Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

アナルセックス初体験の体験談

美乳おっぱい弄りまくり綺麗なピンク色の乳輪おっぱいの痴女系ツンデレお姉さんが男2人に美乳おっぱいを弄られる淫乱3Pセックスムービー
出会い系で出会ったイトウさんは最高のアナルセックス教師だった。
アナルセックスを経験したいと思っていた私は、どうせならアナルセックス経験者に手取り足取り教わった方がいいと思って、出会い系の
書き込みをチェックしていた。
それで、アナルセックスについて書き込みをしていたイトウさんという男性に、メールを送ってみたのだ。
返信からは知性が感じられて、アナルセックスについても、ていねいにレクチャーしてくれた。
アナルセックスは避妊の必要がないので、中出しオッケーだと思っている人が多いが、精液によっておなかを壊したりするとか。
不衛生なままアナルに挿入すると、男性側が病気になる危険性もあるので、注意が必要だとか。
初心者とのアナルセックスは拡張を念入りにしないと痛みを伴うし、快楽にも個人差があって、回数を重ねて、じょじょに気持ちよくなっていく人もいれば合わない人もいるなど。
メールのやりとりで好感を持った私は、昼間の喫茶店でイトウさんに会ってみることにした。
現れた男性は高級そうな服を着たイギリス紳士みたいな印象の男性だった。
どこかの会社の重役か教授かお医者さんといった貫禄がある。
「これはこれはかわいらしいお嬢さんだ。」
イトウさんは顔をほころばせて、私を眺めている。
「アイさんが私を気に入ってくださったのなら、これからアナルセックスを試してみませんか?」
周囲にきこえないくらいの小声で、アナルセックスとささやかれると、どきどきしてしまう。
昼間からラブホテルに行くのには抵抗があったけど、好奇心には勝てなかった。
ラブホテルにつくと、イトウさんは浣腸器をとりだした。
お風呂にお湯を溜めながら、浣腸液を入れたボトルを溜まったお湯で温める。
イトウさんが人肌になった浣腸液を浣腸器に入れているのをみると、これからはじまるアナルセックスへの期待が高まっていく。
「それでは、服を脱いでください。」
私はいわれたとおりに服をすべて脱ぎ、はじめて会ったばかりのイトウさんに、生まれたままの姿をさらした。
「すばらしいプロポーションですね。」
イトウさんは美術品を鑑賞するような目で私のハダカをみたあと、ベットによつんばいになるようにいった。
「浣腸液を注入しますよ。」
アナルの中に、生あたたかい浣腸液が流れ込んでくる。
子供の頃に、座薬をさしたときよりも、はるかに大きな違和感を感じた。
浣腸器を空にしたイトウさんは、私のアナルにシリコン素材の栓をした。
ぐぎゅるるるる。
私のお腹がへんな音を立てる。
イトウさんは時計を見て、時間を計りながら、私の様子を観察している。
額に脂汗が浮いてきて、もうヤバいかもと思ったとき、私の手をひいて、トイレに連れて行ってくれた。
便座に座って、アナル栓を抜くと、ぶしゅるるるるとすさまじい勢いでウンコと浣腸液が飛び出す。
トイレとはいえ、イトウさんの前で脱糞するのは恥ずかしかったけど、それどころじゃないくらいお腹がたいへんなことになっていたのだ。
トイレットペーパーでお尻をふいたあと、お風呂にいって、アナルをシャワーでキレイに流してくれる。
アナルに指を入れられて、中を広げるようにして、念入りに洗われていると、なんだか奉仕されているみたいで気分がいい。
イトウさんは私のアナルにローションを入れて、拡張用のやや大きめのアナル栓をはめた。
そのまま、お湯の溜まった湯船につかり、カラダをあたためながら、アナルを拡張されて、のぼせる直前にお湯から出された。
またベットによつんばいになって、拡張用のアナル栓をぐりぐりと回しながら抜かれる。
ややゆるんだアナルにたっぷりとローションが流し込まれて、大きさの違うボールが次々に入れられた。
全部のボールを飲み込んだところで、スイッチが入れられ、アナルの中のボールたちが動き出す。
それははじめて感じる衝撃だった。
「おまんこからいやらしい汁があふれていますね。」
イトウさんはおまんこのワレメを指でなぞって、愛液で濡れた指を私にみせた。
「おまんこにもバイブを入れてあげましょうか?」
整った上品な顔でいやらしいことをいわれると、ぞくぞくしてしまう。
私はこくこくとうなずいた。
「この中太のいぼいぼバイブをおまんこに入れてあげますから、痛くないように舐めて濡らしなさい。」
口元にぼこぼことしたいぼのついた黒いバイブを突き出されて、私はぺろぺろと舐めた。
私がバイブをしゃぶっている顔を眺めていたイトウさんは、そっと私の口からバイブを抜いた。
すぐにワレメを押し広げて、おまんこにバイブが入れられる。
私の意識のすべてはアナルとおまんこに集中してしまった。
おまんこのバイブにスイッチが入れられると、背筋を快感の電流が駆け抜け、軽くイってしまうくらい気持ちよかった。
おまんこにバイブを入れて振動させたまま、アナルのボールを抜かれると、ちゅぽんとボールが肛門を出て行くたびに、排泄するときのようなじんわりとした快楽が広がる。
おまんこに入れたくらいの大きさのバイブをアナルに入れられ、両方のバイブを振動させながら、出し入れされると、ものすごく気持ちよくて、口からあえぎ声とよだれがあふれた。
「アイさんはアナルセックスの素質がありそうですね。最初からこんなに感じられるなんて、逸材かもしれません。」
ぐいぐいと私のおまんことアナルにバイブを押し入れながら、冷静な口調でイトウさんがいう。
アナルからバイブを抜かれて、さらに大きなごついバイブをそろそろと入れられる。
アナルにもバイブにもしたたるくらいにローションを塗られているので、痛くはない。
何度も出し入れされて、私のアナルが大きなごついバイブになれたところで、ゴムをつけたイトウさんのちんぽをみせられた。
「さあ、ついに、バックバージンを失うときがきましたよ。本当に入れていいんですね?」
「お願いします。」
私がイトウさんのちんぽをみつめながらいうと、アナルからバイブが抜かれ、硬くはりつめたイトウさんのちんぽがじわりじわりとアナルに挿入された。
ゆっくりと入ってくるイトウさんのちんぽはバイブよりも気持ちがよく、早くもっと奥まで入れてほしくて、
「もっと、もっと奥までちょうだい。」
と叫んでしまった。
「アイさんはアナルセックスのとりこになりそうですね。」
笑いながら奥までちんぽを入れたイトウさんは、ピストン運動を開始し、私はお腹の中まで動かされるような強烈な悦びを感じた。
もう自分があえいでいるのかすら、よくわからない。
頭の中が真っ白にはじけて、意識がなくなってしまっていた。
イトウさんとは、今でもアナルセックスを楽しんでいる。


体験談 セクハラ女性器専門おまんこ丸見え素人エロサイトのエッチな4610
 
制服痴漢プレイ告白プレイ
複数人数の男性から体を弄られまくりのAV女優の乱交プレイでスケベな体をもみくちゃにされる乱交レイプのエッチシーン
出会い系で出会ったアイとは、制服痴漢プレイを楽しむ仲だ。
ラブホテルも電車風の内装になっているところを選び、電車の音のBGMを流しながら、本格的に楽しむ。
俺は痴漢役なので、いつも普段着なのだが、アイはかわいらしい制服を何着も持っていて、部屋についてから着替えることにしている。
以前は、自宅から制服姿だったのだが、ある学園の制服姿が自然すぎたために、補導されてしまいそうになったことがあったのだ。
補導員は俺のことを未成年をたぶらかす犯罪者という目でにらんでいたが、アイが免許証をみせると、ちょっとうらやましそうな顔で去っていった。
とにかく、アイはどんな制服もよく似合う美少女といっていいルックスなのだ。
実際は、美少女と呼べるような年齢ではないが、見た目が美少女なら、むしろリスクが少なくていい。
そんなアイに思うがままに痴漢できるのは、この上もない喜びだ。
実際、リアルに痴漢をすれば犯罪だし、嫌がられているのを無理にわいせつ行為をして、相手の女性に迷惑をかけるのも心苦しい。
痴漢プレイだと周囲にバレるんじゃないかというスリルはないが、その分、現実ではありえないようなハードなエロが楽しめる。
今日のアイはベージュのベストに白いブラウス、赤いタイ、紺色のプリーツスカートに、ハイソックスという制服姿だ。
毎回の定番として、ブラジャーは白のフロントホック、パンティは白の清楚なものと決めてある。
アイは右手でつり革につかまり、左手に学生かばんを下げている。
俺は後ろからぴったりとアイに密着するように立つ。
アイはもぞもぞとカラダを動かして、俺から離れようとするが、がっちりとマークして逃がさない。
ヒザの後ろあたりから、するると右手をすべらせて、スカートの中に手をもぐらせる。
パンティの上から、おしりをなで回し、左手をベストの中につっこむ。
胸のあたりから順に、ブラウスのボタンをはずしていき、フロントホックのブラジャーをはずす。
ベストの中で開放されたおっぱいを直にさわりまくり、すべすべの肌とやわらかい手触りを楽しむ。
乳首を指でいじくって勃起させてみたり、ぎゅっと強めにつまんでみたり。
「や、やめてください・・・。いや・・・。」
アイは小さな声でささやいているが、抵抗はしない。
おしりをなで回していた右手は、しりたぶをもみもみしていたが、するりと前の方にまわり、うちももをなで回し始めた。
じわりと脚の付け根の方にいってはまた戻り、またじわりと脚の付け根の方までなで回す。
おっぱいの方もやわやわとやわらかく手のひらでおおうようにして、直接的な刺激は加えない。
じれったくなるくらいじらした後で、パンティの上から強めにワレメをなぞってみた。
しっとりと湿っているパンティはアイの愛液が染みていて、アイが実はかなり感じていることを証明している。
パンティの脇から指を差し入れて、直接、おまんこにさわってみると、おまんこは愛液があふれて、びちゃびちゃになっていた。
おっぱいをもむ手にも、自然に力がこもり、強くわしづかんだり、乳首に指をこすり合わせたりして、強い刺激を与え続ける。
指がクリトリスにふれると、待ちわびていたらしいアイはびくんとカラダを震わせた。
おまんこのワレメで指を曲げたり伸ばしたりするだけで、ちゅくちゅくと愛液がまとわりついてくる。
「ん・・・く・・・。」
痴漢にあっているのに、感じるわけにはいかないアイは、あえぎ声を必死で我慢している。
愛液が指に十分な湿り気を与えたところで、ずぶっとおまんこに指を突っ込む。
「あっ・・・。」
思わず声を漏らしたアイは、おまんこをしめつけて、指の侵入に抵抗しようとするが、じりじりと指を入れられて、おまんこの奥の方で指先だけ動かされると力が入らないようになってきた。
指を出し入れするのには、パンティがジャマなので、おっぱいをいたずらしていた手を一度離して、パンティをヒザまでずり下げた。
まあ、実際の痴漢ではこんなことはできないだろうが、そこは痴漢プレイなので、快楽を優先する。
パンティのジャマがなくなったところで、指をずぼずぼと出し入れして、ちんぽを入れるための下地を作る。
「お姉ちゃん、ずいぶん、濡れてるねえ。」
アイの耳元でいやらしくささやくと、
「いや・・・もうやめて・・・お願い・・・。」
といいながら、カラダを硬くする。
「カラダはもっとっていってるよ?ほら、きゅうきゅうおまんこが指に吸い付いてる。」
愛液をあふれさせながら、指に吸い付いてくるおまんこは、早くちんぽを入れたい気持ちにさせる。
「乳首だって、びんびんにおっ立ってるし。」
乳首をちょっと痛いくらいに、指でつまむ。
「あっ。もう許して・・・。」
俺は一度、アイから離れ、すべてのいたずらを止めた。
アイはパンティをヒザまで下ろされ、太ももに愛液をたらした状態でつり革にしがみついている。
「は・・・や、やめちゃいやぁ・・・。」
アイが我慢できなくなって、俺を振り向いたところで、取り出したちんぽをぐぶぐぶとおまんこに入れた。
放置されて、刺激に飢えていたおまんこは、俺が乱暴に押し入れるちんぽを貪欲に飲み込んでいく。
奥まで入れたところで、アイのおっぱいを両手で後ろからわしづかみにして、ぱんぱんと腰を打ちつけた。
「や・・・いい・・・うう・・・はぁ・・・。」
自分も腰を動かして楽しんでいるアイはもう痴漢されている美少女ではなく、ただの淫乱娘だ。
「イっちゃう・・・もうイくの・・・。」
アイがカラダをのけぞらせてイくのと同時に、熱くてこってりとした精液をアイのおまんこの中に吐き出した。
愛液と混じりあった白い精子はアイの太ももを伝い、ハイソックスへと流れたのだった。


のぞきザムライSEX体験談で盗撮される女の子たちの野外露出の露天風呂の無修正ノーカット映像満載です。
 
強姦ごっこ体験談

美乳おっぱいお姉さんの入浴シーンで長い手足にスベスベ美肌のモデル体型エッチお姉さんの入浴エロ動画
出会い系で出会ったアイはロリ顔のちびっ子だ。
もちろん、未成年ではないのだが、まず信じてもらえないくらい幼いルックスなので、ラブホ以外の場所へは恐ろしくていけないのだ。
そんなアイと好んでするセックスは、制服を着て強姦ごっこするというコスプレだ。
アイはどんな制服でも着こなしてしまうので、セーラー服の夏服バージョンやアニメに出てくる制服などのバリエーションも楽しめる。
スクール水着やブルマなども、よく似合ってしまう。
俺は先生だったり、同級生だったりして、アイを強姦するという設定だが、途中でアイが感じすぎて、なしくずしになってしまうというのがいつものパターンだ。
今日のアイは、ブレザーにリボン、プリーツスカートにハイソックスという制服姿で、電車に乗っていたら、間違いなく学生だと思われるだろう。
茶髪をツインテールにして、赤いリボンで結んでいるのもかわいらしい。
俺の方は担任の教師という設定で、地味なスーツ姿だ。
「先生、ご用ですか?」
生徒指導室に入ってきたアイをドアに押し付けて、無理矢理キスする。
「せ・・・いや・・・や・・・めて・・・。」
身をよじって逃れようとするアイを力づくで押さえて、可憐な唇に吸い付き、俺のよだれで汚染するのだ。
悲鳴を舌で封じ込め、白く輝く歯を舐めまくる。
アイの目の端には、こらえきれなくなった涙が浮かんでいる。
俺は首のところのリボンをはずして、床に投げ捨てた。
飾りがなくなって、急にさみしくなった白いブラウスに手をかけ、ボタンをひきちぎる。
ぶちぶちぶち・・・ボタンがとびちり、白い清楚なブラジャーと陶器のように透き通るすべすべの肌があらわになった。
俺はポケットからナイフを取り出し、柔肌を傷つけないように、ブラジャーを真ん中からぷつんと切った。
美乳をガードしていたブラジャーがはずれ、無防備になったおっぱいを両手でわしづかんで、もみもみと感触を楽しむ。
「先生・・・やめてください・・・。」
顔を赤くして、涙ぐみながら、訴えるアイの演技に、これが強姦ごっこだということを忘れてしまいそうになる。
「乳首を勃起させながら、やめてくださいっていわれてもな・・・。」
指で乳首をいじりながら、いやらしい笑いを浮かべると、
「そ、そんな・・・。」
アイは目を閉じて、言葉責めに耐える。
「おまんこも濡れ濡れなんじゃないのか?」
「そんなことありません・・・。」
「じゃあ、みせてみろ。」
プリーツスカートをまくりあげ、白いパンティのワレメの上の部分を指でこすこすとなぞる。
「湿ってるじゃないか。アイは淫乱だな。」
「ウソ!違います!」
「違わないさ。パンティを脱げばわかる。」
俺はパンティに両手をかけ、一気に足首まで下ろした。
「ああっ!」
片手でスカートをまくり、丸出しになったおまんこを指でなぞると、にじみ出ていた愛液が俺の指についてきた。
「ほらみてみろ。アイのおまんこから垂れ流されたいやらしい汁だ。」
濡れた指をアイに突きつけると、アイは目を閉じてイヤイヤと首を振る。
ぷっくりとした唇に、愛液がついた指をつけ、
「舐めてみろ。いやらしい味がするぞ。」
強引に指を口の中に入れ、舌に押し付ける。
口から指を出すと、アイのよだれで濡れていた。
その指を今度は下の口であるおまんこに、突き刺す。
じわじわと奥まで指を入れた後は、クリトリスを吸ったり、舐めたりして、まったりと愛撫する。
ちゅくちゅく・・・ぐちゅぐちゅ・・・。
「あっ・・・いや・・・やめて・・・先生ぇ・・・。」
アイは太ももを震わせながら、快楽に耐えているが、声は弱々しく、されるがままだ。
俺の肩につかまって、指が出し入れされるのに耐えていたアイは、
「もう・・・もう・・・だめぇ・・・。」
といって、しゃがみこんでしまった。
「なんだ、だらしがないなあ。」
アイを床に寝かせて、脚を大きく開き、正常位の体勢で、ちんぽをずぶりとおまんこに入れた。
「あっ・・・ダメです・・・抜いて・・・。」
アイは驚いたように、後ろにずり下がろうとするが、がっちりと脚をつかんで動けないようにして、ちんぽを奥へとすすめた。
「ん・・・いや・・・そんな・・・。」
根元までおまんこに入れ込むと、アイは動けなくなった。
ぐちゅ・・・ぐちゅ・・・結合部からは、俺がちんぽを動かすたびに、いやらしい音が出る。
脚を押し広げて、おまんこの奥の奥までちんぽをぶつけると、アイの口からはすすり泣くようなあえぎ声が漏れ始めた。
「ああ・・・うん・・・あん・・・ああ・・・。」
こうなるとアイは、もう強姦ごっこどころではなく、ひたすら感じるだけになってしまう。
幼い顔を紅潮させて、だらしなく口を半開きにしてよだれをたらし、うっとりとあえいでいるアイはいやらしくて、かわいらしい。
ブレザー姿からのぞく白いおっぱいと乱れたプリーツスカート、ハイソックスも萌える。
ずっちゅ・・・ずっちゅ・・・とちんぽを動かしているうちに、アイがのけぞり、カラダをふるわせ始めた。
「あ・・・もうイく・・・イっちゃう・・・。」
ちんぽをしめつける膣の動きが収まってから、すっかり脱力したアイのカラダを好きなように犯しまくって、精液を吐き出した。
俺の制服好きはアイのおかげで、さらに重度になってしまったのだった。


出会い系 体験談で人気アダルトライブチャットを展開する過激なエロエロHチャットサイトのカリビアンコムガール
 
バスルームまったりセックス体験談
リモコン電動バイブを女性器おまんこに入れてリモートコントロールでバイブ刺激する松島ななこ似AV女優の綺麗お姉さんの女性器責めエッチプレイ
出会い系で出会った少女のように若いアイとラブホテルに行くのが最近の俺の楽しみだ。
アイは小柄できゃしゃな体つきをしていて、俺の娘といっても誰も疑問に思わないくらい若い。
素直でかわいらしいアイは、本当に理想の娘って感じで、女の子に恵まれなかった俺は、こんな娘がいたらなあと、うっとりしてしまう。
多少高いものでもおねだりされれば、ほいほい買ってしまいそうなのに、アイのおねだりはいつもかわいいものばかりだ。
一緒にお風呂に入ってほしいとか、髪の毛を洗ってほしいとか。
どうもアイは俺に父親を重ねているらしい。
俺は小さな娘を甘やかすように、アイをかわいがっていた。
ま、普通、小さな娘とはセックスしたりしないが。
今日もラブホテルの大きなバスタブに、アイと一緒に浸かる。
入浴剤で泡立ったお湯はアイのささやかな微乳を隠しているが、みえそうでみえないもどかしさが俺を逆に興奮させる。
つるつるですべすべのアイの白い肌。
成熟しきっていないアイの若い肢体。
社会的には成人しているのに、発育が遅れた感じなのは性経験が未熟だからだろう。
アイは処女ではなかったが、数回しかセックス経験がなかった。
俺に出会うまでは、セックスは痛いだけのものだと思っていたらしい。
まだ開発されていない体を少しずつ俺好みになじませていくのは、贅沢な悦びだった。
生まれてはじめてフェラチオする唇に、俺のちんぽを咥えさせ、小さな舌をつかわせた時は、喜びと興奮で体が震えた。
今も無邪気に俺に体を預けているアイの体も心も、全て俺のもの。
俺の手にすっぽりとおおわれる微乳も、すぐに勃起する桃色の乳首も、薄い陰毛に隠されたおまんこも、俺がじっくり開発して、快楽を教え込んだ。
俺の手が軽くアイの体をなでるだけで、アイのおまんこはこれから与えられる快感を期待して、愛液をもらしはじめる。
両手でアイの微乳とおまんこを弄んだ後、のぼせそうなので、バスタブに腰かけた。
アイは俺の脚の間に座って、俺のゆるく勃起したちんぽに顔を寄せる。
ちんぽの根元を両手で支え、小さな唇に俺のちんぽを咥えるアイは、とても嬉しそうで、俺の顔を上目づかいで窺っている。
俺が気持ちよさで眉をしかめると、ますます一生懸命フェラチオしてくれる。
いじらしいというか、いとおしいというか、それだけで胸がいっぱいになってしまう。
アイの小さな口には、俺のちんぽは収まりきらない。
必死で奥の方まで咥え込もうとするが、亀頭がのどの奥をついて涙目になっている。
俺はアイのアタマをぽんぽんとなでて、場所を入れ替えた。
「上手くフェラチオできなくて、ごめんなさい・・・。」
涙目のまま、しゅんとなっているアイは俺の手で足を開かれて、おまんこに直接シャワーをかけられると、あわてて足を閉じようとした。
「フェラチオ、ずいぶん上手になっていたよ。ほら、足を開いて。おまんこ、キレイに洗えないだろう?」
アイの小さなおまんこを指でなぞっていると、自分の指がひどく太くてごつごつしたものに感じられる。
膣口に中指の先をそっとあてがい、ゆっくりと奥まで入れると、狭いおまんこはもういっぱいいっぱいだ。
「自分でクリトリス、いじってごらん。」
俺はアイにクリトリスでのオナニーを教えた。
俺に会えないときには、一人でこっそりオナニーしているらしい。
最初はぎこちなかった指使いも、すっかり手馴れたように、自分のクリトリスを責めている。
「おまんこの奥から愛液があふれてきたよ。気持ちいいのかい?」
アイは潤んだ目で俺の顔をみつめながら、クリトリスをいじっている。
膣壁がきゅうんっと俺の中指をしめつけて、俺が指を動かすのを催促している。
愛液のすべりを借りて、中指を出し入れしつつ、俺はアイの足の指をしゃぶった。
「ああっ!やだ・・・汚いよ・・・ダメ・・・。」
俺にしゃぶられている自分の足の指を驚いた表情でみつめているアイにみせつけるように、いやらしく足の指をしゃぶってみせる。
アイはいやがりながらも、興奮しているらしく、愛液がぐちゅぐちゅにあふれだした。
「かわいいアイの体に汚いところなんてないさ。今度はおしりの穴を舐めてあげよう。」
バスルームの壁に手をつかせて、つるりとしたおしりを両手で開く。
「もっと足を開かないと、ちゃんと舐められないよ?」
「いや・・・恥ずかしい・・・。」
アイは恥ずかしがりながらも、俺の命令に従順に足を開く。
鮮やかなピンクのアナルも愛液があふれているおまんこも、丸見えになった。
アナルのしわの一本一本を伸ばすように、舌で舐める。
「やぁん・・・お願い・・・もう・・・。」
おまんこにあふれている愛液をアナルに移動させるように、おまんこからアナルまで何度も舐めあげた。
「あん・・・はあ・・・ああっ・・・。」
指でクリトリスを刺激しながら、クンニすると、アイは気持ちよさそうな声をあげはじめる。
愛液と唾液で十分に濡れたアナルに、中指を入れると、アイは体をのけぞらせて、悲鳴をあげた。
「ああっ!そんなところに指を入れちゃやだ・・・。」
反対の手の中指をおまんこに入れると、薄い肉の壁ごしに指の感触がよくわかる。
いずれこのかわいらしいアナルも開発して、アナルセックスもできるように仕込んでやろう。
俺はアイのアナルとおまんこから指を抜き、すっかりぬるくなったお風呂に浸かった。
「おまんこにちんぽを入れたかったら、自分で咥え込みなさい。」
勃起したちんぽを手で支えながら促すと、アイは素直に俺の脚の上にまたがり、おまんこにちんぽを挿入した。
まだ挿入時には痛みがあるようで、苦しそうな表情を浮かべているが、ゆっくりと出し入れしているうちに、気持ちよさそうな表情に変わる。
水中でのセックスは、刺激がゆるやかでいつもより長く楽しめそうだ。
俺はアイの体を抱きしめて、下からおまんこを突き上げながら、まったりとしたセックスを味わった。


くりーむれもん出会い系 体験談のハメドリ無修正セックスムービーの裏物エロサイト
 
野外露出フェラチオ体験談告白

サンタクロース巨乳おっぱい女教師の乳首弄りまくりのメガネが似合うスケベ痴女の女教師との教室での禁断セックス動画
出会い系で出会ったアイは、野外露出でフェラチオするのが大好きという変わった娘だった。
待ち合わせ場所でアイを車の助手席に乗せ、人気のなさそうな郊外までドライブする。
普通の娘なら引くような山の中に来たところで、俺たちは車を降りた。
「じゃあ、フェラチオするね。」
やや幼い感じの顔をほころばせて、アイは俺の足元にしゃがんだ。
俺は自分の車によりかかり、ジッパーをおろして、ちんぽを出した。
外気にふれたちんぽは普段ありえない状況に、縮こまってしまっている。
「うふふ。いただきまーす。」
かわいいサイズのちんぽをぱくりと口に含んだアイは、もごもごと口の中でキャンディのようにちんぽをころがす。
口内と舌の刺激で、かわいかったちんぽはみるみる大きく成長し、アイの口いっぱいに膨らんだ。
「わあ、おっきいおちんぽだね。」
アイはいたって無邪気にフェラチオしている。
俺は野外露出でフェラチオされるという初体験に、いまさらながら興奮してきた。
人気がないとはいえ、いつ誰にみられるかもしれないというスリルがぞくぞくと背筋を駆け抜ける。
ちゅぷちゅぷと嬉しそうに、ちんぽをしゃぶっているアイは、そんなスリルがやみつきになって、普通のセックスでは満足できなくなってしまったのだろう。
手でしごきながら、舌を絡ませているアイの動きにはためらいがなく、たまにゆっくりになったり、早めになったりという緩急のつけ方も手馴れたものだった。
よだれまみれになったちんぽを口から出されると、よだれが外気で急に冷たくなって、寒く感じる。
そこをあたたかい口の中に含まれると、とろけそうな気持ちよさを味わうことができる。
俺は野外露出フェラチオがやみつきになりそうな予感がした。
ちんぽを口に咥えて上下に動かしながら、両手でしごかれはじめると、射精感が突き上げてきて、がまんできなくなった。
「もうイく・・・。」
アイが口からちんぽを出さなかったので、口内射精してしまった。
どぴゅっとすごい勢いでアイのノドの奥に吐き出された精液は、そのままごくりと飲み込まれ、しぼりだされるように、何度か口に含んだままのちんぽに吸い付かれた後、ゆっくりと開放された。
あまりの快感に下半身に軽いしびれが走り、酸欠でふらふらした。
「私のフェラチオ、気持ちよかった?」
アイは口を手の甲でぬぐいながら、得意げに俺をみている。
「もちろん。最高に気持ちのいいフェラチオだったよ。」
実際、今までフェラチオされた中で、ナンバーワンといっていい気持ちよさだった。
「ねえ、フェラチオしたら、アイも濡れちゃった。」
アイは俺に背を向けると、お辞儀するようにおしりを突き出し、自分でパンティを下ろして、スカートをまくってみせた。
「ほらね。おまんこがびちゃびちゃでしょ。」
さらに、自分でおまんこを広げて、奥のほうまでみせてくれる。
愛液でつやつやと光るおまんこは、とてもおいしそうだ。
俺はしゃがんでアイのおまんこに顔をよせると、べろべろと犬のように舐めた。
「あっ・・・ああ・・・。」
自分の太ももに手を置いてバランスをとっているアイは、俺が舌をはわせるたびに、大きなあえぎ声をあげる。
前の方に手を回して、クリトリスをいじりながら、れろれろと膣口付近を舐めまわすと、カラダをのけぞらせてよがった。
「ああん・・・すごく気持ちいい・・・おまんこいいの・・・。」
俺は一度アイからはなれて、俺の車のサイドの窓ガラスに両手をつかせて、後ろからおまんこに指を入れた。
ずぶっずぶっとおまんこの奥に指を入れられるたびに、嬉しそうな声をあげるアイはここが外だということなんて、もう頭にないのだろう。
クリトリスを左手の親指と人差し指でこちょこちょいじりながら、二本にした指でおまんこをぐちゃぐちゃにかきまわしていると、指をしめつけながら、アイがイった。
「もうイっちゃうの・・・すっごくいいの・・・。」
びくびくとカラダを震わせた後、満足そうなため息をついたアイはうっとりと俺を見上げた。
「すごく気持ちよかった。次は、おちんぽをおまんこにちょうだい。」
俺はすっかり回復したちんぽをバックからアイに突き刺した。
「あん・・・あは・・・入ってくるよ・・・おちんぽ・・・大きい・・・。」
おまんこの奥までちんぽを入れ終わったとき、急に、車が通りかかった。
挿入に夢中になっていて、気がつかなかったらしい。
もう抜くわけにもいかず、なるべくアイに密着して、車が通り過ぎるのを待つ。
「あ・・・みられてる・・・おまんこにおちんぽ入れられてるの・・・みられてるよぉ・・・。」
アイは嬉しそうにささやき、おまんこをぎゅうぎゅうとしめた。
人に見られて悦ぶ真性の露出狂だったらしい。
俺は車が通り過ぎるとほっとして、いそいそと腰を動かし始めた。
「ああっ・・・あん・・・おちんぽいい・・・硬い・・・。」
うねりながらまとわりついてくるアイのおまんこの気持ちよさと、野外露出セックスだという興奮で、俺は記録的な速さで射精してしまった。
俺がアイのおまんこの最奥に精子を吐き出すのと同時に、アイもカラダをびくびくさせてイってくれたので、何とか満足させられたが、いろんな意味でハラハラしたはじめての野外露出セックスだった。


体験談 セクハラしまくりレイプ専門の強姦ハメまくりのエッチな無修正アダルトサイトのメス豚2

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 21 - 25 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.