Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

強制オナニー中出し体験告白
セックス学園で全裸の女性徒と全裸のAV男優が繰り広げる変態企画エロビデオの裏側の流出アダルトビデオ制作現場の裏ムービー
出会い系で出会ったアイとは、彼女とはできないようなセックスをいつも楽しんでいる。
お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や嗜好に素直になれるのだ。
今日はアイにオナニーを強制してみた。
恥ずかしがるアイにローターとバイブを渡し、ベットに座って、壁によっかかっているアイをいすに座って眺める。
「いつもひとりえっちのときは、おもちゃを使わないんだけど。」
ハダカでベットに座っているアイは、何度も咥え込んだことのあるバイブを恥ずかしそうにみている。
「じゃ、いつもやる感じでオナニーしてみせてよ。よくみえるように足は大きく開いてね。」
アイはしぶしぶ両足を大きく開いて、俺におまんこがよくみえるようにした。
右手の人差し指で、クリトリスを小刻みにさわりはじめる。
俺をみないようにするためか、自分の世界に入るためか、目を堅く閉じて、小さく声をもらしながら、クリトリスをいじり続ける。
「ん・・・ん・・・んっ・・・。」
おまんこからは多少愛液があふれてきたみたいだが、非常に地味だ。
「はあ・・・もうイっちゃったよ。」
ため息をついて、目を開けて俺をみたアイは、もういいでしょという表情をしている。
「今度はバイブとローター使って、オナニーしてよ。俺がみててムラっときたら、ちんぽをつっこむからさ。」
アイはしぶしぶバイブをとりあげ、愛液で潤っているおまんこにバイブを入れ始めた。
「んん・・・あ・・・く・・・。」
少しずつ少しずつ奥へとバイブをすすめて、根元まで入れると、アイは自分でバイブのスイッチを入れた。
「ああん・・・んん・・・あっ・・・。」
強になってしまったバイブはぐねんぐねんと大きくおまんこの中でうねり、強烈すぎる快感を与えたようだ。
「は・・・はあ・・・。」
アイはバイブのスイッチを中にして、ローターに手を伸ばした。
スイッチを入れた状態で、振動するローターをクリトリスにあてがう。
「ああ・・・あん・・・気持ちいい・・・。」
おまんこからはさっきのオナニーとは比較にならないくらい愛液が流れていて、アイの表情もかなりいやらしいものになっている。
「んん・・・イきそう・・・。」
目をつぶってうっとりとしているアイは、二度目の小さな絶頂を迎えたようだ。
満足そうにため息をついているアイに近づき、咥え込んでいるバイブの根元をつかんで、ぐりぐりとまわす。
「あっ・・・だめぇ・・・ああっ。」
眉をよせて、切なげな嬌声をあげるアイは、かなりエロくて、いい感じだ。
俺は勃起したちんぽを取り出して、アイの顔の前に立った。
どす黒く、グロテスクなちんぽをアイの顔に近づけると、いつも興奮する。
「ほら、しゃぶれよ。そろそろちんぽ、入れてほしいだろ。」
アイは素直にフェラチオをはじめる。
俺はローターやバイブのスイッチをいたずらして、強や弱にして、アイの反応を楽しむ。
唇を限界まで大きく開いて、俺のちんぽをしゃぶり、のどの奥まで咥え込むアイのフェラチオは、付き合っている彼女が義務的にイヤイヤやってくれるフェラチオとは雲泥の差がある。
嬉しそうにちんぽをしゃぶっているアイは、フェラチオもセックスも大好きなようで、カラダの相性のいい俺たちはもうずいぶん長い間、お互いのカラダをむさぼってきた。
「もういいぞ。」
アイの手と口が名残惜しげに離れていく。
よだれで光っている俺のちんぽをバイブを引き抜いたアイのおまんこに力強く、ぶちこむ。
愛液があふれまくっているアイのおまんこはみるみる俺のちんぽを咥え込み、アイの口からも満足そうなあえぎ声があがった。
「ああ・・・すごい・・・大きい・・・。」
奥まで入ったちんぽは何度ヤっても、狭くて熱いアイのおまんこの気持ちよさを味わっている。
おまんこがぴくっとたまにケイレンするのも、ほどよい刺激だ。
「奥に当たって気持ちいいの・・・ちんぽ気持ちいい・・・。」
いやらしいことを露骨に口に出すように教育したかいがあって、アイはかわいい顔に似合わないようなはしたないことを恥ずかしがりながら、俺に伝える。
「おまんこがひくついてるぞ。」
「だってぇ、ちんぽが大きくて硬くて気持ちいいから・・・。」
はしたないことをいわせるとアイが興奮して、膣がよくしまるという効果もあって、俺はいつも言葉責めしたり、淫語を強制する。
「ねえ、もうちんぽ動かして・・・アイのおまんこ、ぐちゅぐちゅにしてぇ・・・。」
かわいい声でねだられると俺の腰は勝手に動き出す。
ずんずんと腰を打ち付けるたびに、アイは猫のような声をあげる。
「あん・・・あはん・・・ああっ。」
アイのあえぎ声は、感じ出すと、だんだん、すすり泣くような声に変わっていき、ひっきりなしに続くようになる。
「や・・・もうイく・・・。」
びくんとカラダをのけぞらせて、目をぎゅっと閉じているアイはオナニーで迎えた絶頂感の数倍の快感に堪えている。
俺のちんぽは喰いちぎられそうなくらいにしめつけられ、やがてゆっくりと開放される。
一度、絶頂を迎えた後のアイは、確変になったように、すぐにイくようになる。
俺が自分勝手にちんぽを動かしている間、何度も大小の絶頂を迎えたアイは、俺が精子を吐き出して、ちんぽをおまんこから抜き出す頃には、ぐったりとして、おまんこから流れ出る白い精子をぬぐうこともできないくらいに疲れきっているのだった。


ジャパビューティーバイブ 体験談おしっこしたくなって放尿お漏らしする美少女おまんこ丸見えエッチムービー
 
セフレ乱交お嬢様のエッチプレイ
ズボンを脱がしてパンティーの上から女性器弄りクリトリスを刺激してパンティーが愛液で濡れる女性オナニーHムービー
出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。
一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。
セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。
月曜日は大学生のサトル。
スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たしてくれるの。
水曜日はビジネスマンのトオル。
テクニックと言葉責めで、私の心と体を満足させてくれるの。
金曜日は私のお父様と同じくらいの年齢のユウジさん。
考えもしなかったような斬新なプレイで、いつも私にセックスの奥の深さを教えてくれるの。
そして、日曜日は四人でセックスをする乱交パーティ。
女性は私一人だから、乱交じゃなくて、4Pなのかしら。
とにかく、四人で絡み合って、気を失うまでハメまくられるの。
おまんこにちんぽを入れられたまま、アナルにちんぽが入ってくるときのときめきといったら、何度味わってもたまらないのよ。
お口もちんぽで犯されて、穴という穴をちんぽでふさがれて、おもちゃみたいに扱われるのも、すごく興奮しちゃう。
ユウジさんが予約したラブホテルに着く頃には、私のおまんこはぐちゅぐちゅによだれをたらしているの。
いつも先に着いている三人の男性に、破かれそうなくらい乱暴に服を剥ぎ取られて、私は生まれたままの姿にされる。
裸で待っていた三人のちんぽは、筋が浮いているくらいびんびんで、どれもとってもおいしそう。
もうどのちんぽでもいいから早くおまんこに入れてって叫びたいくらいおまんこが疼いているのに、入れられたのはバイブだった。
さらに、バイブがズレないように、一度脱いだパンティをはかされる。
バイブのスイッチが入れられると、立っていられなくなって、私はラブホテルの床に座り込んでしまう。
トオルが私にアイマスクをつけた。
「さあ、お嬢様、これから咥えていただくちんぽが誰のものか当てられたら、おまんこにもちんぽを咥えさせてあげますよ。」
私の唇にぬるりとしたちんぽが押し付けられた。
ぱくりと咥えて、舌で味わう。
バイブがおまんこを刺激していて、フェラチオに集中できない。
「お嬢様、いつまでもしゃぶってないで、答えてください。今、咥えているのは誰のちんぽ?」
「・・・サトル?」
「残念。罰としてバイブの振動がさらに強くなります。」
ウィィィンと甲高い音を響かせながら、バイブが私のおまんこを責めたてている。
「じゃあ、これは誰のちんぽ?」
おまんこを責めるバイブに気をとられながら、口の中のちんぽに舌をはわせる。
一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。
「さあ、答えて?」
「トオル。」
トオルのちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。
「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」
私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。
バイブの振動がなくなっても、おまんこはじーんとしびれたようになっている。
アイマスクをされたまま、トオルのちんぽが入ってくる感触を味わった。
私の体に欠けていたものが埋められたような満足感があった。
ほうっとため息をついた口に、またちんぽがねじこまれた。
これはたぶん、ユウジさんのちんぽだ。
「お嬢様、いつもより愛液が多いみたいですよ?」
根元までちんぽを入れ終わったトオルがからかうようにいいながら、クリトリスを指で弾いた。
快感が背筋を走り抜けて、おまんこをぎゅっとしめてしまう。
「相変わらず、しまりのいいおまんこで。こんなに淫乱なのにねえ。」
サトルの舌が私の乳首を舐め始めた。
たまに、ちゅっと吸われるのも気持ちいい。
「そろそろ、アナルも使わせてくれよ。」
サトルがじれたようにトオルにいうと、ユウジさんが私の口からちんぽを出した。
サトルとユウジさんに体を支えられ、寝そべったトオルに抱きつくような体位にされる。
アナルにどろりとしたローションを塗られて、サトルのちんぽが一気に入ってきた。
この圧迫感がたまらなく興奮する。
アナルにちんぽが埋め込まれたところで、またユウジさんのちんぽを口に咥えさせられた。
私はもう気持ちいいとしか思えない。
トオルが私の乳首を強く吸いながら、長いちんぽでおまんこの奥を突く。
サトルのちんぽがアナルから抜かれそうになる度、おなかの中のものが全部出てしまいそうになる。
ユウジさんのちんぽが口腔をやさしくなでていて、飴をしゃぶっているようなじんわりとした気持ちよさが広がる。
気持ちよさで意識が飛びそうになると、トオルに名前をよばれて、我に返る。
「お嬢様は排卵日が近いのかな。おまんこがちんぽに絡み付いてきて、ちんぽを喰いちぎりそうだよ?」
「アナルもすげぇひくついてるし・・・。」
「お口の中もいつもより熱い気がしますな。」
トオルのちんぽから精液がはじけて、私のおまんこは悦びできゅうきゅうしまった。
おまんこのついでにしめつけられたアナルにも、サトルの精液を注ぎ込まれる。
すぐにサトルのちんぽが抜かれて、指でアナルに射精した精液をかきだされるのも、すごく気持ちがいいの・・・。
顔にもユウジさんの精液をぶっかけられた。
ユウジさんは、顔射で私の顔を汚すのがとても好きらしい。
精液まみれになっても、まだまだ私の性欲はおさまらない。
今日も意識がなくなるまで、乱交の快楽に浸りたいと思う。


セックスの体験談エロックスジャパンZ無修正アダルト過激エッチムービー配信のエロサイト。
 
ナース制服フェラチオ体験談告白

おっぱい揉み揉み爆乳娘が穴の空いた服から爆乳が零れ落ちるダイナマイトボディーの巨乳おっぱい乳首舐められ3Pセックス動画
出会い系で出会ったアイはナースだった。
看護婦といえば、男の憧れる女性の職業の中のひとつだ。
俺はアイに頼み込み、ナースのコスプレでセックスしてもらうことに成功した。
もちろん、仕事で使っているナースの制服ではなく、コスプレ用の超ミニでピンク色のかわいいナース服を着てもらうことにした。
髪をかっちりとまとめ、ナース帽をかぶって、ピンクのナース服を着て、白いストッキングをはいているアイの姿はどこからどうみても看護婦だ。
「なんだか照れちゃうな。」
自分の部屋の中に看護婦が、ナースがいる喜びは、とても言葉では表現できない。
「今日はどうなさいました?」
看護婦口調で、アイが俺にきいてくれる。
「ちんぽがはれて戻らなくなったんです。」
俺は下半身ハダカになって、ナース服に興奮して勃起したちんぽをアイにみせる。
「あらら。それはたいへんですね。」
アイは俺の脚の間に、ヒザをつき、そっと両手でちんぽの根元を支えた。
「オナニーは一週間に、何回程度されていますか?」
俺の顔を見上げながら、真顔でそんなことをきく。
「二日に一回くらいのペースです。」
俺は妙に恥ずかしくなって、ちょっと赤くなりながら答えた。
「あなたくらいの年齢だとやや少ないかもしれませんね。一度、フェラチオで抜いてみましょう。」
アイはゆっくりと俺のちんぽを口にふくみ、ちぷつぷと口と手でしごき始めた。
ずっずる・・・と唾液が音を立てると、すべりがよくなって、さらに動きがスムーズになる。
「は・・・う・・・。」
思わず、あえぎ声がもれてしまった。
「どうも敏感すぎるようです。」
アイは俺のちんぽから、口をはなして、手だけでちんぽをなでまわした。
たっぷりとちんぽを濡らしている唾液を潤滑油にして、すべらせるようにつるつるとなでまわされると、本当に気持ちがいい。
ちんぽがかちかちに硬くなり、射精も秒読み段階に入ると、アイはちんぽから手をはなしてしまった。
「ねえ、最後までイかせてよ。」
俺がアイにねだると、ようやくアイはちんぽをしゃぶってくれた。
アイはフェラチオがかなり上手で、手と口のコンビネーションがすばらしい。
口でしごきながら、舌でサオを愛撫し、輪にした指を動かしながらスライドされると、どんどん絶頂に近づいていく。
「もう出る・・・。」
射精直前に予告すると、アイはちんぽを奥深くまで咥えこんでくれた。
どぴゅっと濃厚な精液がアイののど目がけて飛び出し、俺のちんぽはびくびくとふるえた。
アイはごくっと俺の精液を飲み下すと、ぺろぺろと舐めて、精液と唾液まみれのちんぽをキレイにしてくれる。
アイに後ろ向きにおじぎしてもらって、おしりを俺の目の前に突き出した体勢にして、ストッキングと白いパンティを足首まで下ろす。
ナース服をまくりあげると、ぷりんぷりんの白桃のようなおしりが現れた。
ちゅばちゅばとよだれまじりのキスをおしりにあびせまくり、くすぐったいと笑うアイの腰を押さえつけて、さらに、アナルを舌で舐めまわした。
「そ、そこ、違うよぉ!」
おしりをふって、抵抗しようとするが、おまんこのワレメからアナルまで舐め始めると、おとなしくなってしまった。
ついでに、クリトリスまで舌を伸ばして、ちろちろと舌でくすぐる。
「は・・・あう・・・うん・・・。」
「看護婦さん、たまってるんじゃないですか?」
「そ、そんなことありません!」
「でもほら・・・。」
俺はぬれぬれのおまんこに、ぶすすすと中指を入れていく。
「俺の指におまんこが食いついてきますよ。」
じゅっぷじゅっぷといやらしい音を響かせて、指をスライドさせると、アイの口からは切なそうな声がもれた。
「ああ・・・あん・・・あは・・・。」
クリトリス側に指の腹を向けて、奥のほうをえぐるようにこすっていくと、太ももでぎゅっと腕がしめつけられ、おまんこがうねった。
「イっちゃう・・・。」
ぐったりしたアイのカラダを俺のヒザの上に乗せ、後ろから両膝を持ち上げるようにして、復活した俺のちんぽを挿入していく。
ヒザの上に看護婦さんがいて、そのおまんこにちんぽを入れられるっていうのは、かなり萌える。
病院でいつも妄想していたことが実現しているというのは、信じられないくらい気持ちがいい。
指が物足りなくなっていたらしいアイのおまんこは、俺のちんぽをおいしそうに飲み込んで、ぐにゅぐにゅと音を鳴らしている。
正面に全身鏡が置いてあるのだが、その鏡にはずっぷりと後ろからちんぽをおまんこに差し込まれた淫乱なナースが映っている。
「みて。すごいいやらしいよ。」
アイも鏡に映る自分のいやらしい姿をみて、おまんこをきゅっとしめつけた。
俺はアイのヒザの下に手を入れて、できる限り、左右に開いた。
挿入部分がよりはっきりとみえて、まるで無修正のAVみたいだ。
「あ・・・やだ・・・。」
目を閉じて顔を背けようとするアイの耳元に、
「ちゃんとみないと、動かないよ。」
とささやくと、入れたきりで動かない俺にじれたおまんこがひくついているアイは、おずおずと鏡をみつめた。
俺がアイを持ち上げて、ゆっくりと下ろす度に、ぐちゅっといういやらしい音がする。
それに、アイのもらす、「あんっ」とか「ああっ」とかいう声が混じって、俺のちんぽをさらに硬くするのだった。
腰をぱんぱんと打ちつけていくうちに、カラダを仰け反らせたアイが、
「イくぅっ!」
と叫んでケイレンし、ぐったりとなった。
俺はアイの向きを変えて、対面座位にすると、何度もピストン運動して、抱きついたまま脱力しているアイのおまんこの中に、二発目の精液をどっぷりと吐き出したのだった。


SEX体験談おまんこ丸見え即脱ぎオナニーをする素人達の人気アダルトライブチャットDXライブ

 
マジカノ中ハメ体験談
美人看護婦ナースが乳首に生クリームを付けられ乳首を舐められるスケベな色白おっぱいの巨乳ナース看護婦アダルト動画
出会い系で出会ったアイは俺にはもったいない彼女だ。
転勤で知り合いのいない地方にとばされ、ごろ寝ばかりの休日に嫌気がさして、書き込んではみたものの、一通もメールがこないまま、どんどん新しい書き込みに自分の書き込みが埋もれていって、あきらめかけたときに、アイからのメールが届いたのだ。
俺は学生時代以来のときめきを感じながら、メールを交換した。
アイからのメールが届いているかと思うと、仕事中もわくわくして、転勤して以来、はじめてうちに帰るのが楽しみになった。
会って失望されたら(もしくは、失望したら)という不安は杞憂に終わり、お互いに、びっくりするくらいに好みだった。
会ったその日のうちに、交際を決めて、休みのたびにデートを重ねた。
メールで普通は話さないような趣味嗜好を打ち明けあっていた俺たちは、あっという間に親密になり、三度目のデートでセックスに至った。
彼女の部屋に招かれて、彼女の手料理を食べ、ソファーでくつろぎながら、彼女の腰に手を回した。
彼女が俺の肩に頭をのせたので、そのまま、抱き寄せてキスした。
ふれるだけのキスから、舌を入れあって、お互いの口の中をなぞりあう濃厚なキスに移行する頃には、今日はもうえっちまでいけると確信した。
首筋を舐めながら、服を脱がせていき、ブラジャーをはずして、上半身を裸にする。
室内灯が明るかったので、彼女の白い肌と俺の手のひらサイズと思われるつんと上を向いた美乳がよくみえた。
彼女は両手でおっぱいを隠し、
「ベットにいきましょ。」
と俺を誘った。
それぞれ裸になってベットで抱き合うと、久しぶりの人肌にとても心が癒された。
おっぱいのやわらかい感触、すべすべの肌、丸みのあるライン、今まで自分がどれだけぬくもりに飢えていたかを思い知った。
自分の顔をアイの顔にすりあわせ、顔中にキスを繰り返す。
さらに、首、鎖骨、おっぱい、乳首までたどりつき、おっぱいを舌と唇で愛撫する。
大きくなった乳首はしゃぶりやすく、口の中でころがしやすい。
れろれろしているうちに、アイがあえぎ声をあげはじめた。
「あ・・・ん・・・あん・・・。」
手のひらでおっぱいを包み込み、感触を堪能してから、足をぐいっと大きく広げる。
「あっ、やだ・・・。」
アイの抗議を無視して、べろべろとおまんこを舐めまくる。
「ああ・・・あん・・・汚いのに・・・。」
シャワーを浴びていないおまんこはメスのニオイが漂っていて、俺のちんぽはびんびんにいきり立った。
クリトリスをしゃぶって、舌でなでまわすと、アイはカラダをのけぞらせて、感じている。
スタイルだけでなく、感度もバツグンのようだ。
愛液をあふれさせているおまんこのワレメを指でなぞり、ぐにぐにとやわらかいさわり心地を楽しむ。
「ん・・・んん・・・。」
アイがあえぎ声をガマンしようとしながら、もらしてしまうのに、興奮する。
乱暴に舌でおまんこを舐めまわし、指でクリトリスを軽くひっかくようにこすった。
「あっ・・・ああ・・・んん・・・。」
舐めるたびに、にじみでてくる愛液の独特の味が懐かしい。
おまんこ周辺が十分に濡れたところで、舐めて濡らした中指を膣に入れて、膣内の感触を確かめる。
出会いがなかったというアイの言葉にウソはないようで、アイのおまんこは中指を入れるのもキツいくらいにしまっていた。
愛液のすべりを借りて、中指を奥へ奥へと進ませていく。
中指をしめつけているアイのおまんこに、俺のちんぽを入れたら、さぞ気持ちがいいだろう。
アイを満足させる前に、ひとりだけイってしまわないように、気をつけなくては。
最奥を指で確かめながら、早く入れたいとそればかり考えてしまう。
中指を引き抜くと、ぐちゅっという音がアイの寝室に響く。
また中指を奥に入れると、ずちゅっという音がする。
繰り返し、ぐちゅっずちゅっという音をたてていると、アイのあえぎ声も遠慮のないものになっていく。
「あ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」
目をつぶって、快楽を追っているアイの姿は、かわいらしくていやらしかった。
俺は指を二本に増やし、念入りにキツいおまんこをほぐしていった。
愛液がアナルの方まで流れていき、二本の指の出入りがスムーズになったところで、指を三本に増やして、クリトリスを愛撫する指にも、意識を集中させた。
膣壁を傷つけないように慎重に指を動かしつつ、痛くない程度の力かげんでクリトリスを刺激していると、アイの声がせっぱつまったものになってきた。
「すごい・・・いい・・・イっちゃう・・・。」
アイがカラダをそらせるのと同時に、おまんこがきゅっとしまって、指を痛いくらいにしめつけた。
指がおまんこのキツい圧力を感じなくなったところで、愛液まみれになってしわしわにふやけてしまった指をおまんこから引き抜く。
「ゴム、あるかな?」
アイはのろのろと俺の顔をみて、力なく首を左右にふった。
自分のかばんから、用意しておいたゴムを出してこようと思ったら、
「今日は大丈夫だから、そのまま入れて。」
といわれたので、遠慮なく、膣口にちんぽをあてがった。
ていねいにおまんこを広げたかいがあって、俺のちんぽはスムーズに飲み込まれていく。
膣のあたたかさとやわらかさがちんぽにダイレクトに伝わってきて、イくのをこらえるのがたいへんなくらい気持ちがいい。
ちんぽが奥まで飲み込まれると、一度イった後のおまんこはひくひくと次の快楽を待ちかまえていて、俺のちんぽの動きをうながすように、ぜん動している。
俺はけっして早い方ではないと自負しているが、たいへん危機的状況だ。
射精感が収まるのをじっと待っている間にも、貪欲なアイのおまんこは俺のちんぽに絡みつき、快楽を引き出そうとしている。
ようやくおさまったところで、自分の気持ちいいポイントからあえて微妙にズラす感じで、ピストン運動を開始した。
アイは気持ちよさそうに、あえいでいる。
俺はアイがちんぽでイったのを確認してから、自分の気持ちいいように動いて、出る直前にアイのおまんこから引き抜いた。
自分でちんぽをしごきながら、アイのお腹の中に、熱い濃い精子を吐き出し、カラダの相性もバツグンだということを確認して、最初のセックスは終了した。


h体験談が満載の美人の初裏物AV女優達が豊富に在籍しているカリビアンコムプレミアム
 
中出し乱交人妻4P体験談告白
裸エプロン若奥様の乳首が上向き美乳おっぱい揉み揉みされる若い綺麗な美人人妻の裸エプロンの誘惑
出会い系で出会った熟れた人妻のアイとは、いわゆるセフレ関係だ。
夫が単身赴任中の火照るカラダを慰めてほしいという欲求不満の人妻アイと、若さにまかせてあふれる精液を射精したいという利害が一致した割り切った関係なのだ。
ラブホテルから豪勢な自宅に、セックスの舞台を移してから、もう半年くらいになる。
この自宅を手放せないし、人にも貸したくないから、ダンナは単身赴任してるんだそうだ。
キッチンやソファー、夫婦の寝室などでセックスしていると、人の妻を盗んでいるんだという興奮が俺のちんぽを元気にさせる。
一度試しにアイのうちでセックスしてみて、お互い、あまりにもよかったので、それ以来、危険を承知でアイのうちに通っているのだ。
ある日、いつものようにアイのうちへ行くと、なんだかバツの悪いような表情のアイに迎えられた。
「実は、お友達にあなたのことがバレちゃって・・・。」
照れくさそうにいうアイの言葉をきいて、もうこの都合のいいセフレ関係も終わりかとがっかりした。
「口止め料として、一緒に参加させてほしいっていわれちゃったの。」
あまりにも意外な展開に俺は驚いた。
アイに続いて、リビングに入って、アイの友達二人を見て、さらに驚いた。
とても乱交したいなんていいそうもない、セレブな感じの奥様が二人、しとやかに座っていたからだ。
ルックスだってスタイルだって、けしてアイにひけをとらない魅力にあふれている。
「あなたがステキなおちんぽとかたいお口をもっているアイさんのセフレね。」
アイがいうには、あとくされがなく、手軽に遊べるような男性はなかなか見つからないのだそうだ。
三人の人妻熟女がいっせいに服を脱ぎ、全裸になったところはとても壮観だ。
「いくら元気なおちんぽでも、三人を完全に満足させるのは難しいでしょうから、大人のおもちゃを使いましょう。」
アイはテーブルにたくさんのバイブやローターを出した。
「まあ、これ、アイさんのコレクションなの?」
人妻の一人は驚いているが、もう一人は似たようなコレクションをもっているらしく、微笑んでいる。
アイはコンドームを袋から出して、銀色のツインタービンパールとクリトリス用のバイブがついたごつい感じのバイブに、すっぽりとかぶせた。
「これ、すごくイイのよ。どっちが入れてほしい?」
バイブに驚かなかった方の人妻ユキが、そのごついバイブをおまんこに入れた。
アイがスイッチを入れると、ぐねんぐねんと回転をはじめたバイブの動きに、ユキはもだえながら悦んだ。
「すごい動きね!ああ・・・気持ちいいわ・・・。」
俺はバイブのスイッチを渡され、入れたり切ったり、強くしたりして、ユキの反応を楽しんだ。
リビングの床にへたりこんだユキは、バイブの動きが変わるたびに、愛液とあえぎ声をもらしている。
アイはもじもじと恥ずかしそうにしているもう一人の人妻マキの目の前で、バイブを選ぶ。
「せっかくだから、二人で楽しめるのにしましょうか。」
アイが手に取ったのは、くねくね曲がる透きとおったピンク色の双頭バイブだった。
「ほら、脚を大きく開いて、おまんこを指で広げて。」
ソファーの上で、M字開脚しているマキのおまんこに、細めのバイブを容赦なく入れているアイはイキイキして嬉しそうだ。
「マキさんのおまんこ、ずぶずぶとバイブを咥えこむわよ。」
「は・・・いや・・・いわないでぇ・・・。」
マキのおまんこにバイブを入れ終わると、アイはマキの脚を閉じて、ヒザの上に載り、バイブを曲げて、自分のおまんこに入れだした。
アイのおまんこにバイブが飲み込まれる振動がマキのおまんこを刺激するらしく、
「あん・・・ああっ・・・いい・・・。」
というマキの小さなあえぎ声がきこえる。
俺はリビングで繰り広げられている淫靡な光景に興奮し、ちんぽを硬く勃起させた。
俺の操作するバイブでよがっていたユキは、俺の下半身を剥いて、大きくなったちんぽを露出させた。
「すごい・・・おちんぽがそそりたってる。」
アイが双頭バイブのスイッチを入れ、腰をふりながら、二人であえぎ声をあげているのを眺めながら、俺はユキにちんぽをフェラチオされ、AVの中にまぎれこんでしまったような錯覚を覚えた。
「先におちんぽ、いただいていいでしょ?」
ユキが俺にではなく、アイに許可を求め、マキを攻めるのに夢中になっていたアイが、
「いいわよ!」
と気安くいったため、ユキは自分でバイブをはずして、大股開きで俺を誘った。
俺は正常位でユキのおまんこにちんぽをつっこみ、がしがしと腰を動かした。
こうなったら、俺も楽しませてもらわなければ損だ。
「あっ・・・すごい・・・硬くて奥まで当たってる・・・。」
うっとりとした表情で人妻にみつめられると、悪い気はしない。
俺はユキの脚を持ち上げて、さらに奥までちんぽを入れまくった。
「あふ・・・いい・・・いいのぉ・・・最高・・・。」
ぐいんぐいんと大きなスライドや小刻みのスライドで緩急をつけ、ピストン運動を繰り返していると、おまんこがびくんびくんとうねりだした。
「ああ・・・もうイく・・・イイッ!」
おまんこをしめつけて、ユキがイったので、俺も最奥で一発目の精子を放出した。
ゆっくりとちんぽをおまんこから抜くと、おまんこから白い精液を垂れ流したまま、リビングの床にぐったりと横たわるユキがひくひくと震えていた。
俺は女同士で絡み合っているアイとマキに近づき、ぐちゃぐちゃになっている二人のおまんこを観察した。
「すげーぐちゅんぐちゅんだな。」
マキは我にかえったらしく、あえぎ声を我慢しだした。
「どっちから、ちんぽ入れられたい?」
「マキさんから、おちんぽ入れてあげて。」
アイは愛液まみれになったバイブを引き抜くと、マキのヒザから下りた。
俺は愛液をしたたらせ、物足りなげにひくついているマキのおまんこに釘付けになったが、マキの横に座り、回復したちんぽの根元を手で支えて、マキに声をかけた。
「さあ、自分でおまんこにちんぽを咥えこんでくださいよ。」
マキは俺のヒザに乗り、自分からちんぽをおまんこに入れた。
そして、自分で激しく腰をふり、あえぎ出した。
俺はたまに、ちんぽを下から突き上げながら、マキのおっぱいをもんだりして楽しんだ。
マキが俺のちんぽでイッたあと、さらに激しく下からちんぽを打ち込んで、マキの中にも、白い精液を放出した。
マキの体をソファーに横たえて、俺たちを見ながら、バイブをおまんこに出し入れして、オナニー中のアイに覆いかぶさった。
バイブをおまんこから抜いて、代わりにちんぽを埋め込む。
「ああん。やっぱり、あなたのおちんぽ、最高よ!」
俺の首を抱き寄せながら、アイが嬌声をあげる。
もはやなじみとなったアイのおまんこで、ゆったりとしたセックスを楽しみ、本日三発目となる精液を吐き出したのだった。


問答無用h体験談のハードコアSMムービーを配信している過激なオリジナル無修正動画サイト
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 36 - 40 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.