Home

エッチ体験

セックス体験談告白 出会い系ナンパ編


不倫人妻や熟女達の危ない関係エッチなオリジナル無修正動画サイト

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

出会い系の体験談

セックス体験談のエッチなオナニー動画から素人たちの誘惑セクシーな人妻・熟女達のSEX体験談でオナニーできるエッチねたが満載のアダルトサイト。

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

3P生ハメ官能小説
トップモデルのヌード撮影でハリウッド女優の小顔の巨乳おっぱいナイスボディーなモデルさんがエロいヌード撮影での舞台裏流出映像
先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。
正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。
幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。
期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。
でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。
アイは明るくてかわいくて、彼女になってほしいくらい感じのいいコだ。
ああ、もったいない。
「やっぱり都合が悪くなっちゃったから、別の日に会わない?」
っていおうとしたとき、俺の後をつけてきたらしい先輩が現れた。
打ち合わせでは俺の部屋で待機していて、俺は先輩がいたことを知らなかったという演技をするはずだったのに。
「サトルじゃん。かーわいいコ連れちゃってぇ。」
先輩は俺の肩にがっちりと腕を回してくる。
当然、アイは驚いて、不安そうな顔をしている。
「この人、大学の先輩なんだ。」
「よろしくねー。せっかく会ったんだから、みんなでカラオケ行こうぜ!」
ためらっているアイの手を強引にひいて、先輩は知り合いがバイトしているカラオケに向かった。
しぶしぶ二人の後をついていきながら、俺はため息をついた。
カラオケという密室空間に、キケンな野獣と美女と野獣の暴走を止められない俺。
先輩は強いお酒をこっそり混ぜさせた酎ハイをアイにがんがん飲ませた。
断っても何かと理由をつけてはハイペースで飲まされるので、アイはすぐに酔っ払い、意識をなくした。
先輩の手がアイの服を脱がせていく。
アイは着痩せするタイプだったらしく、大きめの美乳とむっちりとした太ももがおいしそうだった。
「アイちゃ~ん、ちゅっちゅちまちょ~ね~♪」
先輩がキモいことをいいながら、アイの裸体に覆いかぶさり、アイの可憐な唇を奪った。
ああ、こんなかわいいコが先輩のような男に汚されてしまうなんて。
片手でおっぱいをもみながら、先輩はアイの口内を舌で犯した。
「意識がなくても、乳首はびんびんだな。」
淡いピンクの乳首は先輩の指でつままれて、硬く尖っている。
キスに飽きた先輩は、アイの乳首をしゃぶり、舌で舐めまわした。
「うーん。肌がつるつるで、めちゃやわの美乳・・・たまらんねえ。」
オヤジのような感想をもらしつつ、おっぱいやウエスト、太ももを舐めていく。
先輩が舐めたあとには、ナメクジがはったような光るよだれのラインが残った。
「さーて、いよいよおまんこちゃんだね!」
アイの足を大きく開いて、ものすごい至近距離からまじまじとおまんこをみつめる。
「赤く充血したおまんこから、愛液がねっちょり出てるよ。このコ敏感なんだなあ。」
先輩はぼんやりと見ていた俺に、
「お前も上半身を愛撫しろよ。どうせもう勃起してんだろ?」
もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。
俺はおそるおそるアイの勃ったままの乳首を舐めた。
「あんっ!」
突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、アイが目を開けて、驚いていた。
「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」
動揺しているアイを無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。
ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。
「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」
アイは両手で先輩の頭を押さえ、舌の動きを止めようとしているが、そんなことでクンニを止めるような先輩ではない。
「お願い・・・サトルくん・・・助けて・・・。」
うっすらと涙を浮かべて俺を見上げて懇願するアイを見た瞬間、俺の理性がぷちんと飛んでしまう音がきこえた・・・。
両手でアイのおっぱいをもみ、指で乳首をくりくりといじりながら、ディープキスをする。
「おっ。サトルもやっとやる気を出したな。」
先輩が俺をからかいながら、アイのおまんこを手マンしている。
にゅくにゅくと舌を絡ませながら、俺はアイのおまんこに早くちんぽを入れたいと思っていた。
「もーおまんこもいい感じだから、俺が先にいただくな~!生ハメ♪生ハメ♪」
ごそごそと勃起したちんぽを取り出した先輩は、アイのおまんこにナマのままあてがった。
生ハメがイヤなのか、アイが抵抗して、首をいやいやと振る。
アイの悲鳴がききたくなって、俺はアイの口の中から舌を離して、充血した乳首を舐めた。
「はぅんっ!やだ・・・入れちゃダメ・・・。」
もちろん、それで生ハメをあきらめるような先輩ではない。
俺は眉を寄せて生ハメの衝撃に耐えるアイの表情に、ぞくぞくするほどの興奮を覚えた。
先輩がちんぽを動かしているうちに、アイの表情がだんだん気持ちよさそうなものに変わっていく。
「アイちゃんのおまんこ、キツくていいよ~。ちんぽに絡み付いてくる感じがたまらんねー。生ハメ最高!」
先輩はごきげんで、アイのクリトリスを指でこちょこちょといじりながら、抽送を繰り返している。
「はっ・・・や・・・やめて・・・。」
「おまんこをこんなにきゅうきゅうしめつけながら、やめてっていわれてもな~。」
遅漏の先輩は、生ハメにもかかわらず、まだまだ射精してくれそうにない。
俺は待ちきれなくなって、自分のちんぽをしごきながら、亀頭をアイのおっぱいにこすりつけた。
俺も早くアイのおまんこに生ハメしたい・・・。
俺の中にはもう、強制3Pされているアイをかわいそうに思う気持ちは、少しもなくなってしまっていた。


h体験談1本道の無料サンプル動画も高画質でハイビジョンAVビデオのエッチサイト。
 
看護婦放尿プレイHな告白

アクメ顔で気持ち良くなっている女性の全裸マッサージで仰け反りまくりの女性専用の性感マッサージを受けて体をぴくつかせるエッチプレイ
学生やってた俺は、その日も出会い系で、会える女を捜してた。
会えるってゆーか、ヤれる女ね。
持て余している時間を有効利用して、ひたすら数打つ。
親指が痛くなるほど、メール送信、メール送信。
内容はほとんどコピペ。
それでも、それなりに成功するもんで。
ま、会う約束はしたけど、こっそりのぞいて、スルーってことも多いけどね。
俺、デブとブスはマジでNGなんだわ。
だから、写メを考えたヤツには、ちょー感謝してる。
俺の写メを送った瞬間、メールが返ってこなくなることもあるけどさ。
面と向かって拒否られるよりは、よっぽどいいよ。
アイと待ち合わせたのは、平日の夜だったんだよね。
やっぱ、金、土がアツいから、平日はそんなに力入れてなかったんだけど。
逆に、平日しか休めない女とかもいるみたいで、ショップ店員とか美容師とか、釣れたら大物ってパターンが多い。
本気で付き合うわけじゃないから、素顔ブスでも、メイクと服でイケてる感じにみえたら、別にオッケーだしさ。
で、アイは看護婦だった。
看護婦っていえば、スッチーとならんで、男の理想の職業じゃん。
ウキウキしながら、待ち合わせ場所に向かったら、写メより全然、かわいい女が立ってんの!
やっべ、俺、今日、マジ、ツイてるよ!って興奮しながら、声かけて、ラブホテルに直行した。
平日の夜は、ラブホテルも空いてて、即入室。
さすがに、即尺ってわけにはいかなくて、シャワー浴びて、ベットでフェラチオしてもらった。
手馴れた感じのフェラチオで、手と口でしこしことちんぽをしごかれると、かなり気持ちいい。
でも、せっかく看護婦とセックスしてるのに、裸でいると、あんま実感ないんだよね。
かといって、このラブホテルにはコスプレのレンタルサービスなんてないしさ。
仕方ないから、仕事のときの口調で、言葉責めしてって頼んでみた。
「こんなにちんぽを勃起させて、溜めすぎですよ。」
アイは看護婦の口調でいいながら、俺の玉袋を揉み揉みした。
なんか、新しい快感だ・・・。
玉袋を揉みほぐされながら、片手でしゅこしゅことサオをしごかれていると、いやらしいことをしているというよりも、治療の一環って感じがしてくる。
「先走りがたくさん出てきますねー。いつもオナニーはどのくらいしてますか?」
アイは亀頭に唇を押し当て、ちゅっと先走りを吸い、ぺろりとカリ首を舐めた。
「ん・・・二日に一回くらい・・・かな。」
両手でちんぽをしごかれると、射精しそうになってくる。
やべ・・・俺、今日、なんか早くね?
「サトルさんの年齢にしては、オナニーの頻度が少ないですね。」
一度射精させてしまうと、もう勃たなくなると思われたのか、アイはフェラチオをやめてしまった。
「今度は、私を気持ちよくしてね。」
俺はアイをベットに押し倒し、美乳にむしゃぶりついた。
勃起したちんぽをすべすべの太ももにこすりつけながら、やわらかなおっぱいを揉み、乳首を吸う。
「ん・・・早くおまんこいじってぇ・・・。」
アイはおっぱいより、おまんこを愛撫してほしかったらしい。
遠慮なく足を大きく開くと、おまんこからは愛液がたっぷりとにじみ出ていた。
舌で愛液をすくい取るように、れろれろと舐めあげる。
「看護婦さん、セックス好きなの?」
クリトリスを舌で強くなぞりながら、おまんこの中に指を押し込む。
「好き・・・セックス好きぃ・・・。」
アイはうっとりと目をつぶりながら、恥ずかしいことを平気でいっている。
「看護婦さんは、どうされるのが一番、感じる?」
指で膣壁をえぐるようにしながら、アイにきくと、意外な答えが返ってきた。
「おしっこしてるのみられるのが好きなの・・・。」
放尿プレイかよ・・・正直、アイがいくらかわいくて看護婦でも、ちょっと引いた。
でも、女がおしっこしてるとこをみるのもいいかと思って、アイをバスルームに連れて行った。
バスタブに向かって、後ろから抱きかかえてM字開脚させて、
「おしっこしろよ!放尿みられて感じる変態なんだろ?」
っていったら、アイはジョロロロロって、マジで放尿した。
放尿をみてたら、なんか興奮してきて、俺はおしっこが終わってないのに、おまんこにちんぽを突っ込んだ。
俺の足におしっこがたれてくるが気にせずに、後ろからがんがんおまんこを突く。
「ウソ・・・イイ・・・おしっこしながら、ちんぽ入れられるのすごくイイ・・・。」
いつの間にか、アイのおしっこは止まっていたけど、ちんぽを出し入れするのに夢中で気がつかなかった。
自分勝手にのぼりつめて、アイのおまんこに射精したら、中出しした精液がおまんこからどろっと出てきて、アイのおまんこはおしっこと精液でたいへんなことになってた。
そのまま、二人でシャワー浴びて、今度はバックでもう一回ヤった。
後ろから両手をつかんで、おしりにぶつけるようにぱんぱんとちんぽを打ち付けていると、アイがひっきりなしに嬌声をあげる。
バスルームにあえぎ声が響いて、すっげえエロい感じ。
片足をバスタブにのせさせたり、俺が持ち上げたりして、おまんこにあたる角度を変えながら、バックを愉しんだ。
二回目だった俺は、なかなか射精しなかったので、アイはイきすぎてぐったりしてた。
放尿挿入プレイが気に入ったらしいアイは、俺とセフレになり、休みの度に俺を呼び出した。
俺がアイに性病をうつすまでは、マジでいいセフレ関係だったよ。


h体験談が多い人妻・熟女達のオリジナルAVビデオを配信している無修正アダルトサイト人妻斬り

 
アニメコスプレ露出体験談

エロ授業のセックス学園物のエッチムービーやくざと全裸女子生徒の企画物アダルトビデオ
出会い系で出会ったアイとは、アニメコスプレえっちできるセフレという関係だ。
同じアニメやマンガが好きだということで、仲良くなった俺たちは、写メを交換し合い、どんなコスプレでどういうプレイをしたいか、メールやスカイプで盛り上がった。
アイは陵辱系というか強姦チックな感じで、部下や身分の低い男にムリヤリ犯されるというシュチエーションが好みらしい。
俺は上司や高貴な女性に、力づくで迫るという設定が好きなので、二人の嗜好はぴったりと合致した。
早速、好きなアニメに出てくる女性が着ている軍服と俺の分の制服を注文した。
いかめしい軍服を着た彼女は宇宙船の艦長で、主人公の年下の青年に強引に犯されるという設定だ。
コスチュームが届いたところで、アイと待ち合わせし、ラブホテルへと繰り出した。
写メ以上にキレイなアイは、軍服に身を包むと、大人の色気と軽い威圧感のようなものを醸しだした。
お互いにみえないところで着替えて、対面したときには、自分でもびっくりするくらいときめいてしまった。
すらりとした脚が黒くて薄いストッキングにつつまれて、タイトスカートに覆われている。
豊満なおっぱいを堅苦しく隠しているジャケットは、色気を抑えようとしているところがかえって、いやらしさを感じさせた。
俺はがまんできなくなって、アイに抱きついた。
「か、艦長、僕・・・前からずっと艦長のことが・・・。」
「ダメ!今はそんなことをいっている場合じゃないわ。」
お互いにすっかり、なりきっている。
「明日、死ぬかもしれないのに、黙ってなんかいられないよ!」
アイの顔を真剣にみつめて、ジャケットのボタンがはじける勢いで強引にはずした。
「ああっ!なにするの!?」
「あなたのためにがんばってきたんだから、ちょっとぐらいご褒美をもらってもいいでしょう?」
フロントホックのブラジャーを脱がすと、ピンク色の乳首が大きくなっていた。
「艦長だって、興奮してるじゃないですか。」
両方の乳首をちょんとつつくと、アイはカラダを震わせる。
「ち、違います!」
俺は顔を真っ赤にしているアイのタイトスカートを脱がせた。
足元で輪のように絡まっているスカートは、アイの動きを拘束している。
黒いパンティストッキングから透けて見える赤いパンティが、なんともいやらしい。
パンストごしに、おしりをなでまわし、きゅっとしまったヒップの感触を楽しむ。
光沢のある薄いストッキングごしに優雅な線を描いている脚を撫で回すと、アイは立っているのがつらいらしく、俺の肩につかまってきた。
その手がぶるぶると震えるのは、快感をがまんしているせいだろう。
俺は脚の付け根部分のパンストをつかみ、ぐいっとひきさいた。
「あっ!いやっ!」
黒いパンストの中から、白くてすべすべの生脚が登場する。
破れ目を手で広げて、直接、脚を手で撫で回し、ほおずりする。
赤いパンティを指でまさぐると、しっとりと湿っているのがよくわかった。
ポケットからハサミを取り出し、おまんこの上を覆っている部分をカットする。
「い、いや!」
ハサミの冷たい歯がおまんこにあたったかと思うと、おまんこを大切にガードしていたパンティの布が切られてしまったのだ
恥ずかしい毛も何本か切れてしまったかもしれない。
ハサミをしまった俺は、もうパンティとしての役割を果たしていない赤い布をめくりあげる。
「毎晩、想像していました。艦長のおまんこがどんなだろうって。」
両手でそっとおまんこを押し開き、人目にふれることのない秘肉を目の前にさらす。
「すごい・・・きれいだ・・・鮮やかなピンク色で・・・おいしそう・・・。」
俺は唇を寄せ、クリトリスにキスをした。
「あっ!いや、ダメよ!」
アイは俺の頭を両手で押さえて抵抗するが、さらに、ワレメを舌でなぞっていると、その力も弱々しいものへと変わっていく。
ちゅ・・・ちゅぶ・・・ワレメからは、次第に愛液があふれて、いやらしい音が漏れ始める。
軽い力でなぞるだけだった舌をえぐるように奥まで差し込む。
「ああっ・・・いや・・・。」
流れ出した愛液と俺のよだれは白いうちももを伝い、破られた黒いストッキングに吸収されていく。
十分に濡れたおまんこに、中指を差し込むと、うつろな目で俺をみていたアイの口から嬌声があがった。
「あっ・・・んん・・・ゆ、指が・・・入ってくる・・・。」
指を飲み込んだおまんこはひくひくとわななき、中の狭さと熱さは俺のちんぽを逸らせた。
「もうこんなじゃないですか?艦長のおまんこは指をくわえ込んでますよ?」
「そ、そんなこと・・・ああっ!」
アイが否定し終わる前に、じゅぶじゅぶと指を出し入れして、あえぎ声に変えてやった。
たちまち指は愛液まみれになり、おまんこがゆるむのに合わせて、指を二本、三本と増やしていった。
「もういいですよね。」
俺がちんぽを出すと、アイはおびえた目であとずさり、足元のスカートに足をとられて、ひっくり返った。
「ああ、正常位が好きなんですか?」
スカートを足から抜き取り、黒いストッキングをまとったままの両足首をぐうっと頭の方へ持ち上げる。
足を持ち上げられた反動で、アイは床に頭をつけて横たわった。
黒いストッキングが破かれて露出された白い脚は、さらに進むと丸出しになったおまんこへと行き着く。
よだれを垂れ流しているおまんこへ、ずぶりと先走りをほとばしらせたちんぽを埋め込んだ。
「ああっ!いやあ・・・やめて・・・。」
目をつぶって、首を左右に振っているアイとは裏腹に、おまんこはどんどん俺のちんぽを受け入れていく。
奥までちんぽが入ったら、おまんこはもう出したくないように、がっちりとちんぽをくわえ込んだ。
「艦長のおまんこ、キツくて最高ですよ。」
ぐちぐちとちんぽを動かすと、唇をかんで耐えていたアイの口からあえぎ声がもれてしまう。
「は・・・ふ・・・あ・・・。」
先端までちんぽを抜き出しては、おまんこの奥まで入れ、ゆっくりとおまんこの気持ちよさを味わった。
俺が精液を吐き出す頃には、アイの口からは嬌声しか出なくなっていたのだった。


エッチ0930バイブ 体験談で濡れ濡れオマンコがぐちょぐちょになる淫乱セックスムービー
 
SM亀甲縛りハードマニア
メガネ女教師のいけない禁断の世界!大きく育った女教師の巨乳おっぱい揉み揉みする淫乱ファックにディープキスとエロ女教師セックスムービー
出会い系で出会ったアイとは、お互いの欲望のままにセックスを楽しむ関係だ。
セフレならではの快楽のみを追求したノーマルなセックスを一通りやった後は、SMだろうということになった。
私は大人のおもちゃのサイトでSMグッズを通販した。
快楽に素直で従順なアイにどれを使おうかと悩むのは、とても贅沢なひとときだ。
まずは、ローション、浣腸器セット、アナル栓、アナル用のバイブなどを買い物かごに入れていると、簡単亀甲縛りセットというのが目に入った。
拘束具とボールのついた口輪という組み合わせも捨てがたいが、亀甲縛りの古典的な淫靡さにも惹かれてしまう。
何より、そのロープの鮮やかな朱色がアイの透明感のある白い肌に映えるだろうと考えただけで、ぞくぞくしてしまったのだ。
SMグッズが届き、さっそくアイを自宅に招くと、目をきらきらさせ、頬をうっすらと紅潮させたアイがやってきた。
軽くビールを飲みながら、SMグッズをテーブルに並べていき、用途を説明する。
アイはアルコールが入ると、さらに淫乱に濡れやすくなるので、セックスの前には必ず、軽いお酒を飲ませることにしているのだ。
アイはローション、浣腸器セットとアナル栓、アナル用バイブと並べられていくたびに、もじもじと脚をこすり合わせた。
早くもおまんこが濡れてきたらしい。
そして、私が簡単亀甲縛りセットをみせると、目を見開いて驚いた。
まさか、縛りまでするとは思っていなかったのだろう。
アルコールが入って、桜色に頬を染めたアイに全裸になるように命じると、一枚ずつストリップのように脱ぎ始める。
リビングにハダカの妙齢の女性がいるところは、現実感がなく、いやらしい。
私は解説書をみながら、朱色のロープをアイのほんのりとピンク色に染まった美しい肌にかけていった。
説明通りにロープを渡し、二回ほど結ぶと、簡単に亀甲縛りができあがった。
美しいおっぱいを強調するように、朱色のロープが彩り、後ろ手にくくられた無防備な体勢がなんともいい感じだ。
私はおまんこに縦に通されたロープをぐいっとひっぱった。
「あっ・・・。」
おしり側とおっぱい側で、ぐりぐりと前後にロープを動かしてみる。
「ああ・・・いや・・・。」
立ったままの姿やソファーでのM字開脚、後ろからといろいろな格好にして、写真を撮る。
デジカメというのは本当にベンリだ。
そろそろ本格的に、動画で記録するのもいいかもしれない。
そんなことを考えつつ、アイのかわいらしいアナルに浣腸器を刺して、浣腸液を流し込み、アナル栓でふたをした。
ぎゅるぎゅるとおなかがなり、アイが切なそうな顔で私をみる。
私はアイをバスルームに連れて行き、限界まで我慢させてから、アナル栓を抜いた。
ぶしゅうううううう。
独特の臭気を放ちながら、ウンコと浣腸液がアイのアナルから飛び出してくる。
ぶぶっ・・・ぶぴっ・・・と最後のひと吹きをしたアナルとバスルームの床をキレイにシャワーで流す。
アナル栓でゆるんだおしりの穴の中を指を入れて、かき出すように、ていねいにシャワーでキレイにして、バスタオルでぬぐった。
アイは私の前で脱糞したという羞恥で涙ぐんでおり、ぐすぐすと鼻を鳴らしている。
「かわいらしかったよ。」
アイの頭をなでて、ちゅっと軽いキスをしてやると、アイの機嫌も直ったようだ。
ベットによつんばいになったアイのアナルにローションを入れて、アナル用のバイブでおしりの穴を拡張する。
ついでに、おまんこにもバイブを入れて、二穴責めを鑑賞した。
バイブの根元を朱色のロープが押さえていると、強制感が出て、とてもいやらしい。
私はバイブのリモコンを操作して、うねりと振動を調整しながら、アイの反応を楽しんでいた。
バイブの弱い動きの後の強い動きに、あえぎ声をもらしているアイは、アナルを責められるというはじめての体験を享受している。
亀甲縛りに縛られている興奮がいつも以上に愛液をあふれさせているらしい。
アイのいやらしい姿を見ているうちに我慢できなくなった私は、ハダカになって、フェラチオさせることにした。
アナルとおまんこで暴れ狂っているバイブによがっていたアイは、私のちんぽが口に近づくと、ぺろぺろと舐めはじめた。
手が縛られていて使えないので、舌と唇だけのご奉仕だ。
舌をちんぽに絡ませ、唇でしごき、よだれをあふれさせている。
フェラチオすることで、無意識におまんこを締めてしまって、バイブの刺激を強くしてしまい、ちんぽでふさがれた口からくぐもったあえぎ声をもらしている。
十分に起ち上がったちんぽをアイの口から抜き出すと、アイの後ろに回って、アナルからバイブをはずした。
バイブで広げられたアナルは物足りなそうに、ひくついている。
アナルとちんぽにしたたるくらいにローションをつけて、そっとちんぽをアナルにあてがった。
つぷ・・・とちんぽを押し込んでいくと、少しずつ、狭くてキツいアナルに飲み込まれていく。
「ふ・・・。くぅ・・・。」
カラダを仰け反らせて、衝撃に耐えているアイのクリトリスを指でいじって、力を入れさせないようにする。
ふくらんだ一番大きな部分がずっぷりとアナルに入ってしまうと、後はスムーズに入っていく。
おまんことは比べられないくらい狭いアナルの中は、ぎゅうぎゅうとちんぽをひきちぎらんばかりに締め付けてきて、苦しいくらいだった。
やがて、ちんぽがアナルになじんだところで、ピストン運動を開始し、おまんこのバイブとアナルのちんぽの与える快楽に耐え切れなくなったアイは失神してしまった。
俺もアイのアナルに精液を吐き出しながら、今までにない強烈な快感に意識を飛ばしてしまいそうになったのだった。


オリジナル高画質アダルト無修正動画を配信している人気エロサイトの無修正エロムービー セックス体験談告白を配信している一本道
 
熟女中出し官能小説

爆乳おっぱい垂れ乳下からショットでかなり大きく育ちすぎた爆乳おっぱいが垂れまくり勃起乳首をコリコリしまくりエッチな乳首弄りエロ動画
出会い系で出会ったアイは、熟れ熟れの熟女だ。
22歳で結婚して、10年たっても子供ができなくて、ダンナとは家族のようなものになってしまって、セックスレスらしい。
32歳で放置されているカラダは、ひとりえっちじゃなぐさめきれなくて、ダンナの出張中に男漁りをしているんだとか。
ホストクラブ通いや飲み歩きなんかで出会いを求めると、高くつくし、人目にもつくから、結局、出会い系で出会うのがベンリでいいと笑っていた。
はじめて会ったアイは、写メ以上の美人で、ちょっとぽっちゃりしたところが抱き心地のよさを予感させた。
こんないい女を抱かないなんて、ダンナは贅沢としかいいようがない。
アイも俺を気に入ってくれたみたいなので、会って5分でラブホテルに向かった。
「うふふ。久しぶりのセックスだから、わくわくしちゃう。」
部屋に入るなり、うきうきとした様子で、服を脱いでいくアイは、やる気まんまんのようだ。
メールで打ち合わせたとおりに、黒い下着の上下に、ガーターベルト、ストッキングをつけている。
「これでよかった?」
「最高」
俺は黒いブラジャーに包まれたはじけんばかりの乳白色のおっぱいと、くびれたウエスト、レースの黒いパンティにつつまれてヘアの透けているアソコ、むちむちの太もも、ガーターベルトでとめられた薄いストッキングに包まれた長い脚を眺めた。
アイに近づいて抱きしめると、ふわっと香水の香りが漂い、やわらかな肉の感触が俺の性欲を燃え上がらせた。
鮮やかな赤の口紅で彩られた唇に吸い付くと、ぽってりとやわらかく、マシュマロのようにふわふわしている。
唇の感触を楽しんでいるうちに、アイの舌が入ってきた。
ぬろぬろとした舌の感触が俺の舌に絡みつき、熱い唾液が流れ込んでくる。
アイの手がジーンズの上から勃起した俺のちんぽをなぞり、嬉しそうな含み笑いが口の中できこえた。
「フェラチオしましょうか?」
急いで服を全部脱ぐと、ベットに腰かけた。
ひざまずいたアイはシャワーを浴びていない匂いたつ俺のちんぽをためらいなく、口にふくもうとする。
「オスのニオイがするわ。」
ちゅぷっとちんぽ全体を口の中に含まれ、あたたかさとやわらかさにうっとりとしてしまう。
口にちんぽを全部入れたまま、エラや鈴口、裏筋をちろちろと舌で舐めまわされると、たまらなく、気持ちがいい。
喜んでしゃぶっているアイの表情を上からみているだけでも、かなり興奮する。
アイは俺のちんぽをしゃぶりながら、後ろに手を回して、黒いブラジャーをはずした。
拘束具をうしなって、自由になったふたつのおっぱいは誇らしげに俺の目の前に現れた。
大きさもたっぷりとしているが、ピンク色の乳首といい、形といい、美乳といっていいだろう。
アイは俺のちんぽを口から出すと、大きな美乳ではさんだ。
おっぱいをちんぽにすりよせるように動かしながら、先端部分の亀頭を舌と唇で愛撫する。
「気持ちいい?」
上目づかいで俺をみているアイは、自分も興奮でうっとりとしていて、目がうるんでいる。
「すごくいいけど・・・イっちゃいそうだ。」
俺の答えに満足したアイはちゅぶちゅぶと亀頭をしゃぶった後で、
「イきたい?それとも私のおまんこに入れる?」
といたずらっぽくきいてきた。
「もう入りそう?」
俺がウエストのあたりを指でなぞると、アイは立ち上がり、俺の手をレースの黒いパンティの中に入れた。
俺の指は茂みをこえて、潤んだ熱い泉に到達した。
ぬるぬるとした愛液がしたたっているおまんこは、俺のちんぽが発するオスのニオイに反応したらしく、水溜りのようになっている。
「じゃあ、パンティ脱いで、ベットに四つんばいになってよ。」
アイはすぐに、愛液がついてしめっているパンティを脱ぎ、全裸にガーターベルトつきストッキングといういやらしい姿になった。
ベットの上に上がり、俺におしりを向けて、犬のような姿勢をとる。
後ろから、むきだしになったおまんこに舌をはわせると、アイはすべすべのおしりをふるわせながらあえぐ。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
舐めれば舐めるほど、アイのおまんこは汁をしたたらせる。
中指を膣に入れると、膣の中がわなないているのがわかった。
「ね、ねえ、もうあなたのおちんぽ、ちょうだい!」
アイはおしりだけをつきだした姿勢で、俺にねだる。
俺は絡み付いてくる膣内から、愛液まみれになった指を抜き、期待で先走りをたれながしているちんぽを膣口にあてがった。
「ああ・・・、おちんぽ、おまんこにあたってる・・・。」
おまんこの入り口をぴくぴくとひくつかせながら、俺のちんぽを待ち受けているアイは顔に似合わないはしたない言葉で俺を挑発している。
すぶすぶと遠慮なくちんぽを入れていくと、アイは悦びの嬌声をあげ、
よく熟れたアイのおまんこは熱く狭く、うねりながら、俺のちんぽをもてなす。
根元までちんぽを入れると、動かなくても、かなりの快感を得られるので、すぐに出してしまわないように、しばらく静止した。
「ん・・・おっきくてカタいおちんぽ、おいしいの・・・。」
動かない俺にじれたアイは自分からゆっくりと腰をふりはじめ、俺のちんぽをより深く味わおうとする。
俺も腰を打ち付けて、より強い快楽をひきだそうとするが、アイの腰の動きと膣内の動きの絶妙さに、みるみる精子を吐き出してしまった。
その後、アイが完全に満足するまで、あと2回精子を放出して、濃厚なセックスは終了したのだった。


h体験談の女性のためのアダルトサイトでも人気の高い無修正アダルトサイトのカリビアンコム裏物エロサイト。
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ > 最後 >>

結果 41 - 45 of 45

Copyright © 2017 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.