Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

近親相姦プレイ中出し体験談

綺麗なお姉さんの濡れ濡れエロ唇で挑発するお父さんバイブの男根バイブレーターでフェラチオをするフェラ顔がエロいスケベお姉さんフェラチオの仕方講座
出会い系で出会ったセフレのアイとは、ちょっとアブノーマルなプレイを愉しんでいる。
最近ハマっているのは、近親相姦プレイだ。
アイが妹役、俺がお兄ちゃん役で、アイを陵辱しているうちに、アイがだんだん感じてきて、和姦になるというストーリーがお気に入りだったりする。
まずは、妹のアイが寝ているところをお兄ちゃんである俺が襲う。
パジャマ姿で寝たフリをしているアイの布団をはぎ、パジャマのボタンをはずす。
タンクトップをまくりあげ、さわるかさわらないかのギリギリのタッチでおっぱいを愛撫する。
手のひらで乳首を転がすようにして、勃起した乳首を口に含む。
唇で乳首をしごきながら、舌でちろちろと舐める。
「ん・・・うぅん・・・。」
アイは寝苦しそうに首を左右に振るが、目は開けない。
気の済むまでおっぱいをイタズラした後、パジャマのズボンを脱がし、パンティに手をかける。
両手でじりじりとパンティをおろす瞬間、たまらないときめきを感じる。
足首からパンティを抜き取り、両手でゆっくりとアイの脚を開く。
M字開脚で丸出しになったアイのおまんこは、つやつやと愛液で光っていて、たまにぴくっと動いている。
俺はそっとクリトリスを舐めて、あふれる愛液を指で拡げるようにワレメをなぞった。
「あん・・・んんっ・・・。」
おまんこがぐちゅぐちゅになったところで、膣の中に指を入れる。
指が根元まで入ったところで、ゆっくりと出し入れしていく。
「はんっ!・・・えっ・・・サトルお兄ちゃん、何してるの?」
あまりの気持ちよさにアイが目を覚ましてしまう。
「やっ・・・あたしたち兄弟なのに・・・こんなのダメだよ・・・。」
アイは泣き出すが、俺はかまわず、手マンを続ける。
じゅっ・・・ずちゅ・・・といういやらしい音がおまんこから響いている。
「アイのおまんこがこんなにいやらしいから、お兄ちゃんのちんぽ、硬くなってしまったよ。」
俺はアイの目の前に、グロテスクに筋ばった勃起ちんぽを突き出す。
先走りでてらりと光る黒っぽいちんぽは、我ながら凶悪な感じだ。
「えっ・・・お兄ちゃん、大丈夫?痛いの?」
アイは目に涙をためたまま、心配そうな顔で俺をみる。
「ああ、すごく苦しいよ。」
俺は顔をしかめながら、手でサオを軽くしごく。
「どうしたら、苦しくなくなるの?」
「そうだな。舐めたら少しはよくなるかも・・・。」
「舐めたらいいんだね・・・。」
アイは小さな舌でぺろぺろと俺のちんぽを舐める。
「口に咥えて、口の中で舐めてくれ。」
俺のちんぽはアイの口の中に含まれ、舌で舐められた。
「だいぶ楽になったよ・・・。でも、やっぱり、アイのおまんこに入れないとおさまらないみたいだ。」
アイの口からゆっくりとちんぽを抜くと、俺のちんぽはアイのよだれでびちゃびちゃになっていた。
「でも・・・それは・・・。」
不安そうな顔をしているアイに覆いかぶさり、ムリヤリキスする。
舌で口の中を舐めまくっているうちに、アイの目はとろんとしてきた。
「アイはお兄ちゃんのこと、好きだろ?」
「好き・・・サトルお兄ちゃん、大好き。」
「じゃ、おまんこにちんぽを入れさせてくれるよな?」
アイは俺の顔をみつめながら、こくんと頷いた。
俺はアイのよだれまみれのちんぽをアイのおまんこにあてがった。
「・・・こわいよ・・・サトルお兄ちゃん・・・。」
「ゆっくり入れるから大丈夫だ。アイは処女だからな。」
じれったくなるほど、じりじりと少しずつちんぽを挿入していく。
「は・・・んん・・・。」
「痛いか?もうちょっとだからな。」
実際、俺のちんぽはデカいらしく、いつもアイは入れるときに痛がる。
根元まで入れたところで、俺はアイの表情を窺った。
「全部入ったぞ。アイのおまんこ、ぎちぎちにキツい・・・。」
「サトルお兄ちゃん・・・苦しいよぉ・・・。」
アイのおまんこに入れたまま、しばらくじっとしていると、おまんこがちんぽになじんでちょっとゆるくなる。
愛液もたくさんあふれてきてちんぽのすべりをよくしてくれるので、俺はちょっとだけ腰を引く。
「あっ・・・動いちゃイヤぁ・・・。」
ずるずるとちんぽを抜いていき、またじわじわとおまんこの奥に押し込む。
「はっ・・・ああん・・・。」
苦しそうだったアイの声がだんだん艶めいてきて、スムーズに抽送できるようになっていく。
「アイのおまんこ、すごく気持ちいいよ。お兄ちゃんのちんぽにぴったりとフィットしてる。」
「ホント?サトルお兄ちゃん、治りそう?」
「ああ・・・もう少しっ・・・。」
俺はキツくしめつけてくるアイのおまんこに、もっていかれそうになりながら、なんとか射精感をこらえる。
「あっ・・・なんか・・・へん・・・ああっ・・・やぁ・・・。」
「イきそうなんだな?いいぞ。イけ!」
激しく腰を打ち付けていると、アイはすぐにイってしまった。
「はあ・・・はあ・・・サトルお兄ちゃん・・・気持ちいい・・・。」
「俺ももうイきそうだ・・・このまま、中で出すぞ。」
近親相姦で中出しとかありえないと思うが、あくまでも近親相姦プレイなので、俺はアイのおまんこに思いっきり中出しする。
「や・・・ああっ・・・どぴゅって・・・サトルお兄ちゃん・・・。」
中出しの余韻を愉しんだ後、俺がちんぽを抜くと、近親相姦プレイは終了する。
「うーん。もっと強姦っぽい方が興奮するかもね。」
アイはおまんこからこぼれる精液を拭いつつ、俺にいう。
どうやら次回のセックスは、近親相姦強姦プレイになりそうだ。


セックス体験談告白パコパコママ熟女の女性器丸見えの生ハメ連続中出しセックスムービーを配信しています。

 
コギャル3Pセックス体験談
美人が全裸で横たわり豪華なアクセサリーが似合う金持ち愛人顔の巨乳スレンダーギャルの濡れ濡れ愛液溢れるエッチプレイ
出会い系でやっとゲットした女の子と待ち合わせしてみれば、思いっきりコギャルだった。
しかも、二人連れ。
あー、こりゃ、ラブホテル行きなんてムリだなぁ。
一瞬であきらめた。
このまま、家に帰って、一人さびしい時間を過ごすのもなんだし、コギャルと遊ぶのも悪くないかと自分にいいきかせる。
カラオケに行って、コギャル達が歌っている全部同じに聞こえてしまうイマドキの歌を聴きつつ、レンジでチンしただけの軽食を食べる。
コギャルとはいえ、二人ともけっこうかわいい。
積極的な性格らしいアイは、ぱっちりとした目を強調したメイクをしていて、露出の多い服装をしている。
はっきりと浮き出た鎖骨や若さあふれる太ももについ目を奪われてしまうが、スレンダーな体型でおっぱいやおしりはそれほどのボリュームではない。
おとなしい感じのユウは、かわいいというよりキレイ系で、俺とはほとんど話さない。
俺的にはユウの方が好みなんだけど、こっちから何度も話しかけるほどの根性はないので、こっそりとみつめるくらいにしておく。
声が枯れるくらい歌って満足したらしいアイは、俺にぴったりとくっついて座って、俺の顔をのぞきこんだ。
「おなかいっぱいになったし、歌うのも飽きたから、ラブホテルでも行く?」
思わず、援交か?って考えたのが顔に出ていたらしい。
「援交じゃないよ?」
って笑われた。
ラブホテルに三人で行くなんてはじめてだ。
アイだけでなく、ユウまで一緒に来るとは思わなかった。
ユウがシャワーを浴びている間、アイが俺に抱きついて、ズボンの上からやや勃ち状態のちんぽをさすった。
「あたし、オジサンが好きなんだよねー。ユウもサトルさんならいいっていうし。」
俺が戸惑っているうちに、アイの手が俺のベルトをはずし、ズボンが足元に落ちた。
アイはわくわくした様子で、俺のトランクスを脱がす。
俺のちんぽを見たアイは、
「サトルさんのちんぽ、黒くて使い込まれてる感じだねー。」
といいながら、そっとちんぽをにぎった。
俺に抱きついて、キスしながら、ちんぽを手でゆるくしごく。
アイのつけている甘い香りの香水がアタマの芯をしびれさせて、俺はおずおずとアイの細い体に手を回した。
「もうぬるぬるになってるよ?」
イタズラっぽく笑いながら、先走りで濡れた手を俺にみせるアイは小悪魔っぽくて、俺はすぐにも押し倒したい衝動に駆られた。
シャワーを浴びたユウがバスタオルを巻いただけの格好で、こっちに歩いてくる。
すんなりと伸びた足に、細くて長い手、大事なところをギリギリで隠しているバスタオルにときめいてしまう。
「シャワー浴びてくるね。」
アイはあっさりと俺から離れていき、俺は下半身をむき出しにした状態で、取り残された。
ユウはくすっという感じの大人っぽい笑いを浮かべて、俺をベットに連れていった。
「先にはじめましょ。」
仰向けになった俺の上にまたがったユウは、俺に体重をあずけるようにして、キスしてきた。
背中に腕を回してきつく抱きしめながら、ぬちょぬちょと舌を絡める。
せっけんの香りとシャワーの後の上気した顔がたまらなく色っぽい。
キスで濡れた唇を舐めながら、ユウは俺の下半身へと移動した。
すぐに俺のちんぽは、ユウの口の中に包まれた。
シャワーを浴びてないちんぽは、臭くて汚いのに、ユウは熱心にフェラチオしている。
亀頭の先がのどにつくくらい奥まで咥えられて、じわじわと唇が先っちょの方に向かう。
じれったくなるくらいゆっくりとした動きに、細くて長い指での刺激が加わり、のけぞりたくなるくらい気持ちいい。
ばたばたと足音を立てて、全裸のアイがベットに飛び込んできた。
「あたしもフェラチオしたーい!」
アイは俺にまたがり、ユウと一緒にフェラチオしはじめた。
ちょっと首をあげると、アナルもおまんこも丸見えだ。
俺はアイのおしりに手をかけ、おまんこをクンニした。
「あんっ!サトルさん、クンニ上手・・・。」
アイのおまんこを舌で責め、指を入れてぐちゅぐちゅとおまんこの中をかき回していると、
「もうあたし、我慢できないよぉ!」
アイが俺の体にしがみついた。
「じゃ、今度は私にクンニして?」
アイが騎乗位で俺のちんぽをおまんこの中に咥え込み、ユウが俺の顔の上に、おまんこを差し出した。
3Pに興奮しているのか、ユウのおまんこはフェラチオしただけで、ものすごく濡れている。
アイのおまんこの締めつけをちんぽに感じながら、俺はユウのおまんこをクンニした。
「あ・・・はぁ・・・気持ちいい・・・。」
ユウはうっとりとした顔で俺を見下ろしている。
自分のおまんこが舐められているのをみて、さらに興奮しているらしい。
「ねえ、サトルさんも動いてぇ・・・。」
アイが腰を振りながら、ねだってくる。
3Pはなかなかハードだ。
俺はちんぽをアイのおまんこにぶつけながら、ユウのおまんこをせっせとクンニした。
ユウは自分の指でクリトリスをいじりながら、俺の顔におまんこを押し付けてくる。
「あんっ!もうイっちゃう!」
アイのおまんこの締めつけが一層強烈になり、俺はアイのおまんこの中に、射精してしまった。
中出しするつもりじゃなかったのに・・・。
射精した後、はっと我に返るが、すぐにユウのおまんこが俺のちんぽを咥えてしまった。
ユウのおまんこのしまりで、俺のちんぽはまた硬度を取り戻す。
「サトルさんのちんぽ、すごくイイ・・・。」
結合部をみせつけるように蛙みたいに足を曲げ、激しく腰を振りながら、悦んでいるユウにみとれていると、アイが寄り添ってきて、キスをせがむ。
淫乱で絶倫のコギャル達との3Pで精根尽き果てた俺は、その後、三日ばかり、足腰が痛くてたまらなかった。


エロアニメTVセックス体験談告白オリジナル無修正動画を配信しているアニメ無修正サイト
 
レズバイブ初体験告白

プリンプリンなピンク乳首の綺麗な巨乳おっぱい乳首を刺激されてアクメ顔をするスケベ女の乳首弄られ愛液垂れ流しエッチムービー
出会い系で出会ったアイとは、女同士の清くない交際を楽しんでいる。
つまり、セックスもするレズということだ。
私は子供の頃から女の子にしか興味がなくて、年頃になると、かわいい子を好きなように弄んで、よがらせて乱れされるという妄想でオナニーしていた。
まあ、筋金入りのレズなのだ。
女子高でかわいい女の子とキスくらいはしたが、なかなか肉体関係までもてるパートナーがみつからず、社会人になってから、その妄想を現実にした。
いや、最近では、妄想以上のいやらしくて、激しいことをしていると思う。
それというのも、アイがかわいくて従順だからだ。
ちょっとぽっちゃりとしていて、色白で大きなおっぱいをしているアイは、小さな頃、男性に性的いたずらをされて、男性を受け付けないカラダになってしまったそうだ。
今でもよくいい寄られるらしいが、ぞっこんの恋人がいるからと、断っている。
アイはかわいい顔をしているし、おとなしそうで、なんでもいうことをきいてくれそうだし、家庭的だし、お嫁さんにしたくなるようなタイプなのだ。
カラダも敏感で、よく濡れてしまるおまんこをもっているし、ぷりんとしたおしりも、手からあふれるおっぱいも、とても魅力的だ。
私が仕事の帰りに、アイのうちに寄ると、エプロンをした新妻のようなアイが嬉しそうに玄関に迎えに来た。
白いパンティにエプロンのみだ。
歩くたびに、ゆれるおっぱいがエプロンの横からはみ出ている。
私はドアを閉めて鍵をかけると、アイを抱きしめて、熱いキスをした。
アイの唇はやわらかくて、舌も小さくて、とろけそうだ。
夢中になって、アイの舌を追いかけ回しているうちに、口のまわりがよだれだらけになってしまった。
唇をはなすと、うっとりとしたアイが、
「おかえりなさい。ごはんできてるけど、先にベットに行く?」
ときいてきた。
私はパンティの上から、アイのおしりをなでまわしながら、
「お楽しみは後にとっておくよ。」
と部屋に入って食事をした。
アイのベットの下には、バイブやディルト、ペニスパンツ、ローターなどがしまわれていて、その日のセックスに合わせて、チョイスしている。
今日はハードなセックスを楽しみたい気分だったので、中くらいのサイズのバイブ二本と双頭の極太バイブを用意した。
ベットに腰かけて、ねっとりとしたキスを楽しみ、乳首をしゃぶって、パンティを脱がせる。
パンティからおまんこまで、糸を引いてしまうくらい愛液がしたたっていて、アイの期待の高さを物語っていた。
「濡れ濡れだ。」
舌でワレメからあふれだす愛液を少し舐めとり、中くらいのバイブをおまんこの中に入れた。
スイッチを入れて、クリトリスをちゅぱちゅぱとしゃぶっていると、アイが身悶えする。
「あん・・・すご・・・気持ちいいよぉ!」
アイが感じているのをみると、私も興奮して濡れてきてしまう。
私も服を脱いで全裸になった。
アイが私のおまんこに顔をよせて、69の形になる。
クリトリスを舐められ、ワレメをていねいに舌でえぐられると、タチのくせにあえいでしまう。
「アイ・・・気持ちいいよ・・・。」
私もアイのおまんこが咥えこんでいるバイブを出し入れしながら、クリトリスを指でなでまわす。
アイは私のおまんこに指を入れて、ぐりぐりと回すように動かす。
私のおまんこの膣壁の感触を確かめるように、指でこすっている。
「ふ・・・あ・・・。」
アイのおまんこからは、大量の愛液が流れているが、私もかなり気持ちよくなってきた。
おまんこからアイの指が抜かれて、代わりに比べ物にならないくらい太いバイブが入れられた。
「んん・・・ふ・・・。」
じらすみたいに、ゆっくりと入ってくるバイブは、私のおまんこをじりじりと押し広げるように拡張する。
ようやく奥まで入ってほっとしていると、バイブはぐにんぐにんとうねりはじめた。
同時にぶるぶると振動していて、のけぞってしまうくらい気持ちいい。
「あっ・・・ああ・・・もうイきそう・・・。」
アイのおまんこのバイブを出し入れしながら、アイの脚にしがみついて、絶頂は迎える。
「私もイっちゃう・・・。」
アイも小さく震えて、イったようだ。
私はのろのろと体を起こして、私のおまんこに入れられたバイブのスイッチを切って抜き、双頭のバイブを入れた。
バイブで拡張されていたおまんこはずぶずぶと極太のバイブを咥え込んだ。
アイのおまんこのバイブも手早く抜いてしまうと、正常位の体制で、覆いかぶさるように重なった。
極太のバイブの先端をアイの膣口に押し当て、少しずつアイのおまんこに含ませる。
アイのおまんこに入れるためにバイブを動かしていると、私のおまんこにも振動が伝わってきて、じわっと快感が広がる。
バイブをアイのおまんこの奥まで入れ終わると、私はほうっと息をついた。
双頭バイブのスイッチを入れると、私たちのおまんこの中で、バイブはぐいんぐいんとうねりはじめた。
「あんっ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」
抱き合って、アイとみつめあっていると、ちんぽをもっていなくても、セックスしているという実感が得られる。
私は腰を動かして、バイブを味わった。
アイも自分から腰を動かして、自分のおまんこと私のおまんこに快楽を与えている。
夢中になって二人で腰を振っていると、何度も絶頂がやってきて、やがてぐったりと力尽きるまで楽しみ、泥のように眠りに落ちたのだった。


アクアリウムTVセックス体験談告白のセクハラ学園での触手ハレンチSEXムービーも配信しているエロサイト

 
野外露出で中出し体験告白

爆乳おっぱいギャルの色白の極めの細かい美肌女性のムッチリ爆乳綺麗なピンク色乳輪おっぱいモンスターガール
出会い系で出会ったアイが新しい水着を着たいというので、海水浴に行った。
ビキニの水着は露出度が高く、男たちがじっと凝視しては、うらやましそうな目で俺をみる。
アイは顔もかわいいが、おっぱいも大きく、おしりもぷりんぷりんだ。
やせすぎてモデルみたいにガリガリっていうのよりも、アイみたいにぽちゃぽちゃと抱き心地がいい方が男好きする。
にしても、今日のビキニはちょっとした衝撃でぽろんとおっぱいが飛び出てしまいそうなグラビアアイドル並みの小ささだ。
もちろん、ハイレグのかろうじておまんこを覆っている下のささやかな三角の布地も、M字開脚したら、大事なおまんこがみえてしまいそうだ。
まずは、熱い砂にビニールシートを敷いて、アイのカラダにサンオイルを塗る。
ビキニのひもをほどいた背中にたっぷりとサンオイルをたらし、ぐちゅぐちゅと両手で広げる。
「あはは・・・くすぐったいよぉ・・・。」
アイの二の腕や脚まで、念入りに塗りたくり、他の男が寄ってこないように、すぐ側で見張る。
実際、ビキニをおっぱいの下にしいた色っぽい姿にうっとりとみとれながら通りかかる男たちは、明らかに連れである俺の姿をみると、悔しそうに舌打ちしながら去っていく。
俺もだんだん、ムラムラと股間がゆるく勃起しはじめるのを感じた。
「なあ、どうせなら、全身、ムラなく焼きたいだろ?」
アイの耳元でぼそぼそとささやくと、アイは素直に、
「うん。水着の跡をつけないで焼きたい。」
と頷いた。
俺はアイのビキニのひもを結ぶと、二人で手をつないで人気のない方へと歩いていった。
ずいぶん歩いたところの岩場のかげが死角になっているのを発見すると、そこにビニールシートを敷いて、ハダカになったアイにサンオイルを塗る。
今度は周囲に遠慮がないので、背中からおっぱいに手をすべらせたり、おしりをなでまわしたり、えっちないたずらをたくさんしてやった。
「あんまりいやらしい水着を着てくるから、さっきからちんぽが大きくなっちゃって大変だよ。」
俺は海パンから、勃起したちんぽを出してみせた。
アイはうつぶせに寝そべったまま、手を伸ばして、俺のちんぽにさわってくれる。
潮風と太陽が気持ちいい海辺で性器を露出するのは、思った以上に爽快だった。
しゅっしゅっとちんぽをしごかれると、甘い快感がじわっと広がっていく。
「ねえ、前屈するときみたいに、脚を大きく開いて、顔の前に座ってよ。」
俺は海パンを脱いで全裸になり、アイにいわれたとおりに、大きく脚を開いて、アイの目の前に座った。
アイはカラダを焼きながら、俺のちんぽをぴちゃぴちゃとしゃぶってくれる。
両手でちんぽをなでまわしながら、口でしごかれると、すぐに射精してしまいそうだ。
ちんぽがかちかちになって、どくどくと脈打つと、アイは口をはなして、手だけでまったりとちんぽをしごいた。
口での強烈な刺激がなくなった分、急激に上昇していた射精感は収まってきたが、手のゆるやかな刺激で、ほどよい気持ちよさは持続している。
野外露出フェラチオに夢中になっている俺の顔を面白そうにみつめているアイは、思い出したようにちんぽをちゅぷっと口に含んだり、二、三回口でしごいたり、じらすような刺激しか与えてくれない。
俺はだんだんじれてきて、
「ちゃんとフェラチオして、もうイかせてくれよ。」
とねだった。
「じゃあ、本気でフェラチオしちゃうよ。射精したくなっても、止めてあげないからね。」
アイはじゅぶっとちんぽを勢いよく咥えると、奥までずぶっと飲み込んだ。
れろれろと舌をスクリューのように絡ませて、ゆっくりと口から出す。
それに、手の動きが添えられると、射精のことしか考えられなくなるくらい気持ちがいい。
「あ・・・もう出そう・・・。」
ちんぽを口の奥まで咥えて小刻みにしごいてくれるアイの好意に甘えて、そのまま口内射精した。
あたたかい口の中に、精子を発射すると、そのまま飲んでくれるのが嬉しい。
「なんか・・・濃いね・・・。」
精子とよだれまみれのちんぽをティッシュで拭いたり、冷たいお茶で一息入れて休んだ後、アイを立ち上がらせて、おっぱい側にもサンオイルを塗りたくった。
おっぱいをもみもみして、すりこむようにオイルをなじませる。
ウエスト、おなか、太もも、足首から足の甲まで塗って、バスタオルで手をぬぐう。
全身サンオイルでテカテカになったアイは、なんだかいやらしさ三割増しという感じだ。
俺は太陽に向かってアイを立たせたまま、広めに開いた足元にひざまずいて、指でおまんこのワレメをなぞった。
野外露出フェラチオで興奮したのか、全裸で野外にいるスリルが影響を与えたのか、おまんこは愛液があふれだしていて、すぐにもちんぽが入りそうだ。
俺はワレメをなぞっていた指をちょっとずつおまんこの奥に侵入させていき、根元まで入れて、指先をぐるぐると回した。
「は・・・あ・・・。」
アイは俺の頭に両手でつかまりながら、感じている。
「滑ると危ないからさ、よつんばいになりなよ。」
普段なら獣のようで屈辱的なよつんばいを嫌うアイも、素直に岩場にヒザと手をついて、犬のような姿になる。
俺はぎんぎんにたち上がったちんぽの根元を手で支え、おしりをつかんで、一気におまんこに入れていった。
「あん・・・あっ・・・太くて硬いちんぽが・・・おまんこに入ってくる・・・。」
アイはカラダをのけぞらせて、ちんぽがまんこに入る衝撃を受け入れる。
俺が腰をアイのおしりにうちつけると、波の音に混じって、ぱんぱんというセックス独特の音が辺りに響いて、野性的な感じがした。
野外露出セックスは開放感と自由な感じがとても気持ちよく、アイのおまんこの奥に射精して、岩場に流れ出る白い精液をみながら、また夏が終わる前に来ようと思った。


天然むすめセックスの体験談をしてくれるオッパイぽろりしまくり素人娘たちの淫乱アダルトサイト

 
童貞狩り熟女の官能小説

張りのある見事な巨乳おっぱい揉み揉みする日焼けギャルの綺麗な若々しいプリンプリンな巨乳おっぱい乳首を吸いまくりアダルト動画
出会い系で出会ったアイは、俺の童貞を捨てさせてくれた恩人であり、若い子では満足できないカラダにされたという恨みもある。
アイみたいな熟女は熟れた肢体に、プロみたいなフェラチオのテクニック、やりたいことは何でもやらせてくれる大らかさ、包み込まれるような安心感と若い子にはない魅力がたくさんあるのだ。
そりゃあ、若い子には若い子のよさがあるが、落ちる寸前の甘くてジューシィな果実を味わってしまった後に、まだ青い果実を食べても、満足できないのがグルメというものだろう。
あまりの快楽に、自分勝手に射精してしまっても、やさしく微笑みながら、熟練の技術で、すぐに俺のちんぽを臨戦態勢に導いてくれる。
出産済みで避妊のリングをつけているから、中出しできるというのも、すばらしい魅力のひとつだ。
何度か若い子を試してみても、結局、アイのところに戻ってきてしまうが、アイは童貞が大好きらしく、なかなか会ってくれなくなってしまった。
仕方がないので、アイとの童貞喪失体験を思い出しながら、オナニーしたりするのであった。
アイとはじめて会ったときのことは、今でもはっきり覚えている。
期待していた以上に美しく、はちきれんばかりのグラマーなボディによだれがでそうだった。
二人でラブホテルにしけこんだときには、あまりの幸福にめまいがしそうだったものだ。
ねっとりとしたディープキスは俺をうっとりとさせ、早くも勃起していたちんぽをズボンの上からやさしくさすられただけで、射精してしまそうな危険を感じた。
アイは黒いブラジャーにパンティ、黒いガーターベルトに光沢のある黒い薄手のストッキングという姿で、俺の足元にひざまずいた。
「まずはフェラチオで、一回、射精しちゃいましょう?」
俺はいそいそとズボンと先走りでシミのできたパンツをぬぎ、そそりたったちんぽをだした。
「あ、あの・・・シャワー浴びてきましょうか?」
おしっこをした洗っていないちんぽをこんなきれいな人にしゃぶられるなんて、思ってもいなくて、あわてて立ち上がろうとしたら、ちんぽの根元を手で押さえられ、一気に口の中にふくまれた。
はじめての快感に背筋がぴんとなり、口が半開きになってしまった。
あたたかい口内につつまれたちんぽは、舌になぞられ、オナニーなんて比較にならないほどの快感がスパークしている。
手と唇でちゅぶちゅぶとしごかれ、舌を絡ませられているうちに、あっというまに、射精してしまった。
アイの口の中に、予告もしないで出してしまい、俺はおろおろと謝った。
「す、すみません・・・気持ちよくてつい・・・。」
アイはごくりとのどを鳴らすと、ぺろりと唇を舐めた。
「いいのよ。ごちそうさま。さすがに濃い精液ね。」
俺は精液を生まれてはじめて女の人に飲まれたという感動で、じーんとした。
下半身も快感でじーんとしびれていたが。
「ねえ、おまんこ、みたことある?」
アイにきかれて、俺はぶんぶんと首を左右にふった。
「じゃあ、みせてあげるわね。」
アイは自分でブラジャーとパンティを脱ぎ、ガーターベルトにストッキングのみといういやらしい姿になった。
俺は興奮して、ちんぽがゆるゆると起ちあがるのを感じた。
アイはベットに腰かけ、俺に向かって、M字開脚してみせた。
ぱっくりと大きく開いたおまんこは、濃いサーモンピンクで、貝を思わせた。
つやつやと光っているおまんこは小さな穴が開いているが、とても俺のちんぽが入るようには思えない。
俺は彼女のおまんこの前に座り込み、内ももに手を添えて、間近でじっとながめた。
ひくひくとうごめくおまんこは生き物のようで、ぷっちりとしたクリトリスは肉のボタンのようだ。
「舐めてもいいですか?」
彼女を見上げて、きいてみると、
「いいわよ。」
といって、両手でおまんこを広げてくれた。
俺はそっと唇をおまんこに近づけ、ぺろりぺろりと舐めあげた。
クリトリスや膣口、アナルまで、ていねいに舐めていると、俺のよだれとあふれてくる愛液がシーツまで伝って、水浸しになった。
「そう・・・気持ちいいわ・・・。」
夢中になって舐めまくっていると、アイのあえぎ声がもれてきて、ますます真剣に舐めてしまう。
「んん・・・あ・・・あふ・・・。」
小刻みに舐めたり、力をこめて舐めたりしていると、アイが、
「指を入れて、動かしてちょうだい。」
といってきた。
俺は人差し指をおまんこにあててみたが、どこに入れていいのかわからない。
アイは俺の手をとり、膣口から膣の中に俺の指を押し込んでいった。
「あ・・・ゴツくて・・・太い指・・・いい・・・。」
アイのうっとりした顔と指を包むあたたかくてキツい膣内の感触に、俺はすっかり興奮してしまった。
「ゆっくりと出し入れしながら、クリトリスもさわって?」
俺は言われたとおりに、クリトリスを指でいじりながら、膣に入れた指を出し入れした。
「あっ・・・いいわ・・・気持ちいい・・・。」
しばらく、指でおまんこを愛撫した後、ベットに横たわったアイに正常位で、ちんぽを挿入した。
といっても、アイの手に導かれて、誘導されるままに、ちんぽを膣口から奥に押し入れたのだが。
根元までずっぷりとおまんこに入れ終わると、満足感と達成感とようやく男になったんだという感激で泣きそうになった。
少しずつ、腰をふり、おまんこの中の感触を味わうと、気持ちよさがどんどん高まってきて、射精したくなってくる。
途中で動きを止めながら、なんとかがんばっていたが、アイのおまんこの気持ちよさに負けて、射精してしまった。
アイにいわれるままに、入れっぱなしにしていると、おまんこのひくつきでちんぽが再び勃起し、精液と愛液でぐちゅぐちゅいわせながら、出し入れしているうちに、アイも俺と一緒にイってくれた。
これが俺の幸せな童貞喪失体験だ。


EXショットのセックス体験談告白してくれる素人アダルトライブチャットの女性器見せるエッチムービー

 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 31 - 35 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.