないギリギリのバランスを保ってるプロポーション。
俺、肋骨が浮いてたりするような女、ダメなんだよね。
なんか気持ち悪いじゃん。
女はやっぱり、抱いててやわらかくて、ふわふわした感じじゃないとさー。
アイはかなり俺の理想に近い。
手のひらサイズのおっぱいに、薄いベージュの乳首。
ウエストはきゅっとくびれてるし、おしりだってちゃんとあがってる。
ぷりんとしてて、すべすべのおいしそうなおしりだ。
なめらかな太ももに・・・すぐにたっぷりの蜜をあふれさせるおまんこ。
しかも、年上だから、俺がやんちゃなことをしても、包み込んでくれるってゆーか。
俺の方が先にイっちゃっても、全然気にしないでくれるし。
セックスの相手としちゃ、最高だと思う。
アイも俺を気に入ってくれてるみたいで、割と頻繁に会って、セックスしてた。
ある日、アイに連れられてラブホテルに入ったら、コンコンとドアがノックされた。
アイがドアをあけると、ちょっと太目の女と小柄な女が部屋の中に入ってきた。
太目の女はかわいい顔してるけど、おばさんって感じで、小柄な女はおっぱいがでかいのだけがとりえってわかってるみたいで、巨乳を強調した服を着てる。
アイはにこにこしながら、俺に二人を紹介した。
まさかこいつらも入れて4Pとかいわないよな?
俺はぞっとしながら、愉しそうに微笑んでいるアイの顔を窺った。
「今日はね、私のお友達に、私がセックスしてるの、みててもらおうと思って。」
さらっと今、すげえこといわれた。
アイって露出狂なのか?
露出狂にしたって、フツー、友達にセックスみせたいとか思うか?
俺の戸惑いを放置して、アイの友達はベットの側に移動した。
アイはどんどん服を脱いでいき、すっぱだかになって、ベットに寝そべる。
「ねえ、早く来てぇ。」
アイは脚を大きく開いて、おまんこをむき出しにしていて、そのおまんこの気持ちよさを知っている俺は、もう我慢できなくなった。
乱暴に服を脱ぎ捨てて、アイの肢体におおいかぶさる。
ごくりとつばを飲む音がきこえた。
アイのおっぱいを手でいじりながら、舌を絡ませあうように濃厚なキスをする。
「はあ・・・アイってホント変態だよな。」
乳首をきゅっとつまみながら、俺は嬉しそうにあえいでいるアイを見下ろす。
友達に見られて興奮しているのか、今日のアイはすごく敏感だ。
「だって、お友達にサトルのこと話しても、全然、信じてくれないんですもの。」
アイは俺とのセックスを友達に自慢していたらしい。
「早くサトルのちんぽ、お友達にも見せてあげて。」
アイの手が勃起している俺のちんぽをトランクスの上から、何度もなぞって、俺のちんぽはびくびくと震えた。
トランクスを脱ぐと、俺のちんぽは先走りをたらして、ぬめぬめと光っていた。
「大きい・・・。」
「あんなのおまんこに入るのかしら。」
一瞬、息を呑んだギャラリーから、うらやましそうな声があがる。
アイは俺の脚の間に入ると、みせつけるような激しいフェラチオをはじめた。
ぺちゃぺちゃと舌でちんぽ全体を舐めまわし、ちゅぶっと口に咥える。
俺をイかせる気はないようで、指を使わないからまだ射精を我慢できるが、ヤバいくらいに気持ちいい。
「ちょっと・・・ヤバいって・・・。」
アイは俺のちんぽを咥えたまま、上目づかいで俺を見上げる。
「サトルだって、興奮してるじゃない。変態~♪」
確かにギャラリーがいるのに、平気で勃起している俺は変態入ってるのかもしれない。
コンドームを俺に手渡した俺は、自分の指でおまんこをくちゅくちゅといじりはじめた。
「今日はもう前戯しなくていいから、ちんぽ、おまんこにちょうだい。」
アイの指がおまんこからあふれる蜜をかきだすように動いている。
俺はいそいそとコンドームを装着しながら、アイの淫らなオナニーを眺めた。
やっとコンドームをつけたちんぽをアイの膣口にあてがう。
「早く入れて・・・。」
アイの言葉が終わる前に、俺はアイのおまんこに侵入した。
前戯してないおまんこは、人妻だとは思えないほど狭くてキツい。
熟れた果実のように、アイのおまんこからは蜜がしたたる。
「はんっ!おっきくて硬いわ・・・。もっと奥まできてぇ。」
アイにいわれるまま、俺はちんぽでアイのおまんこの奥を突いた。
熱い・・・しかも、まだイってないのに、おまんこの中がうねっている。
俺はギャラリーに早いと思われたくなくて、射精感を必死でこらえた。
体位を変えて時間を稼ぐ。
俺は腰を振りながら、公開セックスだけで終わるように祈っていた。


SEX体験談オリジナル素人たちの盗撮淫乱セックスムービーを配信している投稿大魔王

 
お姉さんとハメまくりセックス告白
ハミ乳マッサージでビキニから乳房がはみ出すエッチな色白な美人娘の体を念入りにマッサージするバストケアの乳マッサージ
メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。
スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。
俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。
バリバリのキャリアウーマンだというアイは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。
ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。
アイの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。
かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。
でも、アイとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。
セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているアイをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。
アイは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。
俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。
三回に一回は我慢できずに抱きついて、アイに叱られている。
アイの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。
あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。
今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。
実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。
アイがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。
アイのストリップは何度みても飽きない。
今日のパンティは光沢のある赤で、アイの白い肌と黒いストッキングに映えている。
ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。
まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。
アイがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。
とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はアイに飛びついた。
「あんっ!もうサトルはせっかちなんだから。」
おっぱいをもみながら、キスをせがむと、アイは苦笑しながら、応じてくれる。
にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。
「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もサトルのちんぽ、元気に勃ってるわね。」
メガネをかけたアイの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。
俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。
ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。
濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。
「ん・・・ねえ、早くほしいの。」
アイは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。
アイの足元に座って、立ったままのアイのおまんこをクンニする。
ワレメを舐めながら、アイの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。
「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」
「サトルに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」
「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」
俺はアイがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。
「もうクンニはいいから、サトルのちんぽ入れて。」
アイは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。
俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。
「いじわるぅ!早く入れてぇ!」
俺を振り返っておねだりするアイの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。
「ああんっ!」
アイが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。
メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、アイのウエストをつかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。
「これぇ・・・硬くて太いサトルのちんぽがほしかったの・・・。」
俺がずんっと突くたびに、アイはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。
アイの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。
「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」
感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るアイの顔がみたいからだ。
そのままアイをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。
「はぁぁぁんっ!」
アイが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。
「イイっ!サトルのちんぽ、すごくイイよ!」
ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、アイはすぐにイきそうになる。
「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」
俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。
「やっ!イく!イっちゃう!」
アイのおまんこがぎゅうっとしまる。
メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。
一度アイがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。
射精感をこらえながら、俺はアイの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。


マニアックマックス1SEX体験談オリジナル無修正エッチサイトの過激おまんこ女性器専門エロサイト
 
和服熟女SM官能小説
チンポ触りまくりのチンポ大好き熟女の巨乳おっぱい揉み揉みしまくりスケベ顔の奥様との昼下がりの淫乱セックス不倫動画
出会い系で出会ったアイとは、不思議な関係だ。
アイはM女でご主人様がいて、そのご主人様とのプレイの一環として、俺とセックスしているらしい。
俺とのセックスの間中、ハンディカムで撮影していて、後でご主人様に渡して、おしおきしてもらうんだそうだ。
俺としては複雑な心境だが、アイの熟れきったカラダとすばらしい肢体、乱れてもなお美しい顔、熟練したフェラチオのテクニックなどがあまりによすぎるので、仕方なく付き合っている。
アイはいつも和服で待ち合わせにやって来て、俺とラブホテルの一室に入ると、自分で和服を脱いで、ハダカになる。
いつも赤いロープで亀甲縛りに縛られているアイのカラダは、いやらしさが強調されていて、何度見ても興奮してしまう。
アイも縛られたまま和服を着て、外出するということに、興奮するらしく、おまんこを愛液で濡らしている。
たまに、おまんこをくくっているロープの下に、バイブがうごめいていることもあったりして、そんなときのアイのおまんこは大洪水で大変なことになっている。
今日のアイは乳首に小さなクリップとそれをつなぐチェーンで、おっぱいをドレスアップしていた。
アナルにはアナル拡張栓がはめられており、おまんこには中太のバイブが入っていて、歩いているうちに飛び出てしまわないように、ロープが支えている。
当然、おまんこからは愛液が流れまくっていて、太ももを濡らしている。
アイは緋色の襦袢を脱いでも、白い足袋は脱がないので、さらに愛液が流れると、足袋まで汚してしまいそうだ。
俺はハンディカムでアイのストリップを撮影していたが、アイがハダカになったところで、アイの乳首からクリップを外した。
片手にハンディカムを持っているから、ひとつずつしか外せず、外れた片方のクリップが乳首にぶらさがり、アイが悲鳴をあげた。
「あっ・・・。」
俺はのんびりと、もう片方のクリップを乳首から取り除いた。
長時間クリップに挟まれていた乳首は赤くなっており、刺激に敏感になっているようだ。
大きくはれあがった乳首をしゃぶると、
「あふん・・・あん・・・。」
アイが気持ちよさそうな声をあげた。
交互に左右の乳首をしゃぶっても、あえぎ声しか出さないので、どうやらクリップで傷ついてはいないようだ。
「今日は何かご希望は?」
すでにうつろな顔でよがっているアイにきくと、
「おまんことアナルの両方に、おちんぽを入れてほしいです・・・。」
とささやいた。
「アナルはキレイにしてありますし、拡張してありますから、おちんぽがスムーズに入ると思います。」
今撮影している映像を消音にしたら、とてもこんないやらしいことをいっているようにはみえないような上品な顔だ。
「ふーん。で、おまんことアナルのどっちを先にしてほしい?」
乳首を弄びながら、アイの表情を撮影し続ける。
「おまんこのバイブを抜いて、アナルに入れて、先におまんこにおちんぽがほしいです。」
頬を染めながら、アイがいうので、さっそくロープをずらして、おまんこのバイブを抜き取った。
じゅぶじゅぶになったおまんこは、もうすっかりちんぽを迎え入れる準備が完了しているようだ。
俺はアナル拡張栓をしたままのアイのおしりの穴に、バイブを入れるフリをした。
「あっ・・・アナル栓を抜いてくださらないと入りません・・・。」
白いおしりから、赤い持ち手のついたアナル拡張栓が出ているのは、非日常的で、妙に扇情的だ。
「さっきはそうはいわなかったよな?」
アナル拡張栓を咥えこんでいるおしりの穴をアップで撮影し、愛液まみれのバイブでぐりぐりと広げられているおしりの穴をつつく。
「ごめんなさい・・・お願いですから、アナル栓を抜いてください。」
もともと強引に入れる気はないので、乱暴にアナル拡張栓をおしりの穴から抜き取った。
あいたアナルに、中くらいの大きさのバイブをするりと入れ込む。
このくらいの太さのバイブがこんなに楽に入るのなら、アナルセックスも簡単にできるだろうと思った。
アイをベットに仰向けに寝かせ、アナルのバイブのスイッチを入れて、M字開脚させ、アナルやおまんこ、おっぱいやよがっている表情を舐めるように撮影した。
アイのご主人様は、この映像をみて、嫉妬にかられたりしないのだろうか?
俺はアイのじゅくじゅくのおまんこに指を入れて、出し入れする様子もギリギリまでハンディカムを近づけて記録した。
愛液がしたたっているおまんこはもう指一本程度では満足できないらしく、膣内にはかなりの余裕がある。
「もう・・・おちんぽください。」
アイにせがまれて、俺はロープを横にずらして、ちんぽをおまんこに挿入した。
すぐに奥まで入ったが、おまんこの中に入れてしまえば、ほどよくちんぽにフィットするややキツめのおまんこだ。
ハメ撮りしながら、乱暴に腰を打ちつけ、気持ちよくなってきたら、膣内に思いっきり中出しする。
ちんぽをおまんこから抜いて、おまんこから白い精液が流れ出てくるところも撮っておく。
荒い息がおさまっていないアイに、軽くフェラチオしてもらって、ちんぽを勃起させると、今度はアナルに挿入した。
おまんことは比べ物にならないくらい狭いアナルは、一度射精しているのにもかかわらず、みるみる射精感を高めていく。
どうやらアイは、おまんこよりアナルセックスで感じるように調教されているらしく、おまんこに入れられているときよりも、激しくあえいでいる。
「もう・・・イきそうです・・・イっていいですか?」
アイは必ず、イくときに許可を求める。
「いいよ。イけよ。」
さらに、腰をうちつけると、ちんぽが食いちぎられそうにアナルがしまった。
衝撃でアナルの中に、思いっきり二発目の精子を吐き出してしまった。
おまんことアナルの両方から、精液を垂れ流しているアイを撮影しながら、この奇妙な関係は当分止められそうにないとため息をついた。


カリビアンコムプレミアムSEX体験談オリジナル過激な無修正オリジナル淫乱ハメ撮りHサイトのペイパービュークリックサイト
 
制服痴漢プレイ告白プレイ
複数人数の男性から体を弄られまくりのAV女優の乱交プレイでスケベな体をもみくちゃにされる乱交レイプのエッチシーン
出会い系で出会ったアイとは、制服痴漢プレイを楽しむ仲だ。
ラブホテルも電車風の内装になっているところを選び、電車の音のBGMを流しながら、本格的に楽しむ。
俺は痴漢役なので、いつも普段着なのだが、アイはかわいらしい制服を何着も持っていて、部屋についてから着替えることにしている。
以前は、自宅から制服姿だったのだが、ある学園の制服姿が自然すぎたために、補導されてしまいそうになったことがあったのだ。
補導員は俺のことを未成年をたぶらかす犯罪者という目でにらんでいたが、アイが免許証をみせると、ちょっとうらやましそうな顔で去っていった。
とにかく、アイはどんな制服もよく似合う美少女といっていいルックスなのだ。
実際は、美少女と呼べるような年齢ではないが、見た目が美少女なら、むしろリスクが少なくていい。
そんなアイに思うがままに痴漢できるのは、この上もない喜びだ。
実際、リアルに痴漢をすれば犯罪だし、嫌がられているのを無理にわいせつ行為をして、相手の女性に迷惑をかけるのも心苦しい。
痴漢プレイだと周囲にバレるんじゃないかというスリルはないが、その分、現実ではありえないようなハードなエロが楽しめる。
今日のアイはベージュのベストに白いブラウス、赤いタイ、紺色のプリーツスカートに、ハイソックスという制服姿だ。
毎回の定番として、ブラジャーは白のフロントホック、パンティは白の清楚なものと決めてある。
アイは右手でつり革につかまり、左手に学生かばんを下げている。
俺は後ろからぴったりとアイに密着するように立つ。
アイはもぞもぞとカラダを動かして、俺から離れようとするが、がっちりとマークして逃がさない。
ヒザの後ろあたりから、するると右手をすべらせて、スカートの中に手をもぐらせる。
パンティの上から、おしりをなで回し、左手をベストの中につっこむ。
胸のあたりから順に、ブラウスのボタンをはずしていき、フロントホックのブラジャーをはずす。
ベストの中で開放されたおっぱいを直にさわりまくり、すべすべの肌とやわらかい手触りを楽しむ。
乳首を指でいじくって勃起させてみたり、ぎゅっと強めにつまんでみたり。
「や、やめてください・・・。いや・・・。」
アイは小さな声でささやいているが、抵抗はしない。
おしりをなで回していた右手は、しりたぶをもみもみしていたが、するりと前の方にまわり、うちももをなで回し始めた。
じわりと脚の付け根の方にいってはまた戻り、またじわりと脚の付け根の方までなで回す。
おっぱいの方もやわやわとやわらかく手のひらでおおうようにして、直接的な刺激は加えない。
じれったくなるくらいじらした後で、パンティの上から強めにワレメをなぞってみた。
しっとりと湿っているパンティはアイの愛液が染みていて、アイが実はかなり感じていることを証明している。
パンティの脇から指を差し入れて、直接、おまんこにさわってみると、おまんこは愛液があふれて、びちゃびちゃになっていた。
おっぱいをもむ手にも、自然に力がこもり、強くわしづかんだり、乳首に指をこすり合わせたりして、強い刺激を与え続ける。
指がクリトリスにふれると、待ちわびていたらしいアイはびくんとカラダを震わせた。
おまんこのワレメで指を曲げたり伸ばしたりするだけで、ちゅくちゅくと愛液がまとわりついてくる。
「ん・・・く・・・。」
痴漢にあっているのに、感じるわけにはいかないアイは、あえぎ声を必死で我慢している。
愛液が指に十分な湿り気を与えたところで、ずぶっとおまんこに指を突っ込む。
「あっ・・・。」
思わず声を漏らしたアイは、おまんこをしめつけて、指の侵入に抵抗しようとするが、じりじりと指を入れられて、おまんこの奥の方で指先だけ動かされると力が入らないようになってきた。
指を出し入れするのには、パンティがジャマなので、おっぱいをいたずらしていた手を一度離して、パンティをヒザまでずり下げた。
まあ、実際の痴漢ではこんなことはできないだろうが、そこは痴漢プレイなので、快楽を優先する。
パンティのジャマがなくなったところで、指をずぼずぼと出し入れして、ちんぽを入れるための下地を作る。
「お姉ちゃん、ずいぶん、濡れてるねえ。」
アイの耳元でいやらしくささやくと、
「いや・・・もうやめて・・・お願い・・・。」
といいながら、カラダを硬くする。
「カラダはもっとっていってるよ?ほら、きゅうきゅうおまんこが指に吸い付いてる。」
愛液をあふれさせながら、指に吸い付いてくるおまんこは、早くちんぽを入れたい気持ちにさせる。
「乳首だって、びんびんにおっ立ってるし。」
乳首をちょっと痛いくらいに、指でつまむ。
「あっ。もう許して・・・。」
俺は一度、アイから離れ、すべてのいたずらを止めた。
アイはパンティをヒザまで下ろされ、太ももに愛液をたらした状態でつり革にしがみついている。
「は・・・や、やめちゃいやぁ・・・。」
アイが我慢できなくなって、俺を振り向いたところで、取り出したちんぽをぐぶぐぶとおまんこに入れた。
放置されて、刺激に飢えていたおまんこは、俺が乱暴に押し入れるちんぽを貪欲に飲み込んでいく。
奥まで入れたところで、アイのおっぱいを両手で後ろからわしづかみにして、ぱんぱんと腰を打ちつけた。
「や・・・いい・・・うう・・・はぁ・・・。」
自分も腰を動かして楽しんでいるアイはもう痴漢されている美少女ではなく、ただの淫乱娘だ。
「イっちゃう・・・もうイくの・・・。」
アイがカラダをのけぞらせてイくのと同時に、熱くてこってりとした精液をアイのおまんこの中に吐き出した。
愛液と混じりあった白い精子はアイの太ももを伝い、ハイソックスへと流れたのだった。


のぞきザムライSEX体験談で盗撮される女の子たちの野外露出の露天風呂の無修正ノーカット映像満載です。
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 1 - 5 of 6

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.