Home arrow h体験談

女性器専門エロサイト

裏物アダルトサイト


人気おすすめ無修正アダルトサイト

即脱ぎ即オナニーHチャット

出会い系ライブチャット


過激な淫乱セックスムービーを配信している無修正エッチサイト

女性器モロ出しエロサイト

体験談 セクハラ無修正おめこ丸見えのオススメ人気アダルトサイトが豊富にあります。

RSS配信

h体験談
マジカノ中ハメ体験談
美人看護婦ナースが乳首に生クリームを付けられ乳首を舐められるスケベな色白おっぱいの巨乳ナース看護婦アダルト動画
出会い系で出会ったアイは俺にはもったいない彼女だ。
転勤で知り合いのいない地方にとばされ、ごろ寝ばかりの休日に嫌気がさして、書き込んではみたものの、一通もメールがこないまま、どんどん新しい書き込みに自分の書き込みが埋もれていって、あきらめかけたときに、アイからのメールが届いたのだ。
俺は学生時代以来のときめきを感じながら、メールを交換した。
アイからのメールが届いているかと思うと、仕事中もわくわくして、転勤して以来、はじめてうちに帰るのが楽しみになった。
会って失望されたら(もしくは、失望したら)という不安は杞憂に終わり、お互いに、びっくりするくらいに好みだった。
会ったその日のうちに、交際を決めて、休みのたびにデートを重ねた。
メールで普通は話さないような趣味嗜好を打ち明けあっていた俺たちは、あっという間に親密になり、三度目のデートでセックスに至った。
彼女の部屋に招かれて、彼女の手料理を食べ、ソファーでくつろぎながら、彼女の腰に手を回した。
彼女が俺の肩に頭をのせたので、そのまま、抱き寄せてキスした。
ふれるだけのキスから、舌を入れあって、お互いの口の中をなぞりあう濃厚なキスに移行する頃には、今日はもうえっちまでいけると確信した。
首筋を舐めながら、服を脱がせていき、ブラジャーをはずして、上半身を裸にする。
室内灯が明るかったので、彼女の白い肌と俺の手のひらサイズと思われるつんと上を向いた美乳がよくみえた。
彼女は両手でおっぱいを隠し、
「ベットにいきましょ。」
と俺を誘った。
それぞれ裸になってベットで抱き合うと、久しぶりの人肌にとても心が癒された。
おっぱいのやわらかい感触、すべすべの肌、丸みのあるライン、今まで自分がどれだけぬくもりに飢えていたかを思い知った。
自分の顔をアイの顔にすりあわせ、顔中にキスを繰り返す。
さらに、首、鎖骨、おっぱい、乳首までたどりつき、おっぱいを舌と唇で愛撫する。
大きくなった乳首はしゃぶりやすく、口の中でころがしやすい。
れろれろしているうちに、アイがあえぎ声をあげはじめた。
「あ・・・ん・・・あん・・・。」
手のひらでおっぱいを包み込み、感触を堪能してから、足をぐいっと大きく広げる。
「あっ、やだ・・・。」
アイの抗議を無視して、べろべろとおまんこを舐めまくる。
「ああ・・・あん・・・汚いのに・・・。」
シャワーを浴びていないおまんこはメスのニオイが漂っていて、俺のちんぽはびんびんにいきり立った。
クリトリスをしゃぶって、舌でなでまわすと、アイはカラダをのけぞらせて、感じている。
スタイルだけでなく、感度もバツグンのようだ。
愛液をあふれさせているおまんこのワレメを指でなぞり、ぐにぐにとやわらかいさわり心地を楽しむ。
「ん・・・んん・・・。」
アイがあえぎ声をガマンしようとしながら、もらしてしまうのに、興奮する。
乱暴に舌でおまんこを舐めまわし、指でクリトリスを軽くひっかくようにこすった。
「あっ・・・ああ・・・んん・・・。」
舐めるたびに、にじみでてくる愛液の独特の味が懐かしい。
おまんこ周辺が十分に濡れたところで、舐めて濡らした中指を膣に入れて、膣内の感触を確かめる。
出会いがなかったというアイの言葉にウソはないようで、アイのおまんこは中指を入れるのもキツいくらいにしまっていた。
愛液のすべりを借りて、中指を奥へ奥へと進ませていく。
中指をしめつけているアイのおまんこに、俺のちんぽを入れたら、さぞ気持ちがいいだろう。
アイを満足させる前に、ひとりだけイってしまわないように、気をつけなくては。
最奥を指で確かめながら、早く入れたいとそればかり考えてしまう。
中指を引き抜くと、ぐちゅっという音がアイの寝室に響く。
また中指を奥に入れると、ずちゅっという音がする。
繰り返し、ぐちゅっずちゅっという音をたてていると、アイのあえぎ声も遠慮のないものになっていく。
「あ・・・いい・・・気持ちいい・・・。」
目をつぶって、快楽を追っているアイの姿は、かわいらしくていやらしかった。
俺は指を二本に増やし、念入りにキツいおまんこをほぐしていった。
愛液がアナルの方まで流れていき、二本の指の出入りがスムーズになったところで、指を三本に増やして、クリトリスを愛撫する指にも、意識を集中させた。
膣壁を傷つけないように慎重に指を動かしつつ、痛くない程度の力かげんでクリトリスを刺激していると、アイの声がせっぱつまったものになってきた。
「すごい・・・いい・・・イっちゃう・・・。」
アイがカラダをそらせるのと同時に、おまんこがきゅっとしまって、指を痛いくらいにしめつけた。
指がおまんこのキツい圧力を感じなくなったところで、愛液まみれになってしわしわにふやけてしまった指をおまんこから引き抜く。
「ゴム、あるかな?」
アイはのろのろと俺の顔をみて、力なく首を左右にふった。
自分のかばんから、用意しておいたゴムを出してこようと思ったら、
「今日は大丈夫だから、そのまま入れて。」
といわれたので、遠慮なく、膣口にちんぽをあてがった。
ていねいにおまんこを広げたかいがあって、俺のちんぽはスムーズに飲み込まれていく。
膣のあたたかさとやわらかさがちんぽにダイレクトに伝わってきて、イくのをこらえるのがたいへんなくらい気持ちがいい。
ちんぽが奥まで飲み込まれると、一度イった後のおまんこはひくひくと次の快楽を待ちかまえていて、俺のちんぽの動きをうながすように、ぜん動している。
俺はけっして早い方ではないと自負しているが、たいへん危機的状況だ。
射精感が収まるのをじっと待っている間にも、貪欲なアイのおまんこは俺のちんぽに絡みつき、快楽を引き出そうとしている。
ようやくおさまったところで、自分の気持ちいいポイントからあえて微妙にズラす感じで、ピストン運動を開始した。
アイは気持ちよさそうに、あえいでいる。
俺はアイがちんぽでイったのを確認してから、自分の気持ちいいように動いて、出る直前にアイのおまんこから引き抜いた。
自分でちんぽをしごきながら、アイのお腹の中に、熱い濃い精子を吐き出し、カラダの相性もバツグンだということを確認して、最初のセックスは終了した。


h体験談が満載の美人の初裏物AV女優達が豊富に在籍しているカリビアンコムプレミアム
 
熟女中出し官能小説

爆乳おっぱい垂れ乳下からショットでかなり大きく育ちすぎた爆乳おっぱいが垂れまくり勃起乳首をコリコリしまくりエッチな乳首弄りエロ動画
出会い系で出会ったアイは、熟れ熟れの熟女だ。
22歳で結婚して、10年たっても子供ができなくて、ダンナとは家族のようなものになってしまって、セックスレスらしい。
32歳で放置されているカラダは、ひとりえっちじゃなぐさめきれなくて、ダンナの出張中に男漁りをしているんだとか。
ホストクラブ通いや飲み歩きなんかで出会いを求めると、高くつくし、人目にもつくから、結局、出会い系で出会うのがベンリでいいと笑っていた。
はじめて会ったアイは、写メ以上の美人で、ちょっとぽっちゃりしたところが抱き心地のよさを予感させた。
こんないい女を抱かないなんて、ダンナは贅沢としかいいようがない。
アイも俺を気に入ってくれたみたいなので、会って5分でラブホテルに向かった。
「うふふ。久しぶりのセックスだから、わくわくしちゃう。」
部屋に入るなり、うきうきとした様子で、服を脱いでいくアイは、やる気まんまんのようだ。
メールで打ち合わせたとおりに、黒い下着の上下に、ガーターベルト、ストッキングをつけている。
「これでよかった?」
「最高」
俺は黒いブラジャーに包まれたはじけんばかりの乳白色のおっぱいと、くびれたウエスト、レースの黒いパンティにつつまれてヘアの透けているアソコ、むちむちの太もも、ガーターベルトでとめられた薄いストッキングに包まれた長い脚を眺めた。
アイに近づいて抱きしめると、ふわっと香水の香りが漂い、やわらかな肉の感触が俺の性欲を燃え上がらせた。
鮮やかな赤の口紅で彩られた唇に吸い付くと、ぽってりとやわらかく、マシュマロのようにふわふわしている。
唇の感触を楽しんでいるうちに、アイの舌が入ってきた。
ぬろぬろとした舌の感触が俺の舌に絡みつき、熱い唾液が流れ込んでくる。
アイの手がジーンズの上から勃起した俺のちんぽをなぞり、嬉しそうな含み笑いが口の中できこえた。
「フェラチオしましょうか?」
急いで服を全部脱ぐと、ベットに腰かけた。
ひざまずいたアイはシャワーを浴びていない匂いたつ俺のちんぽをためらいなく、口にふくもうとする。
「オスのニオイがするわ。」
ちゅぷっとちんぽ全体を口の中に含まれ、あたたかさとやわらかさにうっとりとしてしまう。
口にちんぽを全部入れたまま、エラや鈴口、裏筋をちろちろと舌で舐めまわされると、たまらなく、気持ちがいい。
喜んでしゃぶっているアイの表情を上からみているだけでも、かなり興奮する。
アイは俺のちんぽをしゃぶりながら、後ろに手を回して、黒いブラジャーをはずした。
拘束具をうしなって、自由になったふたつのおっぱいは誇らしげに俺の目の前に現れた。
大きさもたっぷりとしているが、ピンク色の乳首といい、形といい、美乳といっていいだろう。
アイは俺のちんぽを口から出すと、大きな美乳ではさんだ。
おっぱいをちんぽにすりよせるように動かしながら、先端部分の亀頭を舌と唇で愛撫する。
「気持ちいい?」
上目づかいで俺をみているアイは、自分も興奮でうっとりとしていて、目がうるんでいる。
「すごくいいけど・・・イっちゃいそうだ。」
俺の答えに満足したアイはちゅぶちゅぶと亀頭をしゃぶった後で、
「イきたい?それとも私のおまんこに入れる?」
といたずらっぽくきいてきた。
「もう入りそう?」
俺がウエストのあたりを指でなぞると、アイは立ち上がり、俺の手をレースの黒いパンティの中に入れた。
俺の指は茂みをこえて、潤んだ熱い泉に到達した。
ぬるぬるとした愛液がしたたっているおまんこは、俺のちんぽが発するオスのニオイに反応したらしく、水溜りのようになっている。
「じゃあ、パンティ脱いで、ベットに四つんばいになってよ。」
アイはすぐに、愛液がついてしめっているパンティを脱ぎ、全裸にガーターベルトつきストッキングといういやらしい姿になった。
ベットの上に上がり、俺におしりを向けて、犬のような姿勢をとる。
後ろから、むきだしになったおまんこに舌をはわせると、アイはすべすべのおしりをふるわせながらあえぐ。
「ああっ・・・気持ちいい・・・。」
舐めれば舐めるほど、アイのおまんこは汁をしたたらせる。
中指を膣に入れると、膣の中がわなないているのがわかった。
「ね、ねえ、もうあなたのおちんぽ、ちょうだい!」
アイはおしりだけをつきだした姿勢で、俺にねだる。
俺は絡み付いてくる膣内から、愛液まみれになった指を抜き、期待で先走りをたれながしているちんぽを膣口にあてがった。
「ああ・・・、おちんぽ、おまんこにあたってる・・・。」
おまんこの入り口をぴくぴくとひくつかせながら、俺のちんぽを待ち受けているアイは顔に似合わないはしたない言葉で俺を挑発している。
すぶすぶと遠慮なくちんぽを入れていくと、アイは悦びの嬌声をあげ、
よく熟れたアイのおまんこは熱く狭く、うねりながら、俺のちんぽをもてなす。
根元までちんぽを入れると、動かなくても、かなりの快感を得られるので、すぐに出してしまわないように、しばらく静止した。
「ん・・・おっきくてカタいおちんぽ、おいしいの・・・。」
動かない俺にじれたアイは自分からゆっくりと腰をふりはじめ、俺のちんぽをより深く味わおうとする。
俺も腰を打ち付けて、より強い快楽をひきだそうとするが、アイの腰の動きと膣内の動きの絶妙さに、みるみる精子を吐き出してしまった。
その後、アイが完全に満足するまで、あと2回精子を放出して、濃厚なセックスは終了したのだった。


h体験談の女性のためのアダルトサイトでも人気の高い無修正アダルトサイトのカリビアンコム裏物エロサイト。
 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 6 - 7 of 7

Copyright © 2018 セックス体験談告白 出会い系ナンパ編 all rights reserved.