Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

セフレ人妻の官能小説

温泉入浴インタビューの女子風呂で綺麗な女の子2人組みの全裸ヌードのスケベボディー温泉エッチ番組
出会い系で出会った人妻のアイは、スレンダーな知的美人だ。
週4くらいで外で働いているだけに、こぎれいな感じがする。
仕事や家庭のストレスをぱあっと発散するために、あとくされのないセフレがほしくて、出会い系を利用したらしい。
ホテル代彼女持ちで、女ざかりのカラダをたっぷりと堪能できる今の関係は俺にとっても理想的だ。
待ち合わせ場所でアイをピックアップし、即ラブホテルに直行する。
「シャワー浴びるから、好きなもの食べてて。」
彼女のストリップとシャワーシーンを眺めながら、ルームサービスのおにぎりで腹ごしらえして、これからのセックスに備える。
濡らさないようにまとめられた髪とメガネをとった意外と幼い素顔は、アンバランスで逆に萌える。
アイが桃色にほてったカラダにバスタオルを巻いてベットに来る頃には、俺のちんぽは臨戦態勢になっていた。
「ねえ、メガネかけてしゃぶってよ。」
俺が甘えたようにいうと、アイはため息をつきながら、メガネをかけて、俺の汚いままのちんぽをしゃぶってくれる。
冷たい印象をうけそうな整ったアイの顔が俺のちんぽを咥えて、うっすらと赤らんでいるのは、何度見てもいい。
われながら臭くて衛生的とはいえない俺のちんぽを潔癖症にもみえるアイがためらいなく咥えてくれるのは、いつもちょっと不思議だ。
ちんぽの根元から先端まであますところなく、ていねいに何度も舐めてくれる。
玉袋をしゃぶり、ちゅるちゅると奥まで咥えてもらうと、俺のちんぽは射精寸前にまで追い込まれた。
「もういいよ。今度は俺が舐めるから。」
アイがベットに仰向けに横たわると、俺はプレゼントの包装をはずすように、左右にバスタオルをめくる。
白くてすべすべの肌はなめらかで、水のしずくを十分に弾いている。
スレンダーで余分な肉なんてついていないウエストとたわわに実ったおっぱいがすばらしく、つややかな茂みの奥のおまんこの具合のよさは何度も経験済みだ。
早くまた気持ちのいいおまんこに入り込みたいと俺のちんぽは痛いくらいにいきりたっている。
俺は無防備なアイのカラダに覆いかぶさり、濃厚なキスをした。
俺の人生でこんな美人にキスする機会はそうないだろうと思うと、自然に熱心にしつこいくらいむさぼってしまう。
舌を絡ませあって、唾液を交換していると、上品なアイを汚しているような背徳感と激しい興奮を感じる。
形のいいおっぱいの頂に手を伸ばし、すでに大きくなった乳首を指でもてあそぶ。
もう片方の手でおっぱいをもみしだきながら、思い出したように乳首をなぶっているうちに、アイの口からあえぎ声がもれはじめた。
「んん・・・ふ・・・あ・・・。」
乳首をしゃぶり、舐めまわしていると、ふさぐもののなくなったアイの口からはひっきりなしに嬌声がこぼれおちる。
「ああ・・・んん・・・あん・・・。」
おっぱいからウエスト、おへそと舌でたどり、おまんこに到達する前に、むっちりとした太ももに寄り道する。
痕をつけない程度にちゅばっとキスしたり、舌をはわせて、唾液の跡をつけて楽しんでいると、アイがじれったそうに悲鳴をあげる。
「おまんこ、おまんこ舐めてぇ。」
アイの真っ赤になって切なげに眉を寄せた色っぽい表情をみていると、俺もじらしている余裕がなくなってしまった。
れろりとおまんこを舌で舐めあげると、満足そうなあえぎ声があげられる。
「あは・・・ああ・・・。」
何度も何度もアナルからクリトリスまで舐め上げ、途中、ねじ込むように膣口やヒダを舌でくすぐっていると、おまんこは愛液と俺の唾液でどろどろになった。
そろそろ、指を入れて広げようかと思っていると、勃起したちんぽをアイに握られた。
「もう、もうおちんぽ入れて?もう我慢できない。」
俺は愛液と唾液で濡れそぼった膣口に、先走りをあふれさせているちんぽをあてがい、ぐぐっと押し込んだ。
自分から大きく脚を開いているアイはちんぽがおまんこに入ってくる感触を楽しんでいる。
「ああ・・・大きい・・・押し分けてくる・・・。」
指でならさなかったせいで、おまんこはちんぽによって広げられるように、めりめりと受け入れていく。
まだ未熟なおまんこを持つ若い子には痛みになりそうなその感覚は、アイみたいな熟女には快感になるらしい。
俺にとっても、狭い秘肉を押し広げる気持ちよさは独特の快楽をもたらしている。
全部をおまんこに飲み込まれたときには、いいようのない満足感につつまれた。
この感覚は風俗では味わえないと思う。
セックスに飢えている熟れた女のおまんこに、ずっと待ち焦がれられたオスのちんぽを悦ばれながら挿入する。
商売で義務的に日に何本もちんぽを咥えているおまんことは、比較になるはずもない。
熱くて狭いアイのおまんこは、ようやくしゃぶることのできたちんぽをぴったりと包み込み、逃がさないように、まとわりつく。
そして、一滴でも多くの精子を絞りつくすように、うごめくのだ。
ゆっくりと腰を動かすと、無意識にアイの腰も動き始める。
「あっ・・・ああ・・・すごい・・・いい・・・。」
快楽の嵐の中、アイが「イっちゃう」というまではどうにかがんばるのだが、イくときのおまんこのしめつけには、いつも耐え切れずに射精してしまう。
次に会えるまでのヤりだめをして別れたあとは、イメージトレーニングしながらのオナニーに励む俺だった。


投稿大魔王の出会い系 体験談でエッチな素人たちのカーセックス盗撮エロビデオが満載です。

 
お姉さんとハメまくりセックス告白
ハミ乳マッサージでビキニから乳房がはみ出すエッチな色白な美人娘の体を念入りにマッサージするバストケアの乳マッサージ
メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。
スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。
俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。
バリバリのキャリアウーマンだというアイは、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、性欲処理のために、セフレを探していたらしい。
ニュースキャスターのような知的な美人で、フレームレスのメガネが似合う夢に描いたような理想のお姉さんだった。
アイの仕事は忙しいので、会う約束をドタキャンされることもしょっちゅうだ。
かと思えば、平日の夜に急に呼び出されることもある。
でも、アイとセフレでいられるだけで、俺はしあわせだった。
セミロングの髪をかっちりとまとめ、スーツに身を包み、メガネをかけているアイをみるだけで、俺のちんぽはすぐにかちかちに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまう。
アイは俺をじらすように、一枚一枚ていねいに服を脱ぎ、ハンガーにかけていく。
俺が一番、萌えてしまうのは、シャツのボタンを全てはずしてブラジャーに包まれた美乳をちらつかせ、シャツのすそから小さなパンティとガーターベルトで吊られたストッキングに覆われたすらりとした脚が見えている状態だ。
三回に一回は我慢できずに抱きついて、アイに叱られている。
アイの休みの前日に会えたときは、たいてい朝までハメまくりだ。
あんまり何度も射精するから、最後の方はほとんど精液がでなくなってしまう。
今日も朝までハメまくりコースだから、ずっとオナニーをこらえていた。
実際にラブホテルで二人きりになるまでは、ドタキャンされないかとヒヤヒヤものだ。
アイがジャケットをハンガーにかけ、タイトスカートを脱いでいるのを俺は服を脱ぎながら、じっとみつめる。
アイのストリップは何度みても飽きない。
今日のパンティは光沢のある赤で、アイの白い肌と黒いストッキングに映えている。
ガーターベルトって、なんでこんなにいやらしいんだろう。
まるで、ストッキングをはいたままヤるために作られたような下着だ。
アイがシャツのボタンをはずしていき、赤いブラジャーと美乳がみえはじめる。
とっくに全裸になり、ちんぽを勃起させていた俺はアイに飛びついた。
「あんっ!もうサトルはせっかちなんだから。」
おっぱいをもみながら、キスをせがむと、アイは苦笑しながら、応じてくれる。
にゅるにゅるといやらしいキスをしているだけで、俺のちんぽはどんどん充血していく。
「んふ・・・うン・・・はぁ・・・今日もサトルのちんぽ、元気に勃ってるわね。」
メガネをかけたアイの表情がちょっと上気していて、たまらなく色っぽい。
俺はブラジャーをズラして、まずは美乳にごあいさつした。
ふわふわのマシュマロみたいな感触の美乳はさわっているだけで、俺を癒してくれる。
濃いピンクの乳首にキスして、もう片方の乳首を指でやさしくさわる。
「ん・・・ねえ、早くほしいの。」
アイは待ちきれなくなったのか、自分でパンティを脱いだ。
アイの足元に座って、立ったままのアイのおまんこをクンニする。
ワレメを舐めながら、アイの顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。
「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」
「サトルに会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだから。」
「そんなこといったら、もう我慢できないよ。」
俺はアイがトイレでオナっているのを妄想して、鼻血を噴きそうになってしまった。
「もうクンニはいいから、サトルのちんぽ入れて。」
アイは壁に手をつき、つるりとしたおしりを俺に向けた。
俺はすぐに立ち上がり、先走りでぬるぬるの亀頭でワレメをなでる。
「いじわるぅ!早く入れてぇ!」
俺を振り返っておねだりするアイの顔がかわいくて、俺は一気にちんぽを奥まで挿入した。
「ああんっ!」
アイが体をのけぞらせて、嬌声をあげる。
メガネをしている顔がみえない立ちバックはあまり好きではないが、とりあえず、アイのウエストをつかんで、ぱんぱんと腰を打ち付ける。
「これぇ・・・硬くて太いサトルのちんぽがほしかったの・・・。」
俺がずんっと突くたびに、アイはあえぎ声をあげながら、体を震わせる。
アイの息が荒くなってきたところで、俺は一度おまんこからちんぽを抜いた。
「やだぁ!なんで抜いちゃうの?」
感じすぎて真っ赤になった顔で、不満そうに俺を振り返るアイの顔がみたいからだ。
そのままアイをベットに連れて行き、今度は正常位で再挿入する。
「はぁぁぁんっ!」
アイが悦びの声を上げながら俺にしがみついてくる。
「イイっ!サトルのちんぽ、すごくイイよ!」
ストッキングをはいたままの脚を持ち上げて、俺の肩の上にのせ、おまんこの奥を突いてやると、アイはすぐにイきそうになる。
「おまんこの奥を突かれながら、クリトリスをさわられるの、大好きだよね。」
俺は指でクリトリスをいじりながら、勃起した乳首を軽く噛んだ。
「やっ!イく!イっちゃう!」
アイのおまんこがぎゅうっとしまる。
メガネの下の目がうっすらと涙を浮かべる。
一度アイがイったところで、俺は脚の角度を変えながら、何度も何度もちんぽでおまんこをこすり続ける。
射精感をこらえながら、俺はアイの恍惚としたイキ顔を目に焼き付けた。


マニアックマックス1SEX体験談オリジナル無修正エッチサイトの過激おまんこ女性器専門エロサイト
 
和服熟女SM官能小説
チンポ触りまくりのチンポ大好き熟女の巨乳おっぱい揉み揉みしまくりスケベ顔の奥様との昼下がりの淫乱セックス不倫動画
出会い系で出会ったアイとは、不思議な関係だ。
アイはM女でご主人様がいて、そのご主人様とのプレイの一環として、俺とセックスしているらしい。
俺とのセックスの間中、ハンディカムで撮影していて、後でご主人様に渡して、おしおきしてもらうんだそうだ。
俺としては複雑な心境だが、アイの熟れきったカラダとすばらしい肢体、乱れてもなお美しい顔、熟練したフェラチオのテクニックなどがあまりによすぎるので、仕方なく付き合っている。
アイはいつも和服で待ち合わせにやって来て、俺とラブホテルの一室に入ると、自分で和服を脱いで、ハダカになる。
いつも赤いロープで亀甲縛りに縛られているアイのカラダは、いやらしさが強調されていて、何度見ても興奮してしまう。
アイも縛られたまま和服を着て、外出するということに、興奮するらしく、おまんこを愛液で濡らしている。
たまに、おまんこをくくっているロープの下に、バイブがうごめいていることもあったりして、そんなときのアイのおまんこは大洪水で大変なことになっている。
今日のアイは乳首に小さなクリップとそれをつなぐチェーンで、おっぱいをドレスアップしていた。
アナルにはアナル拡張栓がはめられており、おまんこには中太のバイブが入っていて、歩いているうちに飛び出てしまわないように、ロープが支えている。
当然、おまんこからは愛液が流れまくっていて、太ももを濡らしている。
アイは緋色の襦袢を脱いでも、白い足袋は脱がないので、さらに愛液が流れると、足袋まで汚してしまいそうだ。
俺はハンディカムでアイのストリップを撮影していたが、アイがハダカになったところで、アイの乳首からクリップを外した。
片手にハンディカムを持っているから、ひとつずつしか外せず、外れた片方のクリップが乳首にぶらさがり、アイが悲鳴をあげた。
「あっ・・・。」
俺はのんびりと、もう片方のクリップを乳首から取り除いた。
長時間クリップに挟まれていた乳首は赤くなっており、刺激に敏感になっているようだ。
大きくはれあがった乳首をしゃぶると、
「あふん・・・あん・・・。」
アイが気持ちよさそうな声をあげた。
交互に左右の乳首をしゃぶっても、あえぎ声しか出さないので、どうやらクリップで傷ついてはいないようだ。
「今日は何かご希望は?」
すでにうつろな顔でよがっているアイにきくと、
「おまんことアナルの両方に、おちんぽを入れてほしいです・・・。」
とささやいた。
「アナルはキレイにしてありますし、拡張してありますから、おちんぽがスムーズに入ると思います。」
今撮影している映像を消音にしたら、とてもこんないやらしいことをいっているようにはみえないような上品な顔だ。
「ふーん。で、おまんことアナルのどっちを先にしてほしい?」
乳首を弄びながら、アイの表情を撮影し続ける。
「おまんこのバイブを抜いて、アナルに入れて、先におまんこにおちんぽがほしいです。」
頬を染めながら、アイがいうので、さっそくロープをずらして、おまんこのバイブを抜き取った。
じゅぶじゅぶになったおまんこは、もうすっかりちんぽを迎え入れる準備が完了しているようだ。
俺はアナル拡張栓をしたままのアイのおしりの穴に、バイブを入れるフリをした。
「あっ・・・アナル栓を抜いてくださらないと入りません・・・。」
白いおしりから、赤い持ち手のついたアナル拡張栓が出ているのは、非日常的で、妙に扇情的だ。
「さっきはそうはいわなかったよな?」
アナル拡張栓を咥えこんでいるおしりの穴をアップで撮影し、愛液まみれのバイブでぐりぐりと広げられているおしりの穴をつつく。
「ごめんなさい・・・お願いですから、アナル栓を抜いてください。」
もともと強引に入れる気はないので、乱暴にアナル拡張栓をおしりの穴から抜き取った。
あいたアナルに、中くらいの大きさのバイブをするりと入れ込む。
このくらいの太さのバイブがこんなに楽に入るのなら、アナルセックスも簡単にできるだろうと思った。
アイをベットに仰向けに寝かせ、アナルのバイブのスイッチを入れて、M字開脚させ、アナルやおまんこ、おっぱいやよがっている表情を舐めるように撮影した。
アイのご主人様は、この映像をみて、嫉妬にかられたりしないのだろうか?
俺はアイのじゅくじゅくのおまんこに指を入れて、出し入れする様子もギリギリまでハンディカムを近づけて記録した。
愛液がしたたっているおまんこはもう指一本程度では満足できないらしく、膣内にはかなりの余裕がある。
「もう・・・おちんぽください。」
アイにせがまれて、俺はロープを横にずらして、ちんぽをおまんこに挿入した。
すぐに奥まで入ったが、おまんこの中に入れてしまえば、ほどよくちんぽにフィットするややキツめのおまんこだ。
ハメ撮りしながら、乱暴に腰を打ちつけ、気持ちよくなってきたら、膣内に思いっきり中出しする。
ちんぽをおまんこから抜いて、おまんこから白い精液が流れ出てくるところも撮っておく。
荒い息がおさまっていないアイに、軽くフェラチオしてもらって、ちんぽを勃起させると、今度はアナルに挿入した。
おまんことは比べ物にならないくらい狭いアナルは、一度射精しているのにもかかわらず、みるみる射精感を高めていく。
どうやらアイは、おまんこよりアナルセックスで感じるように調教されているらしく、おまんこに入れられているときよりも、激しくあえいでいる。
「もう・・・イきそうです・・・イっていいですか?」
アイは必ず、イくときに許可を求める。
「いいよ。イけよ。」
さらに、腰をうちつけると、ちんぽが食いちぎられそうにアナルがしまった。
衝撃でアナルの中に、思いっきり二発目の精子を吐き出してしまった。
おまんことアナルの両方から、精液を垂れ流しているアイを撮影しながら、この奇妙な関係は当分止められそうにないとため息をついた。


カリビアンコムプレミアムSEX体験談オリジナル過激な無修正オリジナル淫乱ハメ撮りHサイトのペイパービュークリックサイト
 
強姦プレイ3P二穴責め体験談

可愛いロリータ系の女の子が紐ビキニから乳輪チラ見せしての変態ストリップムービーを配信するオマンコ食い込みビキニの腰揺らし変態ダンス
出会い系で出会ったアイは、俺と親友のユウジを兄弟にしてくれたセフレだ。
何度か会って、至ってノーマルなセックスした後で、アイは強姦プレイで3Pしたいといいだした。
俺は親友のユウジを誘って、三人でラブホテルに行った。
ユウジははじめて会うアイのかわいさとエロいカラダに興奮を隠せないようだったが、
「アイはフェラチオうまいから、ちんぽしゃぶってもらえよ。」
と声をかけると、いそいそと服を全部脱ぎだした。
「いきなり、全部脱ぐのかよ!」
とつっこみながらも、おなかにつきそうに勃起したユウジのちんぽをみると、俺も興奮してきた。
二人でアイの服を全部脱がせてから、フェラチオさせようとすると、久々にみるらしい女のハダカにユウジがテンパって、アイに抱きついた。
「すげぇ・・・やわらけぇ~・・・おっぱいでっけぇ・・・。」
しっかりと抱きついたまま、おっぱいやおしりをもんで喜んでいるユウジは子供みたいだ。
「そんなに喜んでもらえると嬉しいけど・・・、そろそろ、おちんぽしゃぶらせて?」
アイが色っぽい声でささやくと、ユウジはこくこくとすごい勢いで首を振った。
仁王立ちしているユウジのちんぽの前にひざまずいたアイが、そっとちんぽを口に含む。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
ユウジは呆けたような表情で、アイに咥えられている自分のちんぽをみつめている。
俺はアイのおしりを持ち上げて、左右に開き、おまんこを舌で舐めはじめた。
すぐに太ももを濡らすくらいの大量の愛液があふれ出し、ちんぽをしゃぶっているアイの口から甘い声がもれる。
「ふ・・・あふ・・・ん・・・。」
アイのくぐもったあえぎ声に、ユウジのせっぱつまったような声が混じりあい、いやらしいハーモニーを奏でている。
俺はローションを取り出して、アイのアナルにたっぷりと塗りこみ、アナルとおまんこの二つの穴に同時に指をつっこんだ。
「あふぅん・・・。」
驚いたアイがカラダをびくんとのけぞらせたが、ちんぽを咥え込まれているユウジには、それもいい刺激になったらしい。
俺はおまんことアナルにつっこむ指の数をどんどん増やし、最後に中太のバイブをおまんことアナルに入れて、ぐちゅぐちゅと出し入れした。
「あっ・・・ああ・・・あん・・・。」
アイは気持ちよさに、フェラチオがおろそかになっている。
「ほら、ちゃんとしゃぶらないと、ユウジが射精できないよ?」
アイのおしりをぴしゃっと平手でぶつと、あわてて、念入りなフェラチオを再開する。
「アイちゃん・・・おしりにバイブ入れられてるの?」
荒い息づかいで、ユウジがアイにきく。
「おしりと・・・おまんこにバイブ入れてもらって・・・おちんぽ咥えているの・・・気持ちいいの・・・。」
おまんことアナルのバイブをゆっくりと出し入れされて、アイはうわごとのようにユウジに返事する。
「アイちゃんは淫乱なんだね・・・。」
「ユウジぃ、それじゃ、強姦プレイになんないよ?もっとえげつない言葉責めしないと。」
「そ、そっか。・・・ちんぽを口に咥えこみながら、おまんこと尻の穴にバイブ入れられてよがるなんて、淫乱にもほどがあるんじゃねぇ?」
ユウジは軽蔑したような口調でいいながら、乱暴にアイの頭をつかんだ。
「・・・違います・・・。」
アイのおまんことアナルはひくひくしながら、バイブを楽しんでいる。
「ああ、嬉しいみたいだぞ。いやらしい汁がぐちょぐちょにたれてきた。全くどうしようもない淫乱おまんこだ。」
「男のちんぽが咥えたくて、俺たちを誘ったんだろう。強姦されても文句はいえないよなぁ?」
ユウジはすっかりノリノリで、アイの頭を動かして、イマラチオさせている。
「オマエのいやらしい顔に、たっぷり濃い精子を顔射してやるよ。」
ユウジはアイの口からちんぽを抜くと、自分の手でしごいて、ぶしゅっと精子をアイの顔にかけた。
白くてこってりとした精液が、ぽたぽたとアイの顔やおっぱいから床に滴り落ちる。
「あ・・・やだあ・・・ひどいよぉ・・・。」
アイがぐすぐすと鼻を鳴らすと、とたんにあわてたユウジがアイの前にしゃがみこんで、ティッシュでアイの顔についた精液をぬぐおうとする。
「ご、ごめん。悪ノリしすぎちゃった?」
おろおろとしているユウジに、アイはにこりと笑って、
「大丈夫よ。でも、精液を舐めてキレイにしてくれる?」
ユウジはアイの顔や首筋、おっぱいを犬のようにぺろぺろと舐めて、自分の精液を舐めとっている。
「強姦プレイじゃなかったのか?」
俺はアナルのバイブをさらに極太のものに変えながら、おまんこのバイブを乱暴に出し入れした。
「あ、あん・・・だってぇ、ユウジさん、カワイイんだもん。」
どうやら、アイには女王様気質もあったらしい。
「ユウジ、おまんことアナル、どっちに入れたい?」
ぐりぐりとアナルの極太バイブを回しながら、ユウジに声をかけると、ようやくアイに顔射した精液を舐め終わったユウジが、
「どっちもいいなあ。アナルセックスってしたことないし。」
と優柔不断ぶりを発揮した。
「俺もアナルは入れたことないから、二回ずつヤるか。オマエ、そんなに出るか?」
「溜まってるから大丈夫だよ。じゃあ、俺、先にアナルに入れていい?」
ユウジは俺がていねいに拡張したアイのアナルに、回復したちんぽを入れ始めた。
「んん・・いや・・・おしりはいやぁ・・・。」
アイの演技を真に受けて、動きを止めるユウジに、
「いいからヤれ!強姦プレイだろ。」
と声をかける。
「おまんこ、こんなにぐちゃぐちゃにしておいて、どこがイヤなんだよ。」
俺はおまんこに入れたままのバイブをぐいぐいと動かした。
「あ・・・おしりにおちんぽが入ってくる・・・。」
「すっげ、キツ・・・。」
ユウジが苦しそうなので、アイのクリトリスを舌で舐めて、力を抜かせた。
「ああ・・あん・・ふ・・・イイ・・・。」
「全部入った・・・すごい密着感・・・。」
満足そうなユウジが動き出す前に、俺もアイのおまんこのバイブを抜いて、ちんぽを入れる。
「皮一枚で、オマエのちんぽの感触わかるな。」
「ホントだ。ヘンな感じ・・・。」
おまんこもアナルもちんぽでいっぱいになったアイは、うつろな顔であえぎ声をもらしている。
俺がゆっくりちんぽを動かすと、ユウジが悲鳴をあげた。
「す、すげ・・・気持ちいい・・・。」
「オマエも動けよ。」
ユウジは恐る恐るアナルに食いつかれているちんぽを動かし始めた。
おまんことアナルを二穴責めされて、アイはすすり泣くようなあえぎ声をひっきりなしにあげながら、何度もイっている。
まずは俺がおまんこに精液を吐き出し、ややしばらくたって、ユウジが二回目の精液をアナルに吐き出した後、少し休憩して、俺がアナル、ユウジがおまんこに交代して、もう一回ずつ、アイの中に射精した。
この麗しい兄弟関係は、今も続いていて、やめるきっかけがつかめないでいる。


体験談 セクハラ満載の過激な素人動画の淫乱な投稿アダルト無修正動画サイトのドラムカン

 
乱交顔射三連発の初体験

可愛いギャル女性の乳房の形が右と左で若干違う貴重な巨乳おっぱい持ついろんな角度から女性の体を徹底検証
出会い系で出会った乱交パーティは衝撃の体験だった。
ある日、出会い系の書き込みを眺めていた俺は変わった書き込みをみつけた。
”都内乱交パーティ参加者募集。性病をもっておらず、自己の避妊対策がとれ、精力に自信のある方。事前面談あり。”
そんな怪しい書き込みにメールしてしまったのは、俺が乱交というものを一度経験してみたいという憧れをもっていたからだ。
恐ろしくたくさんのメールがくるだろうその書き込みから返事をもらえるとは思っていなかったから、返信が来たときには逆に驚いた。
ていねいに真剣な思いが伝わるように、がんばってメールを書いたのがよかったのかもしれない。
詳細をきくうちに、俺はその乱交パーティにぜひ参加したいと熱望するようになった。
誠意のある態度のメール交換で主催者の信頼を勝ち得た俺は面談を経て、とうとう乱交パーティへの参加を許された。
わくわくして前日はよく眠れなかったが、会場のマンションにつく頃には興奮でちんぽが半だちになってしまっていた。
会場には幅広い年代の男女が集まっていた。
若い子もいれば、中年というか、お腹の出たおじさんもいる。
ただ、女性の面談合格条件は男性以上に厳しいらしく、やりたくないと思うようなルックスの女性はいなかった。
年齢的にはいっているようにみえても、いわゆる熟女タイプでセレブっぽい高級感がある。
早くも俺は誰でもいいからやりたいという気持ちでいっぱいだった。
女性一人に対して、三人くらいの割合で男性がいて、最初に決めたグループから自由に移動できる。
パイプカットしていない男性はゴムの着用が義務付けられる。
床にいくつかのダブルベット用マットレスが敷いてあり、それぞれの側にティッシュとローションと大人のおもちゃの入ったかごとゴムとゴミ箱が用意されている。
俺が最初に配置されたグループの女性は、未成年かと思ってしまうほど、ロリっぽい女のコで、顔に似合わないくらい大きなおっぱいとものおじしない大胆なところが魅力だった。
お腹がでていて髪の毛が薄いお父さんのような男性のちんぽを積極的にしゃぶり、若い男におっぱいをもまれたり、俺におまんこを舐められたりして、嬌声をあげている。
乱交で興奮しているのか、おじさんのちんぽをフェラチオしているせいか、ロリ娘のおまんこは愛液があとからあとから流れ出し、内ももを伝っていく。
俺がクリトリスをしゃぶり、指でおまんこをぐちゅぐちゅやりだす頃には、早くもおじさんがロリ娘に顔射してしまって、しきりに謝っていた。
乳首をしゃぶっていた若い男がティッシュでロリ娘の顔についたおじさんの精液をふきとり、ついでに、濃厚なキスをする。
俺もロリ娘のおまんこに舌をべろべろにつかった濃厚なキスをした。
クンニともいうが。
上下の口を舌で舐めまわされて、ロリ娘のカラダには力が入らない。
顔射したおじさんは、ロリ娘の両手からはみでるおっぱいを後ろからもみしだいている。
「もう入れてもいい?」
とロリ娘にきくと、
「ゴムつけてね。」
といわれたので、いそいそとゴムをつけて、おまんこに俺のちんぽをぶちこんだ。
おじさんと若い男がちょっとうらやましそうに俺をみるのも、優越感を感じる。
ロリ娘のおまんこは俺のちんぽにぴったりとフィットし、ゴムごしでも十分に快感を得られた。
どうせ後に二人も続いているから、俺は自分にいいようにちんぽを動かし、ゴムの中に精液を吐き出した。
ずるずるとおまんこからまだしぼんでいないちんぽをだして、始末をしていると、ゴムをつけた若い男が俺の後に続いた。
俺よりずいぶん大きそうな若い男のちんぽは、俺が広げたおまんこにずぶずぶと吸い込まれていく。
若い男はうっとりした表情で、サルのように腰を振る。
後ろからちんぽを入れられ、乳首をぺろぺろとおじさんに舐められているロリ娘の口元に、ゴムをはずしたややだち状態の俺のちんぽを突き出す。
ロリ娘はゴム臭い俺のちんぽをれろれろと舐めてくれた。
若い男は遠慮なしにがんがん突き上げ、ロリ娘の口からはあえぎ声がもれる。
おまんこにちんぽを咥え込んで、フェラチオをする女性を生で見る機会なんてそうあるものではない。
俺はものすごく興奮し、再び、ちんぽが完全に勃起するのを感じた。
若い男がゴムごしに射精をした瞬間、ロリ娘もイったらしく、カラダをのけぞらせて、ぶるぶると震えた。
「すごい気持ちいい・・・。」
うっとりとロリ娘がつぶやくと、若い男は誇らしげに大きなちんぽをおまんこから抜いて、片付け始めた。
イったばかりのおまんこに、今度はおじさんのちんぽが侵入した。
パイプカットしているおじさんのちんぽは、ダイレクトにおまんこに入っている。
「あっ・・・いい・・・硬くて太いおちんぽ、気持ちいい・・・。」
おじさんにゆすられてあえいでいるロリ娘の口元に、完だち状態の俺のちんぽと射精したばかりなのに早くもぎんぎんになっている若い男のちんぽが並べられた。
ロリ娘は後ろからちんぽを出し入れされながら、あえぎ声のもれる口で俺と若い男のちんぽを交互にしゃぶり、咥えていない方のちんぽを手でしごいた。
俺は乱交ならではの光景に興奮し、おじさんが射精するのと前後して、ロリ娘の顔に顔射してしまった。
若い男の精液も顔射され、二人分の精子を顔からでかいおっぱいに飛び散らせたロリ娘は、おまんこからおじさんの精子のいない精液をあふれさせ、精液まみれになった。
俺はその後、この体験も乱交の序章にすぎなかったことを知るのだが、その話はまた次の機会に。


カリビアンコ出会い系 体験談で業界トップの人気AV女優おまんこ丸見えエッチサイト。

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 16 - 20 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.