Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

野外露出混浴セックス体験

生クリームを乳首に付けて犬舐めのように美味しそうに乳首を舐めるスケベ男性がグミみたいな勃起乳首を舐め舐めする無料アダルト動画
出会い系で出会ったアイは、正真正銘の変態女だった。
ルックスは清楚な感じで、かわいらしいのに、野外露出が大好きなのだ。
セックスはしたいが、野外露出は危険性も高い。
俺はネットで調べた穴場の混浴温泉に、アイを連れて行った。
髪が濡れないようにアップにまとめて、白いバスタオルを巻いたアイはとても色っぽくて、野外露出好きの変態だとはとても思えない。
岩風呂の露天風呂には誰もいなくて、貸切状態だった。
バスタオルを岩風呂のふちにのせ、輝くような白い肌をお湯に沈めたアイは頬がほんのり桜色に染まって、美しい。
俺は誰も入ってこないうちに、アイのおまんことアナルに防水バイブを押し込んだ。
後ろから、くりくりと乳首をいじりながら、バイブの動きにカラダをよじらせているアイの耳にささやく。
「もうすぐ他のお客さんが来て、アイのこのいやらしい姿をみてくれるよ。」
アイはぞくぞくとカラダを震わせ、目をうるませた。
ガラっと戸が開く音がして、若い男性が二人、露天風呂に入ってきた。
にぎやかに話しながら、通路を歩いてきた二人は、俺とアイに気がついて、はっとなった。
「すみません・・・ご一緒してもいいですか?」
「かまいませんよ。」
俺がにこやかに答えると、ガタイのいい男性たちはお湯に浸かって、ちらちらとアイの方をうかがった。
アイは両手でおっぱいを隠している。
にごり湯なので、おまんことアナルに入れられたバイブは見えないが、お湯からあがることもできない。
「ご旅行ですか?」
色黒のマッチョな男がアイに話しかけた。
「そうなんですよ。」
バイブのうねりを我慢していて、声の出せないアイに変わって、俺が答える。
「カップルで温泉なんてうらやましいなあ。」
色白のマッチョな男が俺をうらやましそうに見る。
温泉がというよりも、アイとセックスできるのがうらやましいのだろう。
「彼女がこういうの、好きなんで、付き合わされているんです。」
といいながら、隠し持ったバイブのスイッチを強にする。
びくんと飛び上がったアイは、必死で声を抑えている。
「どうしました?大丈夫ですか?」
色黒の男は、アイに近づいて、心配そうに声をかける。
こくこくとうなずきながら、アイはあとずさった。
近づくのを止めた男は、アイの様子をうかがっている。
俺は後ろからアイに近づき、アナルのバイブを出し入れした。
「のぼせちゃったのかな?もうあがるかい?」
「く・・・だい・・・じょうぶ・・・。」
色白の男がおせっかいをやく。
「顔が真っ赤だ。湯あたりしないうちに、一度、あがった方がいいですよ。」
ふらふらしているアイを俺は後ろから支えて、立ち上がらせた。
二人の男の目の前に、バイブをくわえ込んだおまんこがさらけ出される。
おっぱいはなんとか両手でかくしているが、それも逆に、いやらしい感じだ。
男たちはアイのおまんこに釘付けになり、ごくりと生唾を飲み込んだ。
ぐいんぐいんとバイブがうねり、アイは羞恥と喜びで頬を染めた。
「この子は野外露出が大好きなんです。すぐに連れて行きますから。」
俺がアイを連れて行こうとすると、二人の男は引き止めた。
「せ、せっかくですから、もう少しみせてくださいよ。僕たちは何もしませんから。」
「そうですよ。あなたの許可なしには、彼女にはふれませんから。」
俺は内心、ニヤリとほくそえんだ。
「アイ、親切な方たちでよかったね。たっぷり、アイのいやらしいところ、みてもらおうね。」
アイがおっぱいをおおっていた手をよけさせると、すっかり大きくなった乳首とボリュームのあるおっぱいがあらわれた。
「アイちゃんのおっぱい、すごいね。」
色黒の男がうっとりとアイのおっぱいをみつめる。
「乳首をこんなに大きくして、いやらしい子だね。」
俺は耳元でささやきながら、乳首を指でぐりぐりといじった。
「あっ・・・。」
アイは悦びの声をもらす。
さらに、おまんこに咥えこまれたバイブをぐちゅぐちゅと出し入れした。
「ああ・・・あん・・・。」
俺にもたれて、感じまくっているアイの姿はいやらしく、俺はその場の空気がはりつめるのを感じた。
「すみません。ちょっと立っていただけますか?」
俺が色黒の男に頼むと、彼は素直に立ち上がった。
反り返ってお腹についたちんぽは、凶暴に勃起している。
「ほら、アイのいやらしい姿をみて、ちんぽを大きくしてくださったよ。お礼にフェラチオしなさい。」
俺はアイを色黒の男のところへ連れて行くと、男の前にしゃがませた。
アイはどす黒いちんぽを口の中に咥えこみ、じゅぶじゅぶとしゃぶりはじめた。
「ああ・・・アイちゃん、すごく気持ちがいいよ・・・。」
色黒の男はアイの頭に手をおいて、アイがフェラチオしている姿を凝視している。
「あなたもいかがですか?」
色白の男に声をかけると、男はいそいそと、色黒の男の隣に並んだ。
すっかり勃起したちんぽは白っぽく、細長い感じだ。
アイは二本のちんぽを交代でしゃぶりながら、手でしごいている。
男たちはあえぎ声をもらしながら、アイをみつめている。
俺はアイのおまんこからバイブを抜き、ちんぽを入れた。
「んん・・・ああ・・・。」
ゆっくりとおまんこに入れられていくちんぽを受け入れながら、見知らぬ男のちんぽをしゃぶっているアイはくぐもったあえぎ声をあげ、腰をゆらしている。
やがて、男たちがアイの顔に顔射し、アイのかわいい顔を精液まみれにすると、アイの膣の中は悦びできゅっとしまり、俺もアイの中に精液を吐き出した。


アキバ本舗バイブ 体験談のオリジナル無修正アニメから人気AV女優まで多彩なジャンルの人気アダルトサイト

 
人妻中出し3Pの官能小説

脇フェチも必見の脇と美乳おっぱいを晒すスケベな巨乳おっぱい横乳の綺麗な美乳ショットで薄い乳輪・乳首を弄られるアダルトHムービー
出会い系で出会ったアイとは、セフレとしてたびたびセックスする関係だった。
人妻のアイは子供を産んでないせいか、引き締まったプロポーションとしまりのいいキツいおまんこで、整った顔といい、たわわなおっぱいといい、無料で味わえるのが奇跡のような上玉だった。
ホテル代や食事代などの費用を負担してもらえることを考えると、風俗なんてアホらしくなるくらいのすばらしい相手だ。
待ち合わせ場所で待っていると、アイの運転するシルバーのベンツが止まった。
いつものように助手席に乗り込むと、後ろの席にアイとはタイプの違う清楚な感じのショートカットのお姉さんが乗っていた。
スポーツ選手かジムのインストラクターといった雰囲気のその女性は、俺をみるとにっこりと微笑んだ。
「今日は3Pしましょ?」
アイはさらりというと、つややかな唇を舌でぺろりと舐めた。
「彼女はユカさん。ステキなおっぱいと感度のいいおまんこをもってるわ。」
「よ、よろしく・・・。」
確かに、ユカのおっぱいのボリュームは、シャツごしでもかなりのものだとわかる。
「あなた、すごくいいちんぽをもってるんですってね。期待してるわ。」
アイもユカさんも、上品そうなきれいな顔で、いやらしいことを平気で口にする。
俺はホテルに着くのが待ちきれなくなった。
「ちょっと味見する?」
アイにいわれて、俺は後部座席に移動した。
ユカに抱きしめられて、濃厚なキスをする。
にゅるにゅると舌が口の中をまさぐり、俺はアイとは違ったキスの感触を楽しんだ。
ユカの手がジーンズの上から、俺のちんぽをなぞり、すでに勃起しかけていたちんぽをさらに大きくする。
「ねえ、フェラチオさせて?」
俺はちんぽを取り出し、ユカにフェラチオしてもらった。
ユカのフェラチオは繊細で丹念だ。
やわらかくあたたかい舌があますところなく、ちんぽを舐めまわし、カリや裏筋、根元までていねいになぞられる。
唇でちゅっとキスをしては、れろっと舌で舐められるのも気持ちがいい。
玉袋を舐められているうちに、ラブホテルに到着し、俺たちはいそいそと部屋に入った。
いっせいに服を脱ぎ、三人とも全裸になる。
アイのスタイルのよさはもはや見慣れたものだが、ユカの肢体もまた、俺が抱いていいものかとためらってしまうくらいの完成度の高さだった。
つんと上を向いている形のいい美乳はボリュームもかなりのものだ。
きゅっと引き締まったウエストに、長い脚。
俺がユカにみとれていると、後ろからアイが抱き付いてきた。
やわらかなおっぱいが背中に押し当てられ、すっかり勃起しているちんぽがアイの手の中に包まれる。
「ほら、ユカ、ちんぽ咥えてもいいわよ。」
ユカがひざまずき、アイの手で根元を支えられた俺のちんぽを口の中に咥え込む。
熱い口内にすっぽりと覆われた俺のちんぽは、びくんと快感に震えた。
ちゅぶちゅぶとゆっくり出し入れされると、今日、たくさん出すために、オナニーを控えていた俺のちんぽが精液の放出を求めて脈打つ。
「ユカが嬉しそうに、あなたのちんぽ、しゃぶっているわよ。」
耳元でささやかれると、くすぐったさと気持ちよさがじわっと広がる。
俺のちんぽを咥えこんでいるユカの表情は、うっとりとしていて上気している頬がいやらしい。
アイは俺の背中に、勃起した乳首をなすりつけながら、俺の小さな乳首をこりこりと指でいじった。
俺は手を後ろに回し、アイのおまんこをまさぐった。
なにもしていないのに、すでにぬれぬれのおまんこは俺のちんぽを待ちわびているらしい。
「私からいただいていいのかしら?」
やっとちんぽから口をはなしたユカが、口のはしからよだれをたらしながらつぶやく。
「あら。交互に入れてもらいましょ。」
アイとユカがベットに手をついて、お尻をつきだし、俺は変わりばんこにちんぽを挿入しては抜き、違うおまんこに入れた。
ずぶぶっとちんぽがおまんこに差し込まれると、のけぞったカラダから悦びの声があがり、ちんぽが抜かれるときには、ひきとめようとするおまんこがちんぽに絡みつく。
隣であがる嬌声にじらされたおまんこは、ちんぽが入ってくると、悦びで精一杯の歓待をしてくれる。
はじめて味わうユカのおまんこもすばらしかったが、何度も味わっていたはずのアイのおまんこも普段に増して、具合がよかった。
俺は何度も襲ってくる射精感を耐え、ずぼずぼとおまんこの最奥を責めた。
「うん・・・ああ・・・もうイくぅ・・・。」
ユカがおまんこを今まで以上に引き締め、ケイレンして、脱力した後、ちんぽを抜いて、アイのおまんこに入れた。
ユカのおまんこのしめつけの衝撃から立ち直るために、少しじっとしていると、アイが自分で腰を振って、俺のちんぽから快楽を引き出す。
「あ・・・太くて硬いちんぽ・・・いいの・・・。」
ぐちゅぐちゅっと結合部からはいやらしい音が響き、きゅっきゅっと断続したしめつけを続けるアイのおまんこは俺のちんぽを射精へと導く。
「イく・・・。」
アイの絶頂と同時に、俺のちんぽも限界を迎え、白くて濃い精液をたっぷりとアイのおまんこに吐き出した。
その後、何度もアイとユカに精液を吐き出した俺は、はじめて玉切れというものを経験したのだった。


オリエンタルムービーの総合アダルトサイトのセックスの体験談エッチなローター攻めの淫乱ファックムービー
 
コスプレロリ娘のエッチな告白

セクハラ学園エッチ動画で美巨乳おっぱい女子高生コスプレ学園物の乳首勃起エッチムービー
出会い系で出会ったアイとは、最高のセフレ関係を保っている。
特殊な性的嗜好を共有できるパートナーはなかなか見つけづらい。
出会い系でアイと出会えたことは、俺にとって、人生最大の幸運だった。
けっして大げさにいってるつもりはない。
俺の好みのコスプレをして、年齢が信じられないような幼い顔で、俺の欲望にこたえてくれるアイは、俺にとって三次元の天使だ。
二次元の天使たちもいとおしいけど、二次元の天使のコスプレをして、現実で快楽を与えてくれるアイは、かけがえのない俺の宝なのである。
しかも、演技派のアイは毎回、俺の用意するシナリオを忠実に再現してくれる。
今日のプレイは有名なギャルゲーの制服に身を包んだアイがムリヤリ体育教師の俺に犯されて、嫌がりつつも感じてしまうという設定だ。
ありえないくらいミニのセーラー服に着替えたアイは、はにかんだ表情で、「似合う?」ときく。
何を着ても、必ずこう聞くのだが、その時の恥ずかしそうな様子は何度見ても押し倒したくなるくらい萌える。
実際、何を着てもとても似合うし。
「すごくかわいいよ。」
俺がうっとりとアイをみると、嬉しそうに微笑む。
その微笑がまた・・・。
そんなわけで、俺たちは毎回のデートを俺の部屋でコスプレえっちをして、過ごしているのだ。
「それじゃ、はじめるよ。」
高校時代のダサいジャージを着た俺は、清純そうな制服姿のアイににじりよった。
演技ではなく、ジャージの下のちんぽはすでに、みてわかるくらいに勃起している。
「せ、先生、こんなところに呼び出して、何の御用なんですか?」
アイがおびえたような表情で俺を見つめ、震える声で質問する。
ちなみに、「こんなところ」とは、体育用具室という設定だ。
俺はいきなりアイを抱きしめた。
「こんな御用だ。」
アイは俺の腕から逃れようと、カラダをよじる。
「いや!やめてください!」
俺はがっちりとアイのカラダを抱きしめたまま、短いスカートをまくって、白いパンティの上からおしりをなでまわす。
「いやあ!先生、お願いやめて!」
カラダをのけぞらせて、悲鳴をあげるアイの演技は女優並だ。
無遠慮におしりをなでまわしていた俺の手はパンティをかきわけ、おまんこに指をのばす。
「やだぁ・・・やめて・・・。」
ぐすぐすと涙声で懇願するアイの演技力には、いつも感心させられる。
そして、興奮する。
俺の指はアイのおまんこの湿り気に届いた。
「口ではいやだっていいながら、濡れてるじゃないか。」
「違います・・・そんなことありません!」
首をふっていやいやをするアイのおまんこを指で何度もなぞり、愛液のしたたりをさらに増殖させる。
「ほら、もうあふれてるじゃないか。実は、淫乱だったんだな。」
からかうようにいうと、アイは真っ赤になってうつむき、
「ち、違うんです・・・あっ・・・。」
とあえぎ声をもらす。
俺は片手でアイの腰を支えたまま、おまんこから指をはなして、パンティを太ももまで下ろす。
片手でパンティを下ろすのは、けっこうめんどくさい。
だが、むきだしになったおしりとおまんこはもうなぶり放題だ。
腰を支えていた手でおしりをなでまわし、すでに愛液で濡れた指で、クリトリスをぐりぐりと刺激した。
「いや・・・あん・・・。」
アイは俺にしがみつき、目をつぶっている。
ワレメを指でゆっくりとなぞり、ぐにぐにと膣内に指を押し入れる。
「アイのおまんこは、俺の指をぐっぷりと咥え込んじまった。はなしてくれそうもないな。」
膣の中に根元まで差し込んだ指をまわすと、アイが悲鳴をあげる。
「や、やだぁ・・・あっ・・・うん・・・。」
俺は指を出し入れしながら、おしりをなでていた指で、クリトリスをつまんだ。
あふれてきた愛液で濡れていたクリトリスはつるつると俺の指から逃げるが、そのたびに、つまみなおす。
「はふ・・・ん・・・あん・・・。」
指を二本に増やし、おまんこがぐちゅぐちゅいいはじめたところで俺は指の動きをとめた。
のろのろと俺の顔を見上げたアイにむかって、にやにやしながら、
「続けてほしかったら、先生にキスするんだ。」
というと、うっすらと開いた唇が俺に近づいてきた。
アイは俺の首に両手を回して抱きついたかっこうで、ちゅっちゅっと唇を合わせてくる。
その唇の合わせ目に、強引に舌をねじ込み、きれいに並んだ白い歯を舐めまわし、やわらかな舌をムリヤリ絡める。
「ん・・・う・・・。」
俺はジャージのズボンとパンツを足首までおろし、アイの唇から口をはなした。
はあはあと息を荒くして、上気した顔でぼんやりと俺をみているアイに、お腹につきそうなくらい立ち上がったちんぽの根元をつかんでみせつける。
「お次は、俺のちんぽにキスしろ。舌もつかって、濃厚なやつをな。」
アイは素直にしゃがみこみ、俺のちんぽに唇をつけて、キスを繰り返す。
次に、ためらいがちに、舌でサオや亀頭を舐め、そのじれったい感じがたまらなくぞくぞくする。
「もういいぞ。ご褒美にお前のおまんこに俺のちんぽをいれてやる。」
俺はアイを立ち上がらせて、片足のヒザの裏に手を入れて持ち上げ、アイの唾液と先走りで濡れたちんぽをアイのおまんこに入れた。
狭いおまんこに飲み込まれていくちんぽは気持ちよさにふるえていて、すぐにも精を吐き出しそうだ。
なんとかアイのおまんこにちんぽを収め終わると、アイの反対の足も抱えあげて、駅弁スタイルになった。。
アイのカラダをゆすりながら、腰をうちつけ、アイのおまんこの中を味わう。
さすがに、負担の大きな体勢だったので、そっと床にアイを下ろして、思う様、腰を激しくうちつけた。
「あっ・・・センセ・・・すごい・・・気持ちいいですぅ・・・。」
制服姿で犯されているアイは本当にエロくて、俺は次こそ、カメラを用意しようと思った。
「もう・・・もう・・・アイ・・・イっちゃう・・・。」
アイの中がびくびくとふるえながらしまり、アイがイくのにつられて、俺のちんぽも白い精子を大量にアイのおまんこに吐き出した。


天然娘セックスの体験談が満載な素人むすめ達の過激アダルト無修正動画サイト

 
コスプレロリ娘ハメ撮り告白
セーラー服の中に手を入れて巨乳オッパイ揉みしだくローションまみれのツヤツヤボディーを弄られまくりのドMセーラー服美少女コスプレSEX動画
出会い系で出会ったアイは、ヤバいくらいの童顔だった。
ロリコンじゃない俺としては、ロリ娘って感じのアイはそんなに好みではなかったんだけど、かわいい顔だし、巨乳だし、で、友達以上恋人未満な関係を続けていた。
ま、俺的にはセフレの一人っていう認識だったけど。
アイは女優志望らしく、コスプレが好きで、いろんなコスプレをしたがった。
ナース服、セーラー服、チャイナドレス、メイド服、浴衣・・・どんなコスプレをしても、元がイイからかわいい。
ただ、女優ってよりは、グラビアアイドルとかAV女優の方がまだ現実味があるようなルックスなんだよなぁ・・・。
最近では、自分のブログを更新するのにハマっているらしく、コスプレした自分の画像をデジカメで撮ってくれと頼んでくる。
俺もキライじゃないので、カメラマン気取りで、コスプレしたアイにセクシーなポーズを撮らせては悦に入っていた。
女優を目指してますっていうブログだから、さすがにエロがメインの画像は載せられない。
でも、アクセスを集めるためには、男の下半身にズキュン!とくるような画像の方がいいに決まっている。
メイド服姿でよつんばいになって、雑巾がけをしているポーズを前後から撮るとか、ナース服で太ももをちらりとみせているポーズとか、いろいろ研究してみた。
アイは巨乳だし、ロリ娘だから、ウケることはウケるんだけど、どーもなんだか物足りない。
なんとなく、ありがちって感じになってしまうのだ。
かといって、露骨な露出のエロい画像だと、アイがイヤがるし。
俺はいかに露出をしないで、エロく見せるかに凝り始めた。
おっぱいやおまんこをむき出しにしている画像や動画なら、ネットにはいくらでも落ちている。
乳首やおまんこを隠しているうちは、みたいみたい!といわれるが、一度みせると満足して飽きられてしまうのが男の性ってもんだ。
コスプレ衣装の下には、ブラジャーもパンティもつけさせないで、時には、バイブやローターをつけることで、俺はアイの表情にエロさを出そうとした。
ブラジャーをつけないと、乳首が勃起したときに、目立ちやすくなる。
コスプレ衣装にこすれた乳首が敏感になるというオマケもある。
パンティをつけないと、パンチラしそうなポーズのときに、より羞恥心をあおることができる。
スカートに隠れたおまんこに、ローターやバイブでこっそり刺激を加えることで、アイの瞳が色っぽく潤み、頬が上気し、誘うような表情になるのだ。
それがだんだんエスカレートしてきて、コスプレの撮影のついでに、ハメ撮りもさせてもらっている。
もちろん、ハメ撮りの画像は俺とアイ以外にはみせない。
ハメ撮りの画像は俺の個人的なコレクションになり、オナニーのおかずとして重宝していたりする。
セーラー服姿で、机に手をついて、バックでおまんこにちんぽを咥えこんでいるハメ撮り画像やスクール水着でオナニーしている画像が俺のお気に入りだ。
アイは学生で十分通るルックスなので、学生服やブルマ、体操着、スクール水着のコスプレが超ハマる。
実在のお嬢様学校の制服のコスプレよりも、アニメや漫画の制服のコスプレの方がウケがいいあたり、アイの適性は女優ではなく、オタク向けアイドルあたりのような気がするんだけど・・・。
今日も俺は、アイとのコスプレハメ撮りを愉しむ。
人気アニメに出てくる学生服をコスプレしてることがわかる程度に脱がせて、まずは乳首が出ない程度におっぱいを露出させる。
ブラジャーなしの生乳を直によーく揉み揉みして、乳首を軽くしごいて勃起させたところで、ちょっと上気したものほしそうな表情のアイの姿態を撮る。
学生服がまくれあがって、おっぱいの下乳は見えているが、乳首はみえていない。
スカートをめくると、パンティをはいていないおまんこはもう愛液でぬるぬるになっていて、ちょっとワレメを指でなぞるだけで、つるんと奥まで呑みこんでしまいそうになる。
人差し指と親指で軽くクリトリスをいじって、つぷっとおまんこに人差し指の先っちょを入れて、上下に動かす。
にゅくにゅくっといやらしい音がして、アイが眉を切なそうにしかめた。
その表情を含めた上半身だけ撮って、おまんこへの愛撫をもっと激しくする。
指を根元までおまんこに入れて、膣壁が指に喰らいついてくる感触を愉しむように上下左右にゆすぶった。
じわじわと指をおまんこから引き抜いて、第一関節だけおまんこの中に残して、ぐるぐると回す。
「もう・・・ダメぇ・・・早くおまんこにおちんぽ・・・ほしいよぉ・・・。」
感じやすいアイは、すぐに悲鳴をあげる。
でも、まだまだこれからだ。
俺はすでにとろとろになっているアイのおまんこに、バイブを挿入した。
スカートでおまんこがみえないようにして、バイブのスイッチを入れる。
「ああんっ!やだ!バイブいやだよぉ・・・!」
アイはバイブでムリヤリにイかされてしまうのが、イヤらしい。
目に涙を浮かべて、頬を紅潮させている。
アイの表情はセックスのときの感じてる顔っていうのがバレバレで、おまんこがみえていなくても、バイブかローターかちんぽで、激しく愛撫されているっていうのがわかってしまう。
「お願い・・・サトルのちんぽ、入れてぇ・・・。」
アイの淫らな姿態といやらしいおねだりに、俺も我慢ができなくなって、バイブを抜いて、ちんぽを挿入した。
アイのおまんこが気持ちよすぎて、ハメ撮りするのを忘れてしまいそうになる。
ちんぽを動かしては、デジカメのシャッターを押し、またちんぽでおまんこの奥を突く。
じれったい抽送にアイは、自分から腰を振り出す。
アイの腰の動きに合わせて、ずんずんっとおまんこの奥を突いてやると、アイは膣壁をびくびくと震わせてイってしまった。
「イくときは、ちゃんといえよ?」
無言で絶頂の快楽に耐えているアイのクリトリスを指でいじりながら、おまんこをちんぽでこすり続けると、強すぎる快感にアイは涙を流す。
「やぁん・・・それ・・・やだぁ・・・ごめんなさい・・・。」
アイのエロい表情を撮ってから、俺は一気にスパートをかけて、ちんぽを動かした。
「あっ・・・やだ・・・ああっ・・・すごい・・・イくぅ・・・。」
アイがあげるあえぎ声を遠くに聞きながら、俺は頭の中が真っ白になるほどの快感と共に、射精した。
ちんぽが白い精液を吐き出すたびに、腰にしびれるような快感が走る。
ハメ撮りは何度やっても興奮する。
しかも、毎回、オナニーのおかずになる画像がたんまり手に入る。
おかげで、最近の俺はズリネタに困らない。


Xgallery体験談 セクハラ無修正をダウンロードしまくりのエロすぎる総合アダルト無修正動画サイト
 
ゴスロリ少女陵辱レイププレイ
綺麗な顔の美人お姉さんが自分の指で女性器弄りクリトリス刺激しての本物オナニーを展開する女優になれそうな美人女性の本気オナニー動画
出会い系で出会ったアイは、ゴスロリファッションが大好きな女の子だった。
ゴスロリファッションに身を包んだアイは、まるで動く人形みたいで、かわいいけど、あんまりセックスの対象って感じはしない。
俺は妹の遊びに付き合ってやる感覚で、アイとお子様デートを繰り返していた。
無表情で人みしりな感じのアイがたまに笑顔をみせたりすると、妙に嬉しくて野生動物を手懐けたような達成感があったし。
ドライブの後、いつもようにアイのうちまで送ろうとしたら、
「どうして、サトルは私になにもしないの?」
とアイがつぶやいた。
「なにかしてほしいの?」
ってきくと、
「うん。」
真剣な表情で答える。
俺は車をとめて、アイの手をにぎった。
冷たくて、小さなアイの手はちょっと震えていて、アイの緊張を伝えてくる。
ぐいっとアイの体を引き寄せて、唇を重ねるだけのキスをした。
ふんわりといい香りが俺をうっとりとさせて、初恋のときめきみたいなものを思い出した。
「ラブホテルに行く?」
ラブホテルに着くまで、なんかヘンに緊張した。
シャワーを浴びて、バスローブを着たアイは、かわいらしい少女のようで、恥ずかしそうにしているのがなんともたまらなかった。
もじもじしているアイの手を強引にひいて、ベットに押し倒して、覆いかぶさる。
痕がつかない程度に首筋に強めのキスをして、鎖骨を舌でなぞった。
「これ、脱がすぞ。」
バスローブに手をかけて、一気に開く。
ぎゅっと目を閉じて恥ずかしそうにしているアイは、緊張で体をこわばらせているが全く抵抗しない。
バスローブで隠されていた透き通るように白くて、きれいなアイの裸体が俺の目の前に現れた。
人形のように均整のとれた幼さの残る肢体は、きゃしゃな感じで力をいれると折れてしまいそうだ。
ちんまりとした微乳の上の桜色の乳首が、白い肌に映えている。
思った以上に細いウエストの下のおまんこには、毛が生えていないため、子供のようにもみえる。
自分で陰毛を剃ってパイパンにしてるわけでもないようなので、体質的に陰毛が生えないのだろう。
「なあ、今まで誰かとセックスしたことある?」
すべすべの肌の感触を愉しむように、体をなでまわしながらきくと、アイはびくびくと体を震わせながら、
「ないよ・・・。処女とするなんて重くてイヤ?」
「イヤじゃないけど、処女だとたぶん、かなり痛いぞ。」
俺は軽く乳首をつまみながら、アイの表情を観察した。
オナニーもしてなさそうだから、アイの体は完全に未開発の状態だ。
おっぱいは乳首も含めて、愛撫してもほとんど反応がない。
乳首をしゃぶってみても、くすぐったがるばかりで、あまり効果がなかった。
アイの足元に座って、おまんこをじっくりとほぐすことにする。
足を大きく開かせて、むき出しにしたおまんこはまだあまり濡れていない。
唇でついばむように、小陰唇や膣口を刺激して、舌で全体を舐めまわした。
「気持ちいい?くすぐったい?」
「なんか・・・ヘンな感じ・・・。」
アイの反応は舌がクリトリスに触れた瞬間に、変わった。
「あ・・・そこ・・・気持ちいい・・・かも・・・。」
れろれろと舌で舐めて十分に濡らしてから、指でやさしくクリトリスをこすると、アイのあえぎ声はだんだん大きくなってきた。
「あんっ・・・イイ・・・なんか・・・きちゃう・・・。」
アイは体を仰け反らせて、イったようだ。
はあはあと荒い息をしているアイが力を抜いている間に、自分でしゃぶってよだれをたっぷりつけた人差し指をアイのおまんこにゆっくりと挿入した。
狭い・・・指一本入れるのも、かなりキツい。
指先に抵抗感があったので、これが処女膜ってやつだろう。
指で破るのはもったいない気もするが、いきなりちんぽを挿入したら、痛すぎてセックス恐怖症になりかねない。
ぐっと指先に力をこめて、おまんこの奥まで指を押し込んだ。
じっくり指でおまんこを拡げて、なんとか指を三本入れられるようになったところで、クリトリスを舌で舐めた。
膣壁が指をきゅうきゅうとしめつけて、かなり感じているのが伝わってくる。
「さっきより、すごく気持ちいいよ・・・。」
おまんこから指を抜くと、赤い血がついていた。
亀頭を膣口にあてがうと、じわじわとおまんこに挿入する。
「や、やっぱり、イヤ・・・今日はやめよう?」
亀頭がおまんこに入った状態で、いまさらやめられるわけがない。
「・・・悪い。もうムリ。」
さらに、ぐぐっとちんぽを奥に入れると、アイが悲鳴をあげた。
「やだ・・・痛いよ・・・大き過ぎ・・・ムリだってば・・・。」
後ろに後ずさろうとするアイのウエストを押さえ込んで、強引にちんぽを入れ続ける。
陵辱するつもりなんてなかったのに、結果的に、陵辱になってしまった。
俺はおまんこにちんぽを入れかけてからやめられるほど、理性が強くない。
ぐすぐすと泣き声をあげているアイに、罪悪感を感じたものの、逆に、激しく興奮してしまった。
「痛い・・・おまんこ裂けちゃうよ・・・。」
アイの頬を涙が伝っていく。
ちんぽを根元まで入れた俺は、舌でアイの涙を舐めとった。
「ごめん・・・男は途中でやめられないんだよ。」
このまま陵辱で終わってしまっては、後味が悪いので、俺はちんぽを動かしたいのを必死でこらえた。
激しく動かしたい気持ちを我慢して、ゆっくりゆっくりちんぽを動かしたが、アイは痛がるばかりで、ちっとも気持ちよくならなかった。
あきらめておまんこからちんぽを抜き、手でしごいて、ティッシュに射精すると、俺は血を流しているアイのおまんこを眺めた。
もっと急がずに日にちをかけてアイの体を開発していれば、陵辱まがいの初体験をさせずにすんだのかもしれない。
その日でアイとの関係は終わってしまった。
俺は処女とのセックスはもうイヤだと思った。


バイブ 体験談コスプレ1000人斬りでスケベ女性たちのハメドリセックス映像満載アダルトサイト
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 26 - 30 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.